当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/wp get image editor」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(新規追加)
 
(説明)
1行目: 1行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
This function is the main function that you use when you want to edit an image by url. It returns a [[クラスリファレンス/WP_Image_Editor|WP_Image_Editor]] /[[:en:Class_Reference/WP_Image_Editor|en]] instance and loads a file into it. With that you can manipulate an image by calling methods on it. For more information on that you can read: [[クラスリファレンス/WP_Image_Editor|WP_Image_Editor]] /[[:en:Class_Reference/WP_Image_Editor|en]].
+
この関数は、画像のurlを編集したいときに使用します。
 +
[[クラスリファレンス/WP_Image_Editor|WP_Image_Editor]] /[[:en:Class_Reference/WP_Image_Editor|en]] インスタンスを返して、その中にファイルをロードします。
 +
この関数を使用すると、それのメソッドを呼び出すことにより、画像を操作することができます。
 +
詳細については、[[クラスリファレンス/WP_Image_Editor|WP_Image_Editor]] /[[:en:Class_Reference/WP_Image_Editor|en]] を参照しください。
  
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==

2015年6月7日 (日) 16:42時点における版

説明

この関数は、画像のurlを編集したいときに使用します。 WP_Image_Editor /en インスタンスを返して、その中にファイルをロードします。 この関数を使用すると、それのメソッドを呼び出すことにより、画像を操作することができます。 詳細については、WP_Image_Editor /en を参照しください。

使い方

<?php wp_get_image_editor( $path, $args ); ?>

パラメータ

$path
string) (必須) Path to file to load
初期値: なし
$args
array) (optional) Additional data. Accepts mime_type, methods
初期値: Empty

返り値

(mixed) 
WP_Image_Editor /en object or WP_Error on failure

用例

$image = wp_get_image_editor( 'cool_image.jpg' );
if ( ! is_wp_error( $image ) ) {
    $image->rotate( 90 );
    $image->resize( 300, 300, true );
    $image->save( 'new_image.jpg' );
}

更新履歴

ソースファイル

wp_get_image_editor()wp-includes/media.phpにあります。

関連

このページ「関数リファレンス/wp get image editor」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/wp_get_image_editor最新版との差分