• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/switch theme」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(説明)
(更新履歴)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
31行目: 31行目:
  
 
新規導入: 2.5.0
 
新規導入: 2.5.0
<br />Altered 4/23 to define default/alternate function signature and parameters
+
<br />
 +
デフォルト/代替関数シグネチャとパラメータを定義するために4月23日に変更。
  
 
== ソースファイル ==
 
== ソースファイル ==
45行目: 46行目:
 
-->
 
-->
  
{{NeedTrans|一部}}
+
 
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
 
{{原文|Function Reference/switch theme|141360}}<!--  16:31, 18 February 2014‎ Pressupinc 版 -->
 
{{原文|Function Reference/switch theme|141360}}<!--  16:31, 18 February 2014‎ Pressupinc 版 -->

2015年6月7日 (日) 14:58時点における最新版

説明

現在のテーマを、新しいテンプレートとスタイルシートに切り替えます。
テーマの$stylesheetの引数を変更します。($stylesheetは、フォルダスラグ名で、子テーマに使用したい値と同じもの、`twentythirteen`のようなものです。) それはまた、2つの関数の関数定義を追加することができます。$template と $stylesheetです。これらは、後方互換性のためです。

使い方

<?php switch_theme( $stylesheet ) ?>
Optional usage for backwards compatibility:
<?php switch_theme( $template, $stylesheet ) ?>

パラメータ

現在のパラメータ

$stylesheet
string) (必須) スタイルシート名
初期値: なし

署名パラメータとして機能兼用 for Backwards Compatibility

$template
string) (必須) テンプレート名
初期値: なし
$stylesheet
string) (必須) スタイルシート名
初期値: なし

戻り値

(void) 
この関数は値を返しません。

用例

  • Uses: do_action()は更新されたテーマの表示名に 'switch_theme' アクションを呼び出します。

更新履歴

新規導入: 2.5.0
デフォルト/代替関数シグネチャとパラメータを定義するために4月23日に変更。

ソースファイル

switch_theme() は wp-includes/theme.phpにあります。

関連

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/switch theme最新版との差分