• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/wp enqueue script」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(説明: link)
(JQuery に依存するテーマのスクリプトをリンクする)
 
(3人の利用者による、間の17版が非表示)
4行目: 4行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
  
スクリプトファイルがまだインクルードされていない場合、また、すべての依存するスクリプトが登録済みの場合、依存関係に従った適切なタイミングでファイルを生成されたページにリンクします。スクリプトのリンクは、[[関数リファレンス/wp_register_script|wp_register_script()]] /[[:en:Function_Reference/wp_register_script|en]] 関数ですでに登録済みのハンドル、またはこの関数に必要なパラメータを与えることで行えます。
+
スクリプトファイルがまだインクルードされていない場合、また、すべての依存するスクリプトが登録済みの場合、依存関係に従った適切なタイミングでファイルを生成されたページにリンクします。スクリプトのリンクは、[[関数リファレンス/wp_register_script|wp_register_script()]] 関数ですでに登録済みのハンドル、またはこの関数に必要なパラメータを与えることで行えます。
  
 
これは WordPress が生成するページに JavaScript をリンクする際に推奨されている方法です。
 
これは WordPress が生成するページに JavaScript をリンクする際に推奨されている方法です。
14行目: 14行目:
 
この関数を呼び出す際に使うべきアクション[[Glossary#Hook|フック]]についての情報は[[#注|注]]セクションをご覧ください。
 
この関数を呼び出す際に使うべきアクション[[Glossary#Hook|フック]]についての情報は[[#注|注]]セクションをご覧ください。
  
== パラメータ ==
+
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
  
{{Parameter|$handle|string|スクリプトのハンドルとして使われる名称。特別なケースとして、文字列に '?' という記号が含まれている場合、それより前の部分は登録されたハンドルとして参照され、それより後の部分はクエリストリングとして URL に追加される。このような特別な場合、バージョンを使用する必要がある。}}
+
{{Parameter|$handle|文字列|スクリプトのハンドルとして使われる名前。特別なケースとして、文字列に '?' という記号が含まれている場合、それより前の部分は登録されたハンドルとして参照され、それより後の部分はクエリストリングとして URL に追加される。このような特別な場合、バージョンを使用する必要がある。}}
  
{{Parameter|$src|string|スクリプトの URL。例: <code><nowiki>http://example.com/wp-content/themes/my-theme/my-theme-script.js</nowiki></code>。ローカルスクリプトの URL は絶対に直接書き込むべきではない。代わりに [[関数リファレンス/plugins_url|plugins_url]] ([[Glossary#Plugin|プラグイン]]向け) と [[関数リファレンス/get_template_directory_uri|get_template_directory_uri]] ([[Glossary#Themes|テーマ]]向け) を使って適切な URL を取得する。リモートのアセットはプロトコルに影響されない URL で指定できる。例: <code>//otherdomain.com/js/their-script.js</code>。「[[#WordPress に含まれ登録されているデフォルトスクリプト|WordPress に含まれ登録されているデフォルトスクリプト]]」を参照。|オプション|false}}
+
{{Parameter|$src|文字列|スクリプトの URL。例: <code><nowiki>http://example.com/wp-content/themes/my-theme/my-theme-script.js</nowiki></code>。ローカルスクリプトの URL は絶対に直接書き込むべきではない。代わりに [[関数リファレンス/plugins_url|plugins_url]] ([[Glossary#Plugin|プラグイン]]向け) と [[関数リファレンス/get_template_directory_uri|get_template_directory_uri]] ([[Glossary#Themes|テーマ]]向け) を使って適切な URL を取得する。リモートのアセットはプロトコルに影響されない URL で指定できる。例: <code>//otherdomain.com/js/their-script.js</code>。「[[#Default_Scripts_Included_and_Registered_by_WordPress|WordPress に含まれ登録されているデフォルトスクリプト]]」を参照。|オプション|false}}
  
{{Parameter|$deps|array|このスクリプトが依存する他のスクリプトのハンドル配列、つまり、このスクリプトより前に読み込まれる必要があるスクリプト。このパラメータは、その <tt>$handle</tt> のスクリプトが <tt>[[関数リファレンス/wp_register_script|wp_register_script()]]</tt> を使って登録されていない場合のみに必要。デフォルトのハンドルはすべて小文字。|オプション|array()}}
+
{{Parameter|$deps|配列|このスクリプトが依存するスクリプトのハンドルの配列、つまり、このスクリプトより前に読み込まれる必要があるスクリプト。このパラメータは、<tt>$handle</tt> のスクリプトが <tt>[[関数リファレンス/wp_register_script|wp_register_script()]]</tt> を使って登録されていない場合のみに必要。デフォルトのハンドルはすべて小文字。|オプション|array()}}
  
{{Parameter|$ver|string|クエリストリングとしてファイルパスの最後に連結される、スクリプトのバージョン番号を指定する文字列 (存在する場合) 。バージョンが指定されていない場合は ''false'' に設定され、WordPress は自動的に現在の WordPress のバージョン数と同じバージョン番号を追加する。''null'' に設定した場合はバージョン番号は追加されない。このパラメータはキャッシングに関わらず正しいバージョンがクライアントに送信されるようにするために使う。したがって、バージョン番号があってそれがスクリプトに意味を持つ場合は含めるべきである。|オプション|false}}
+
{{Parameter|$ver|文字列|クエリストリングとしてファイルパスの最後に連結される、スクリプトのバージョン番号を指定する文字列 (存在する場合) 。バージョンが指定されていない場合は ''false'' に設定され、WordPress は自動的に現在の WordPress のバージョン数と同じバージョン番号を追加する。''null'' に設定した場合はバージョン番号は追加されない。このパラメータはキャッシングに関わらず正しいバージョンがクライアントに送信されるようにするために使う。したがって、バージョン番号があってそれがスクリプトに意味を持つ場合は含めるべきである。|オプション|false}}
  
