• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/user can」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(説明)
(翻訳済み)
11行目: 11行目:
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
  
{{Parameter|$user|object or integer (ID)|required}}
+
{{Parameter|$user|オブジェクトもしくは整数 (ID)|required}}
{{Parameter|$capability|string|[[Roles and Capabilities|capability]] もしくはロール名|required}}
+
{{Parameter|$capability|文字列|[[Roles and Capabilities|capability]] もしくは権限ロール|required}}
  
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
; (真または偽) : user has capability or role.
+
; (真または偽) : ユーザーが機能または権限ロールを持っているかどうか。
  
 
== 更新履歴 ==
 
== 更新履歴 ==
29行目: 29行目:
 
{{User Can Tags}}
 
{{User Can Tags}}
  
{{NeedTrans|一部}}
 
  
  

2015年6月13日 (土) 21:37時点における版

説明

ユーザーが機能または権限を持っているかどうか。

current_user_can()に似ているが、この関数は最初のパラメータに、ユーザIDまたはオブジェクトを受け取ります。

使い方

<?php user_can( $user, $capability ); ?> 

パラメータ

$user
オブジェクトもしくは整数 (ID)) (必須) required
初期値: なし
$capability
文字列) (requiredcapability もしくは権限ロール
初期値: なし

戻り値

(真または偽) 
ユーザーが機能または権限ロールを持っているかどうか。

更新履歴

新規導入: Version 3.1

ソースコード

user_can()wp-includes/capabilities.phpにあります。

関連

ユーザー権限: user_can() , current_user_can() , current_user_can_for_blog() / en



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/user_can最新版との差分