{{Parameter|$in_footer|boolean|スクリプトは通常 HTML ドキュメントの <tt><head></tt> に置かれるが、もしこのパラメータが ''true'' の場合 <tt></body></tt> 終了タグの前に配置される。テーマ内の適切な位置に <tt>[[関数リファレンス/wp footer|wp_footer()]]</tt> テンプレートタグが含まれていることが必須となる。|オプション|false}}
+
{{Parameter|$in_footer|真偽値|スクリプトは通常 HTML ドキュメントの <tt><head></tt> に置かれるが、もしこのパラメータが ''true'' の場合 <tt></body></tt> 終了タグの前に配置される。テーマ内の適切な位置に <tt>[[関数リファレンス/wp footer|wp_footer()]]</tt> テンプレートタグが含まれていることが必須となる。|オプション|false}}
  
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
48行目: 48行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
=== script.aculo.us ライブラリをリンクする ===
+
=== script.aculo.us ライブラリをリンクする<span id="Link_the_script.aculo.us_Library"></span> ===
  
The following is an example of basic usage which links the script.aculo.us library [[#Default_Scripts_Included_and_Registered_by_WordPress|already included and registered]] by WordPress with the ''scriptaculous'' handle.
+
以下は、 ''scriptaculous'' ハンドルで、WordPressによって [[#Default_Scripts_Included_and_Registered_by_WordPress|すでにインクルード、登録されている]] script.aculo.us ライブラリとをリンクさせる基本的な使い方の例です。
  
 
<pre>
 
<pre>
58行目: 58行目:
 
}
 
}
  
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method' ); // wp_enqueue_scripts action hook to link only on the front-end
+
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method' ); // wp_enqueue_scripts アクションフックはフロントエンドのみでリンク
 
?>
 
?>
 
</pre>
 
</pre>
  
The above example links the script.aculo.us library only on the front-end. If the library was needed within the [[Administration Screens|administration screens]], you could use the [[Plugin_API/Action_Reference/admin_enqueue_scripts|admin_enqueue_scripts]] action [[Glossary#Hook|hook]] instead, however, this would enqueue it on ''all'' the administration screens, which often leads to plugin/core conflicts, ultimately breaking the WordPress administration screens experience. Instead, you should only link it on the individual screens you need it, see the [[#Link_Scripts_Only_on_a_Plugin_Administration_Screen|Link Scripts Only on a Plugin Administration Screen]] section for an example of that.
+
上記の例は script.aculo.us ライブラリとフロントエンドでのみリンクします。 ライブラリが[[Administration Screens|管理画面]] で必要な場合、代わりに [[Plugin_API/Action_Reference/admin_enqueue_scripts|admin_enqueue_scripts]] アクション [[Glossary#Hook|フック]] を使用することができます。ですが、この場合、 ''全て'' の管理画面でエンキューしてしまい、プラグインやコアとのコンフリクトを生み、究極的にはWordPressの管理画面でのエクスペリエンスを損なう可能性があります。それよりも、必要な各画面でのみリンクするべきです。例に関しては、 [[#Link_Scripts_Only_on_a_Plugin_Administration_Screen|プラグイン管理画面のみでスクリプトをリンクする]] セクションを参照してください。
  
=== JQuery に依存するテーマのスクリプトをリンクする ===
+
=== jQuery に依存するテーマのスクリプトをリンクする<span id="Link_a_Theme_Script_Which_Depends_on_jQuery"></span> ===
  
JavaScript files included in themes often require another JavaScript file to be loaded in advance to use its functions or variables. [[#Parameters|Using the <tt>$deps</tt> parameter]], the <tt>wp_enqueue_script()</tt> and <tt>[[関数リファレンス/wp_register_script|wp_register_script()]]</tt> functions allows you to mark dependencies when registering a new script. This will cause WordPress to automatically link these dependencies to the HTML page before the new script is linked. If the [[#Default_Scripts_Included_and_Registered_by_WordPress|handles]] of these dependencies are [[関数リファレンス/wp_deregister_script|not registered]], WordPress will not link the new script. This example requires the jQuery library for the ''custom_script.js'' theme script:
+
テーマにインクルードされる JavaScript ファイルは、ある関数や変数を使うために、別の JavaScript ファイルが予め読み込まれている必要性を持つことがよくあります。[[#Parameters|<tt>$deps</tt> パラメータを利用して]]<tt>wp_enqueue_script()</tt> <tt>[[関数リファレンス/wp_register_script|wp_register_script()]]</tt> は新しいスクリプトを登録するときに依存先を指定できます。これにより WordPress は、新しいスクリプトをリンクする前にこれらの依存先を HTML ページへリンクします。もし依存先を表す[[#Default_Scripts_Included_and_Registered_by_WordPress|ハンドル]][[関数リファレンス/wp_deregister_script|登録されていない]]場合、WordPress は新しいスクリプトをリンクしません。次の例は ''custom_script.js'' テーマスクリプトが jQuery ライブラリを必要とする場合です:
  
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php
 
<?php
 
+
/**
function my_scripts_method() {
+
* Enqueue a script with jQuery as a dependency.
wp_enqueue_script(
+
*/
'custom-script',
+
function wpdocs_scripts_method() {
get_stylesheet_directory_uri() . '/js/custom_script.js',
+
    wp_enqueue_script( 'custom-script', get_stylesheet_directory_uri() . '/js/custom_script.js', array( 'jquery' ) );
array( 'jquery' )
+
);
+
 
}
 
}
 
+
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'wpdocs_scripts_method' );
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method' );
+
 
+
 
?>
 
?>
 
</pre>
 
</pre>
  
=== script.aculo.us に依存するプラグインのスクリプトをリンクする ===
+
=== script.aculo.us に依存するプラグインのスクリプトをリンクする<span id="Link_a_Plugin_Script_That_Depends_on_scriptaculous"></span> ===
  
This example is intended to be used within a [[Writing a Plugin#Plugin_Files|plugin file]] to register and link a new plugin script that depends on the script.aculo.us library. See the [[#Link_a_Theme_Script_Which_Depends_on_jQuery|example above]] for information about dependencies.
+
次の例は[[Writing a Plugin#Plugin_Files|プラグインファイル]]内での使用を想定したもので、script.aculo.us ライブラリに依存する新しいプラグインスクリプトを登録およびリンクします。依存先については[[#Link_a_Theme_Script_Which_Depends_on_jQuery|上の例]]を見てください。
  
 
<pre>
 
<pre>
<?php
+
/**
 +
* Enqueue script with script.aculo.us as a dependency.
 +
*/
 
function my_scripts_method() {
 
function my_scripts_method() {
wp_enqueue_script(
+
    wp_enqueue_script( 'newscript', plugins_url( '/js/newscript.js' , __FILE__ ), array( 'scriptaculous' ) );
'newscript',
+
plugins_url( '/js/newscript.js' , __FILE__ ),
+
array( 'scriptaculous' )
+
);
+
 
}
 
}
 
 
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method' );
 
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method' );
?>
 
 
</pre>
 
</pre>
  
 
=== プラグイン管理画面のみでスクリプトをリンクする ===
 
=== プラグイン管理画面のみでスクリプトをリンクする ===
  
This example links a script only on a specific [[Administration Screens|administration screen]], as opposed to the scenario described in the paragraph below the code of the [[#Link_the_script.aculo.us_Library|first example]].
+
次の例はスクリプトを特定の[[管理画面]]でのみリンクします。これは[[#Link_the_script.aculo.us_Library|最初の例]]のコードの下で説明したシナリオと対になるものです。
  
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php
 
<?php
    add_action( 'admin_init', 'my_plugin_admin_init' );
+
/**
    add_action( 'admin_menu', 'my_plugin_admin_menu' );
+
* プラグインのスクリプトを登録する。
 
+
*/
    function my_plugin_admin_init() {
+
function wpdocs_plugin_admin_init() {
        /* Register our script. */
+
    // スクリプトを登録。
        wp_register_script( 'my-plugin-script', plugins_url( '/script.js', __FILE__ ) );
+
    wp_register_script( 'my-plugin-script', plugins_url( '/script.js', __FILE__ ) );
    }
+
}
 
+
add_action( 'admin_init', 'wpdocs_plugin_admin_init' );
    function my_plugin_admin_menu() {
+
        /* Add our plugin submenu and administration screen */
+
/**
        $page_hook_suffix = add_submenu_page( 'edit.php', // The parent page of this submenu
+
* プラグインの管理画面を追加する。
                                  __( 'My Plugin', 'myPlugin' ), // The submenu title
+
*/
                                  __( 'My Plugin', 'myPlugin' ), // The screen title
+
function wpdocs_plugin_admin_menu() {
  'manage_options', // The capability required for access to this submenu
+
    /* プラグインのサブメニューと管理画面を追加 */
  'my_plugin-options', // The slug to use in the URL of the screen
+
    $page_hook_suffix = add_submenu_page( 'edit.php',   // サブメニューの親ページ。
                                  'my_plugin_manage_menu' // The function to call to display the screen
+
        __( 'My Plugin', 'my-textdomain' ),             // サブメニューのタイトル。
                              );
+
        __( 'My Plugin', 'my-textdomain' ),             // 画面のタイトル。
 
+
        'manage_options',                               // サブメニューのアクセスに必要な権限。
        /*
+
        'my_plugin-options',                           // 画面の URL で使うスラッグ。
          * Use the retrieved $page_hook_suffix to hook the function that links our script.
+
        'wpdocs_plugin_manage_menu'                     // 画面を表示するために呼び出す関数。
          * This hook invokes the function only on our plugin administration screen,
+
    );
          * see: http://codex.wordpress.org/Administration_Menus#Page_Hook_Suffix
+
          */
+
    /*
        add_action('admin_print_scripts-' . $page_hook_suffix, 'my_plugin_admin_scripts');
+
    * 取得した $page_hook_suffix を使って、スクリプトをリンクする関数をフックする。
    }
+
    * このフックはプラグインの管理画面でのみ起動される。
 
+
    * 参照: https://developer.wordpress.org/reference/hooks/admin_print_scripts-hook_suffix/
    function my_plugin_admin_scripts() {
+
    */
        /* Link our already registered script to a page */
+
    add_action( "admin_print_scripts-{$page_hook_suffix}", 'wpdocs_plugin_admin_scripts');
        wp_enqueue_script( 'my-plugin-script' );
+
}
    }
+
add_action( 'admin_menu', 'wpdocs_plugin_admin_menu' );
 
+
    function my_plugin_manage_menu() {
+
/**
        /* Display our administration screen */
+
* 登録済みスクリプトを管理画面へエンキューする。
    }
+
*/
?>
+
function wpdocs_plugin_admin_scripts() {
 +
    // 登録済みスクリプトをページへリンク。
 +
    wp_enqueue_script( 'my-plugin-script' );
 +
}
 +
 +
/**
 +
* プラグインの管理画面を表示するためのコールバック。
 +
*/
 +
function wpdocs_plugin_manage_menu() {
 +
    // プラグインの管理画面を表示。
 +
}
 
</pre>
 
</pre>
  
 
=== 子テーマから依存関係のないスクリプトを読み込む ===
 
=== 子テーマから依存関係のないスクリプトを読み込む ===
  
Register and enqueue the script in the same callback function with no dependencies, in the footer. See [[関数リファレンス/wp_register_script|wp_register_script()]] for details. In this example, <tt>google_analytics_object.js</tt> is the Google Analytics tracking code (provided by Google) in a file.
+
フッターで、依存関係のない同じコールバック関数にスクリプトを登録してエンキューします。 詳細については、 [[関数リファレンス/wp_register_script| wp_register_script()]] を参照してください。 この例では、 <tt>google_analytics_object.js</tt> Google アナリティクスのトラッキングコードが書かれたファイルです。
  
 
<pre>
 
<pre>
154行目: 156行目:
  
 
/**
 
/**
  * Register and enqueue a script that does not depend on a JavaScript library.
+
  * JavaScript ライブラリに依存しないスクリプトを登録してエンキューする。
 
  */
 
  */
 
function child_add_scripts() {
 
function child_add_scripts() {
171行目: 173行目:
 
== jQuery noConflict ラッパー ==
 
== jQuery noConflict ラッパー ==
  
The jQuery library included with WordPress is set to the [http://docs.jquery.com/Using_jQuery_with_Other_Libraries ''noConflict()''] mode  (see {{Trac|wp-includes/js/jquery/jquery.js}}). This is to prevent compatibility problems with other JavaScript libraries that WordPress can link.
+
WordPress に含まれる jQuery ライブラリは [http://docs.jquery.com/Using_jQuery_with_Other_Libraries ''noConflict()''] モードに設定されます ({{Trac|wp-includes/js/jquery/jquery.js}} を参照) 。これは WordPress に含まれる他の JavaScript ライブラリとの互換性の問題を防ぐためです。
 +
''noConflict'' モードの場合、以下のような書き方で jQuery を使用できます。
  
In the ''noConflict()'' mode, the global <tt>$</tt> shortcut for <tt>jQuery</tt> is not available, so you can still use:
 
 
<pre>
 
<pre>
 
jQuery(document).ready(function(){
 
jQuery(document).ready(function(){
180行目: 182行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
but the following will either throw an error, or use the <tt>$</tt> shortcut as assigned by other library.
+
しかし、下記のようにコードを書くとエラーが発生するか、他のライブラリの <tt>$()</tt> が使用されてしまいます。
 +
 
 
<pre>
 
<pre>
 
$(document).ready(function(){
 
$(document).ready(function(){
187行目: 190行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
However, if you really like the short <tt>$</tt> instead of <tt>jQuery</tt>, you can use the following wrapper around your code:
+
どうしても <tt>jQuery()</tt> の代わりに <tt>$()</tt> を使いたければ、以下のようにラッパーで囲むと使うことができます。
 +
 
 
<pre>
 
<pre>
 
jQuery(document).ready(function($) {
 
jQuery(document).ready(function($) {
     // Inside of this function, $() will work as an alias for jQuery()
+
     // この関数内では $() jQuery() のエイリアスとして利用可能です
     // and other libraries also using $ will not be accessible under this shortcut
+
     // そして、$() を使う他のライブラリはこの関数内では利用できません
 
});
 
});
 
</pre>
 
</pre>
  
That wrapper will cause your code to be executed when the DOM is fully constructed. If, for some reason, you want your code to execute immediately instead of waiting for the [http://api.jquery.com/ready/ DOM ready] event, then you can use this wrapper method instead:
+
このラッパーによって、あなたのコードは DOM の構築終了時に実行されます。何らかの理由で [http://api.jquery.com/ready/ DOM ready] イベントを待たずにすぐコードを実行したい場合は、代わりに以下のラッパーメソッドを使用できます。
 +
 
 
<pre>
 
<pre>
 
(function($) {
 
(function($) {
     // Inside of this function, $() will work as an alias for jQuery()
+
     // この関数内では $() jQuery() のエイリアスとして利用可能です
     // and other libraries also using $ will not be accessible under this shortcut
+
     // そして、$() を使う他のライブラリはこの関数内では利用できません
 
})(jQuery);
 
})(jQuery);
 
</pre>
 
</pre>
  
Alternatively, you can always reasign <tt>jQuery</tt> to another shortcut of your choice and leave the <tt>$</tt> shorcut to other libraries:
+
あるいは、以下のように定義すれば <tt>jQuery()</tt> のように書く代わりに <tt>$j()</tt> というショートカットを使えます。このとき <tt>$()</tt> は他のライブラリのものとして使えます。
 +
 
 
<pre>
 
<pre>
 
var $j = jQuery;
 
var $j = jQuery;
 
</pre>
 
</pre>
  
== WordPress に含まれ登録されているデフォルトスクリプト ==
+
== WordPress に含まれ登録されているデフォルトスクリプト<span id="Default Scripts Included and Registered by WordPress"></span> ==
  
By default, WordPress installation includes many popular scripts commonly used by web developers besides the scripts used by WordPress itself. Some of them are listed in the table below.
+
デフォルトでは、WordPress には WordPress 自体が使用するスクリプトの他に多くのスクリプトが含まれています。 一部を以下の表に挙げます。
  
For a detailed list of names that can be used in place of the <code>$handle</code> parameter, see [[関数リファレンス/wp_register_script#Handles and Their Script Paths Registered by WordPress|Handles and Their Script Paths Registered by WordPress]].
+
<code>$handle</code>パラメータの代わりに使用できる名前の詳細なリストについては、[[関数リファレンス/wp_register_script#Handles and Their Script Path Registered by WordPress|ハンドルと WordPress で登録済みのスクリプトのパス]]を参照してください。
  
Note that in [[Version 3.5]], WordPress changed its naming convention for minified scripts and styles. Before, minified scripts and styles had the ''.js'' and ''.css'' extensions, unminified had ''.dev.js'' and ''.dev.css''. However, following the change, the extensions are ''.min.js'' and ''.min.css'' for minified files, ''.js'' and ''.css'' for unminified, respectively.
+
<!--For a detailed list of names that can be used in place of the <code>$handle</code> parameter, see [[関数リファレンス/wp_register_script#Handles and Their Script Paths Registered by WordPress|Handles and Their Script Paths Registered by WordPress]].-->
 +
 
 +
[[Version 3.5]] で、WordPress は縮小されたスクリプトとスタイルの命名規則が変更されました。[[Version 3.5]] 以前は、縮小されたスクリプトとスタイルには '' .js ''および '' .css ''という拡張子がつけられており、縮小されていなかったスクリプトには '' .dev.js ''および '' .dev.css ''という拡張子がつけられていました。変更後の拡張子は、縮小されたファイルの場合は '' .min.js ''および '' .min.css ''、縮小されていないファイルの場合はそれぞれ '' .js ''および '' .css ''になりました。
  
 
{| class="wikitable" style="width:100%;"
 
{| class="wikitable" style="width:100%;"
 
|-
 
|-
! width="25%" | '''Script Name'''
+
! width="25%" | '''名前'''
! width="35%" | '''Handle'''
+
! width="35%" | '''ハンドル'''
! width="40%" | '''Needed Dependency *'''
+
! width="40%" | '''必要なファイル *'''
-
+
|-
 
| [http://www.defusion.org.uk/ Image Cropper]
 
| [http://www.defusion.org.uk/ Image Cropper]
 
| Image cropper (not used in core, see jcrop)
 
| Image cropper (not used in core, see jcrop)
556行目: 564行目:
 
{| class="wikitable" style="width:100%;"
 
{| class="wikitable" style="width:100%;"
 
|-
 
|-
! colspan=4 | '''Removed from Core'''
+
! colspan=4 | '''WordPressから削除されたもの'''
 
|-
 
|-
! width="25%" | '''Script Name'''
+
! width="25%" | '''名前'''
! width="30%" | '''Handle'''
+
! width="30%" | '''ハンドル'''
! width="20%" | '''Removed Version'''
+
! width="20%" | '''削除されたバージョン'''
! width="25%" | '''Replaced With'''
+
! width="25%" | '''代替え'''
 
|-
 
|-
 
| [http://script.aculo.us Scriptaculous Root]
 
| [http://script.aculo.us Scriptaculous Root]
610行目: 618行目:
 
|}
 
|}
  
'''The list is far from complete.''' For a complete list of registered files inspect <tt>$GLOBALS['wp_scripts']</tt> in the admin UI. Registered scripts might change per requested page.
+
'''このリストは完璧ではありません。''' 登録済みファイルの完璧なリストについては管理UIで <tt>$GLOBALS['wp_scripts']</tt> で調べてください。また、登録されたスクリプトは、ページによって変わる場合があります。
  
 
--------
 
--------
  
''* The listed dependencies are not complete.''
+
''*必要なファイルに関する記述は完璧ではありません。''
  
 
== 注 ==
 
== 注 ==
  
* The function should be called using the [[Plugin API/Action Reference/wp_enqueue_scripts|wp_enqueue_scripts]] action [[Glossary#Hook|hook]] if you want to call it on the front-end of the site, like in the [[#Examples|examples above]]. To call it on the [[Administration Screens|administration screens]], use the [[Plugin_API/Action_Reference/admin_enqueue_scripts|admin_enqueue_scripts]] action hook. For the [[Login Screen|login screen]], use the [[Plugin_API/Action_Reference/login_enqueue_scripts|login_enqueue_scripts]] action hook. Calling it outside of an action hook can lead to problems, see the [http://core.trac.wordpress.org/ticket/11526 ticket #11526] for details.
+
* 例のように、サイトのフロントエンドで呼び出す場合は、[[関数リファレンス/wp_enqueue_script|wp_enqueue_scripts]] アクション[[用語集#フック|フック]]を使用して関数を呼び出す必要があります。[[管理画面]]で呼び出すには、[[関数リファレンス/admin_enqueue_scripts|admin_enqueue_scripts]] /[[:en:Function_Reference/admin_enqueue_scripts|en]] アクションフックを使用します。ログイン画面では [[関数リファレンス/login_enqueue_scripts| login_enqueue_scripts]] /[[:en:Function_Reference/login_enqueue_scripts|en]] アクションフックを使用します。アクションフックの外側で呼び出すと問題が発生する可能性があります。詳細については [http://core.trac.wordpress.org/ticket/11526 ticket #11526] を参照してください。
* Prior to [[Version 3.3]], the function will have no effect if it is called using the [[Plugin_API/Action_Reference/wp_head|wp_head]] or [[Plugin_API/Action_Reference/wp_print_scripts|wp_print_scripts]] action hooks or later, as this is too late to enqueue the files even if the <tt>$in_footer</tt> parameter is set to ''true''.
+
<!--The function should be called using the [[Plugin API/Action Reference/wp_enqueue_scripts|wp_enqueue_scripts]] action [[Glossary#Hook|hook]] if you want to call it on the front-end of the site, like in the [[#Examples|examples above]]. To call it on the [[Administration Screens|administration screens]], use the [[Plugin_API/Action_Reference/admin_enqueue_scripts|admin_enqueue_scripts]] action hook. For the [[Login Screen|login screen]], use the [[Plugin_API/Action_Reference/login_enqueue_scripts|login_enqueue_scripts]] action hook. Calling it outside of an action hook can lead to problems, see the [http://core.trac.wordpress.org/ticket/11526 ticket #11526] for details.-->
* As of [[Version 3.3]], the function can be called mid-page (before the <tt>[[Plugin API/Action Reference/wp footer|wp_footer()]]</tt> template tag) or using the [[Plugin_API/Action_Reference/wp_head|wp_head]] action hook. This will place the script in the footer as if the <tt>$in_footer</tt> parameter was set to ''true''.
+
* [[Version 3.3|バージョン3.3]]より前の場合、この関数を [[プラグイン API/アクションフック一覧/wp_head|wp_head]] または [[プラグイン API/アクションフック一覧/wp_print_scripts|wp_print_scripts]] /[[Plugin_API/Action_Reference/wp_print_scripts|en]] アクションフック以降で呼び出すと何の効果もありません。<tt>$in_footer</tt> パラメータを ''true'' にしてあってもファイルをエンキューするには遅すぎるためです。
* If you try to register or enqueue an already registered handle with different parameters, the new parameters will be ignored. Instead, use <tt>[[関数リファレンス/wp_deregister_script|wp_deregister_script()]]</tt> and register the script again with the new parameters.
+
<!-- Prior to [[Version 3.3]], the function will have no effect if it is called using the [[Plugin_API/Action_Reference/wp_head|wp_head]] or [[Plugin_API/Action_Reference/wp_print_scripts|wp_print_scripts]] action hooks or later, as this is too late to enqueue the files even if the <tt>$in_footer</tt> parameter is set to ''true''. -->
* jQuery UI Effects is '''not''' included with the ''jquery-ui-core'' handle.
+
* [[Version 3.3|バージョン3.3]]のとき、この関数をページの途中(<tt>[[プラグイン API/アクションフック一覧/wp footer|wp_footer()]]</tt> テンプレートタグより前)または [[プラグイン API/アクションフック一覧/wp_head|wp_head]] アクションフックから呼び出すことができます。このようにするとスクリプトは <tt>$in_footer</tt> パラメータが ''true'' であるかのようにフッターへ入ります。
* This function relies on the use of <tt>[[Function Reference/wp_head|wp_head()]]</tt> and <tt>[[Function Reference/wp_footer|wp_footer()]]</tt> by the active theme. This means that it may not work with a few very old themes that do not call these functions. This is useful to keep in mind when debugging ancient themes.
+
<!-- As of [[Version 3.3]], the function can be called mid-page (before the <tt>[[Plugin API/Action Reference/wp footer|wp_footer()]]</tt> template tag) or using the [[Plugin_API/Action_Reference/wp_head|wp_head]] action hook. This will place the script in the footer as if the <tt>$in_footer</tt> parameter was set to ''true''. -->
* Uses: <tt>WP_Scripts::add()</tt>, <tt>WP_Scripts::add_data()</tt> and <tt>WP_Scripts::enqueue()</tt>.
+
* もし、登録済みのハンドルを異なるパラメータを付けて登録またはエンキューしようとすると、新しいパラメータは無視されます。そうするには、<tt>[[関数リファレンス/wp_deregister_script|wp_deregister_script()]]</tt> を使った後、スクリプトを新しいパラメータを付けて登録してください。
* Uses global: (<tt>unknown type</tt>) <tt>$wp_scripts</tt>.
+
* ハンドル ''jquery-ui-core'' には jQuery UI Effects が'''含まれません'''
 +
* この関数は、現在のテーマが <tt>[[関数リファレンス/wp_head|wp_head()]]</tt> <tt>[[関数リファレンス/wp_footer|wp_footer()]]</tt> を使う前提で正しく動作します。これらの関数を呼び出さない古いテーマでは正しく動作しないかもしれません。昔のテーマをデバッグするとき覚えておくと良いでしょう。
 +
* 使用: <tt>WP_Scripts::add()</tt>, <tt>WP_Scripts::add_data()</tt>, <tt>WP_Scripts::enqueue()</tt>
 +
* グローバルの使用: (<tt>不明な型</tt>) <tt>$wp_scripts</tt>
  
 
== 更新履歴 ==
 
== 更新履歴 ==

2020年3月17日 (火) 19:13時点における最新版

このページ「関数リファレンス/wp enqueue script」は一部未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

説明

スクリプトファイルがまだインクルードされていない場合、また、すべての依存するスクリプトが登録済みの場合、依存関係に従った適切なタイミングでファイルを生成されたページにリンクします。スクリプトのリンクは、wp_register_script() 関数ですでに登録済みのハンドル、またはこの関数に必要なパラメータを与えることで行えます。

これは WordPress が生成するページに JavaScript をリンクする際に推奨されている方法です。

使い方

<?php wp_enqueue_script( $handle, $src, $deps, $ver, $in_footer ); ?>

この関数を呼び出す際に使うべきアクションフックについての情報はセクションをご覧ください。

パラメータ

$handle
文字列) (必須) スクリプトのハンドルとして使われる名前。特別なケースとして、文字列に '?' という記号が含まれている場合、それより前の部分は登録されたハンドルとして参照され、それより後の部分はクエリストリングとして URL に追加される。このような特別な場合、バージョンを使用する必要がある。
初期値: なし
$src
文字列) (オプション) スクリプトの URL。例: http://example.com/wp-content/themes/my-theme/my-theme-script.js。ローカルスクリプトの URL は絶対に直接書き込むべきではない。代わりに plugins_url (プラグイン向け) と get_template_directory_uri (テーマ向け) を使って適切な URL を取得する。リモートのアセットはプロトコルに影響されない URL で指定できる。例: //otherdomain.com/js/their-script.js。「WordPress に含まれ登録されているデフォルトスクリプト」を参照。
初期値: false
$deps
配列) (オプション) このスクリプトが依存するスクリプトのハンドルの配列、つまり、このスクリプトより前に読み込まれる必要があるスクリプト。このパラメータは、$handle のスクリプトが wp_register_script() を使って登録されていない場合のみに必要。デフォルトのハンドルはすべて小文字。
初期値: array()
$ver
文字列) (オプション) クエリストリングとしてファイルパスの最後に連結される、スクリプトのバージョン番号を指定する文字列 (存在する場合) 。バージョンが指定されていない場合は false に設定され、WordPress は自動的に現在の WordPress のバージョン数と同じバージョン番号を追加する。null に設定した場合はバージョン番号は追加されない。このパラメータはキャッシングに関わらず正しいバージョンがクライアントに送信されるようにするために使う。したがって、バージョン番号があってそれがスクリプトに意味を持つ場合は含めるべきである。
初期値: false
$in_footer
真偽値) (オプション) スクリプトは通常 HTML ドキュメントの <head> に置かれるが、もしこのパラメータが true の場合 </body> 終了タグの前に配置される。テーマ内の適切な位置に wp_footer() テンプレートタグが含まれていることが必須となる。
初期値: false

戻り値

(void) 
この関数には戻り値はありません。

用例

フックを使う

ひとつのアクションフックでスクリプトとスタイルをエンキューする。

/**
 * スクリプトとスタイルを正しくエンキューする方法
 */
function theme_name_scripts() {
	wp_enqueue_style( 'style-name', get_stylesheet_uri() );
	wp_enqueue_script( 'script-name', get_template_directory_uri() . '/js/example.js', array(), '1.0.0', true );
}

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_name_scripts' );

script.aculo.us ライブラリをリンクする

以下は、 scriptaculous ハンドルで、WordPressによって すでにインクルード、登録されている script.aculo.us ライブラリとをリンクさせる基本的な使い方の例です。

<?php
function my_scripts_method() {
    wp_enqueue_script( 'scriptaculous' );
}

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method' ); // wp_enqueue_scripts アクションフックはフロントエンドのみでリンク
?>

上記の例は script.aculo.us ライブラリとフロントエンドでのみリンクします。 ライブラリが管理画面 で必要な場合、代わりに admin_enqueue_scripts アクション フック を使用することができます。ですが、この場合、 全て の管理画面でエンキューしてしまい、プラグインやコアとのコンフリクトを生み、究極的にはWordPressの管理画面でのエクスペリエンスを損なう可能性があります。それよりも、必要な各画面でのみリンクするべきです。例に関しては、 プラグイン管理画面のみでスクリプトをリンクする セクションを参照してください。

jQuery に依存するテーマのスクリプトをリンクする

テーマにインクルードされる JavaScript ファイルは、ある関数や変数を使うために、別の JavaScript ファイルが予め読み込まれている必要性を持つことがよくあります。$deps パラメータを利用してwp_enqueue_script()wp_register_script() は新しいスクリプトを登録するときに依存先を指定できます。これにより WordPress は、新しいスクリプトをリンクする前にこれらの依存先を HTML ページへリンクします。もし依存先を表すハンドル登録されていない場合、WordPress は新しいスクリプトをリンクしません。次の例は custom_script.js テーマスクリプトが jQuery ライブラリを必要とする場合です:

<?php
/**
 * Enqueue a script with jQuery as a dependency.
 */
function wpdocs_scripts_method() {
    wp_enqueue_script( 'custom-script', get_stylesheet_directory_uri() . '/js/custom_script.js', array( 'jquery' ) );
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'wpdocs_scripts_method' );
?>

script.aculo.us に依存するプラグインのスクリプトをリンクする

次の例はプラグインファイル内での使用を想定したもので、script.aculo.us ライブラリに依存する新しいプラグインスクリプトを登録およびリンクします。依存先については上の例を見てください。

/**
 * Enqueue script with script.aculo.us as a dependency.
 */
function my_scripts_method() {
    wp_enqueue_script( 'newscript', plugins_url( '/js/newscript.js' , __FILE__ ), array( 'scriptaculous' ) );
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method' );

プラグイン管理画面のみでスクリプトをリンクする

次の例はスクリプトを特定の管理画面でのみリンクします。これは最初の例のコードの下で説明したシナリオと対になるものです。

<?php
/**
 * プラグインのスクリプトを登録する。
 */
function wpdocs_plugin_admin_init() {
    // スクリプトを登録。
    wp_register_script( 'my-plugin-script', plugins_url( '/script.js', __FILE__ ) );
}
add_action( 'admin_init', 'wpdocs_plugin_admin_init' );
 
/**
 * プラグインの管理画面を追加する。
 */
function wpdocs_plugin_admin_menu() {
    /* プラグインのサブメニューと管理画面を追加 */
    $page_hook_suffix = add_submenu_page( 'edit.php',   // サブメニューの親ページ。
        __( 'My Plugin', 'my-textdomain' ),             // サブメニューのタイトル。
        __( 'My Plugin', 'my-textdomain' ),             // 画面のタイトル。
        'manage_options',                               // サブメニューのアクセスに必要な権限。
        'my_plugin-options',                            // 画面の URL で使うスラッグ。
        'wpdocs_plugin_manage_menu'                     // 画面を表示するために呼び出す関数。
    );
 
    /*
     * 取得した $page_hook_suffix を使って、スクリプトをリンクする関数をフックする。
     * このフックはプラグインの管理画面でのみ起動される。
     * 参照: https://developer.wordpress.org/reference/hooks/admin_print_scripts-hook_suffix/
     */
    add_action( "admin_print_scripts-{$page_hook_suffix}", 'wpdocs_plugin_admin_scripts');
}
add_action( 'admin_menu', 'wpdocs_plugin_admin_menu' );
 
/**
 * 登録済みスクリプトを管理画面へエンキューする。
 */
function wpdocs_plugin_admin_scripts() {
    // 登録済みスクリプトをページへリンク。
    wp_enqueue_script( 'my-plugin-script' );
}
 
/**
 * プラグインの管理画面を表示するためのコールバック。
 */
function wpdocs_plugin_manage_menu() {
    // プラグインの管理画面を表示。
}

子テーマから依存関係のないスクリプトを読み込む

フッターで、依存関係のない同じコールバック関数にスクリプトを登録してエンキューします。 詳細については、 wp_register_script() を参照してください。 この例では、 google_analytics_object.js は Google アナリティクスのトラッキングコードが書かれたファイルです。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'child_add_scripts' );

/**
 * JavaScript ライブラリに依存しないスクリプトを登録してエンキューする。
 */
function child_add_scripts() {
    wp_register_script(
        'google-analytics',
        get_stylesheet_directory_uri() . '/google_analytics_object.js',
        false,
        '1.0',
        true
    );

    wp_enqueue_script( 'google-analytics' );
}

jQuery noConflict ラッパー

WordPress に含まれる jQuery ライブラリは noConflict() モードに設定されます (wp-includes/js/jquery/jquery.js を参照) 。これは WordPress に含まれる他の JavaScript ライブラリとの互換性の問題を防ぐためです。 noConflict モードの場合、以下のような書き方で jQuery を使用できます。

jQuery(document).ready(function(){
    jQuery(#somefunction) ...
});

しかし、下記のようにコードを書くとエラーが発生するか、他のライブラリの $() が使用されてしまいます。

$(document).ready(function(){
     $(#somefunction) ...
});

どうしても jQuery() の代わりに $() を使いたければ、以下のようにラッパーで囲むと使うことができます。

jQuery(document).ready(function($) {
    // この関数内では $() を jQuery() のエイリアスとして利用可能です
    // そして、$() を使う他のライブラリはこの関数内では利用できません
});

このラッパーによって、あなたのコードは DOM の構築終了時に実行されます。何らかの理由で DOM ready イベントを待たずにすぐコードを実行したい場合は、代わりに以下のラッパーメソッドを使用できます。

(function($) {
    // この関数内では $() を jQuery() のエイリアスとして利用可能です
    // そして、$() を使う他のライブラリはこの関数内では利用できません
})(jQuery);

あるいは、以下のように定義すれば jQuery() のように書く代わりに $j() というショートカットを使えます。このとき $() は他のライブラリのものとして使えます。

var $j = jQuery;

WordPress に含まれ登録されているデフォルトスクリプト

デフォルトでは、WordPress には WordPress 自体が使用するスクリプトの他に多くのスクリプトが含まれています。 一部を以下の表に挙げます。

$handleパラメータの代わりに使用できる名前の詳細なリストについては、ハンドルと WordPress で登録済みのスクリプトのパスを参照してください。


Version 3.5 で、WordPress は縮小されたスクリプトとスタイルの命名規則が変更されました。Version 3.5 以前は、縮小されたスクリプトとスタイルには .js および .css という拡張子がつけられており、縮小されていなかったスクリプトには .dev.js および .dev.css という拡張子がつけられていました。変更後の拡張子は、縮小されたファイルの場合は .min.js および .min.css 、縮小されていないファイルの場合はそれぞれ .js および .css になりました。

名前 ハンドル 必要なファイル *
Image Cropper Image cropper (not used in core, see jcrop)
Jcrop jcrop
SWFObject swfobject
SWFUpload swfupload
SWFUpload Degrade swfupload-degrade
SWFUpload Queue swfupload-queue
SWFUpload Handlers swfupload-handlers
jQuery jquery json2 (for AJAX calls)
jQuery Form jquery-form jquery
jQuery Color jquery-color jquery
jQuery Masonry jquery-masonry jquery
Masonry (native Javascript) masonry
jQuery UI Core jquery-ui-core jquery
jQuery UI Widget jquery-ui-widget jquery
jQuery UI Accordion jquery-ui-accordion jquery
jQuery UI Autocomplete jquery-ui-autocomplete jquery
jQuery UI Button jquery-ui-button jquery
jQuery UI Datepicker jquery-ui-datepicker jquery
jQuery UI Dialog jquery-ui-dialog jquery
jQuery UI Draggable jquery-ui-draggable jquery
jQuery UI Droppable jquery-ui-droppable jquery
jQuery UI Menu jquery-ui-menu jquery
jQuery UI Mouse jquery-ui-mouse jquery
jQuery UI Position jquery-ui-position jquery
jQuery UI Progressbar jquery-ui-progressbar jquery
jQuery UI Selectable jquery-ui-selectable jquery
jQuery UI Resizable jquery-ui-resizable jquery
jQuery UI Selectmenu jquery-ui-selectmenu jquery
jQuery UI Sortable jquery-ui-sortable jquery
jQuery UI Slider jquery-ui-slider jquery
jQuery UI Tooltips jquery-ui-tooltip jquery
jQuery UI Tabs jquery-ui-tabs jquery
jQuery UI Effects jquery-effects-core jquery
jQuery UI Effects - Blind jquery-effects-blind jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Bounce jquery-effects-bounce jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Clip jquery-effects-clip jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Drop jquery-effects-drop jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Explode jquery-effects-explode jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Fade jquery-effects-fade jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Fold jquery-effects-fold jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Highlight jquery-effects-highlight jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Pulsate jquery-effects-pulsate jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Scale jquery-effects-scale jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Shake jquery-effects-shake jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Slide jquery-effects-slide jquery-effects-core
jQuery UI Effects - Transfer jquery-effects-transfer jquery-effects-core
MediaElement.js (WP 3.6+) wp-mediaelement jquery
jQuery Schedule schedule jquery
jQuery Suggest suggest jquery
ThickBox thickbox
jQuery HoverIntent hoverIntent jquery
jQuery Hotkeys jquery-hotkeys jquery
Simple AJAX Code-Kit sack
QuickTags quicktags
Iris (Colour picker) iris jquery
Farbtastic (deprecated) farbtastic jquery
ColorPicker (deprecated) colorpicker jquery
Tiny MCE tiny_mce
Autosave autosave
WordPress AJAX Response wp-ajax-response
List Manipulation wp-lists
WP Common common
WP Editor editorremov
WP Editor Functions editor-functions
AJAX Cat ajaxcat
Admin Categories admin-categories
Admin Tags admin-tags
Admin custom fields admin-custom-fields
Password Strength Meter password-strength-meter
Admin Comments admin-comments
Admin Users admin-users
Admin Forms admin-forms
XFN xfn
Upload upload
PostBox postbox
Slug slug
Post post
Page page
Link link
Comment comment
Threaded Comments comment-reply
Admin Gallery admin-gallery
Media Upload media-upload
Admin widgets admin-widgets
Word Count word-count
Theme Preview theme-preview
JSON for JS json2
Plupload Core plupload
Plupload All Runtimes plupload-all
Plupload HTML4 plupload-html4
Plupload HTML5 plupload-html5
Plupload Flash plupload-flash
Plupload Silverlight plupload-silverlight
Underscore js underscore
Backbone js backbone
WordPressから削除されたもの
名前 ハンドル 削除されたバージョン 代替え
Scriptaculous Root scriptaculous-root WP 3.5 Google Version
Scriptaculous Builder scriptaculous-builder WP 3.5 Google Version
Scriptaculous Drag & Drop scriptaculous-dragdrop WP 3.5 Google Version
Scriptaculous Effects scriptaculous-effects WP 3.5 Google Version
Scriptaculous Slider scriptaculous-slider WP 3.5 Google Version
Scriptaculous Sound scriptaculous-sound WP 3.5 Google Version
Scriptaculous Controls scriptaculous-controls WP 3.5 Google Version
Scriptaculous scriptaculous WP 3.5 Google Version
Prototype Framework prototype WP 3.5 Google Version

このリストは完璧ではありません。 登録済みファイルの完璧なリストについては管理UIで $GLOBALS['wp_scripts'] で調べてください。また、登録されたスクリプトは、ページによって変わる場合があります。


*必要なファイルに関する記述は完璧ではありません。

  • 例のように、サイトのフロントエンドで呼び出す場合は、wp_enqueue_scripts アクションフックを使用して関数を呼び出す必要があります。管理画面で呼び出すには、admin_enqueue_scripts /en アクションフックを使用します。ログイン画面では login_enqueue_scripts /en アクションフックを使用します。アクションフックの外側で呼び出すと問題が発生する可能性があります。詳細については ticket #11526 を参照してください。
  • バージョン3.3より前の場合、この関数を wp_head または wp_print_scripts /en アクションフック以降で呼び出すと何の効果もありません。$in_footer パラメータを true にしてあってもファイルをエンキューするには遅すぎるためです。
  • バージョン3.3のとき、この関数をページの途中(wp_footer() テンプレートタグより前)または wp_head アクションフックから呼び出すことができます。このようにするとスクリプトは $in_footer パラメータが true であるかのようにフッターへ入ります。
  • もし、登録済みのハンドルを異なるパラメータを付けて登録またはエンキューしようとすると、新しいパラメータは無視されます。そうするには、wp_deregister_script() を使った後、スクリプトを新しいパラメータを付けて登録してください。
  • ハンドル jquery-ui-core には jQuery UI Effects が含まれません
  • この関数は、現在のテーマが wp_head()wp_footer() を使う前提で正しく動作します。これらの関数を呼び出さない古いテーマでは正しく動作しないかもしれません。昔のテーマをデバッグするとき覚えておくと良いでしょう。
  • 使用: WP_Scripts::add(), WP_Scripts::add_data(), WP_Scripts::enqueue()
  • グローバルの使用: (不明な型) $wp_scripts

更新履歴

  • Since: 2.6 (BackPress version: r16)

ソースファイル

wp_enqueue_script()wp-includes/functions.wp-scripts.php にあります。

リソース

関連資料




関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_enqueue_script最新版との差分