当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/register sidebars」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(整形、未翻訳)
(翻訳済み)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
 
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
  
Creates multiple sidebars.
+
複数のサイドバーを作成します。
  
Registers one or more sidebars to be used in the current theme. Most themes have only one sidebar. For this reason, the number parameter is optional and defaults to one.
+
テーマで使用するサイドバーを1個または複数個登録します。ほとんどのテーマはサイドバーが1個です。このため、数パラメータはオプションで、デフォルト値は1です。
  
The args array parameter can contain a 'name' which will be prepended to the sidebar number if there is more than one sidebar. If no name is specified, 'Sidebar' is used.
+
args 配列パラメータは 'name' を含み、複数のサイドバーがある場合は、これがサイドバーの番号の前に付加されます。
  
 
== 使い方 ==<!-- Usage -->
 
== 使い方 ==<!-- Usage -->
12行目: 11行目:
 
  <?php register_sidebars( $number, $args ); ?>
 
  <?php register_sidebars( $number, $args ); ?>
  
===Default Usage===<!-- Default Usage -->
+
===デフォルトの使い方===<!-- Default Usage -->
  
 
<pre>
 
<pre>
26行目: 25行目:
 
== パラメータ ==<!-- Parameters -->
 
== パラメータ ==<!-- Parameters -->
  
{{Parameter|$number|int|Number of sidebars to create.}}
+
{{Parameter|$number|整数|作成するサイドバーの数}}
{{Parameter|$args|string/array|Builds Sidebar based off of 'name' and 'id' values.|optional}}
+
{{Parameter|$args|数値/配列|'name' 'id' 値からサイドバーを作成|オプション}}
:* <tt>name</tt> - Sidebar name.
+
:* <tt>name</tt> - サイドバー名
:* <tt>id</tt> - Sidebar id.
+
:* <tt>id</tt> - サイドバー id
:* <tt>before_widget</tt> - Text to place before every widget.
+
:* <tt>before_widget</tt> - ウィジェットの前のテキスト
:* <tt>after_widget</tt> - Text to place after every widget.
+
:* <tt>after_widget</tt> - ウィジェットの後のテキスト
:* <tt>before_title</tt> - Text to place before every title.
+
:* <tt>before_title</tt> - タイトルの前のテキスト
:* <tt>after_title</tt> - Text to place after every title.
+
:* <tt>after_title</tt> -タイトルの後のテキスト
  
The optional $args parameter is an associative array that will be passed as a first argument to every active widget callback. (If a string is passed instead of an array, it will be passed through parse_str() to generate an associative array.) The basic use for these arguments is to pass theme-specific HTML tags to wrap the widget and its title.
+
オプション $args パラメータは連想配列で、アクティブウィジェットコールバックの最初の引数として渡されます。 (配列でなく文字列が渡された場合は、parse_str() を経て連想配列として渡されます。) これらの引数の基本的な使い方は、ウィジェットとタイトルを包む、テーマ固有の HTML タグを渡すことです。
  
 
== 用例 ==<!-- Example -->
 
== 用例 ==<!-- Example -->
  
This will register 1 sidebar named Sidebar:
+
この例は、1個のサイドバー(名前 Sidebar)を作成します。
  
 
<pre>register_sidebars();</pre>
 
<pre>register_sidebars();</pre>
  
This will create 2 sidebars named “Foobar 1″ and “Foobar 2″:
+
この例は、2個のサイドバー(名前 “Foobar 1″ “Foobar 2″) を作成します。
  
 
<pre>register_sidebars(2, array('name'=>'Foobar %d'));</pre>
 
<pre>register_sidebars(2, array('name'=>'Foobar %d'));</pre>
  
This will create 2 sidebars with &lt;h1&gt; and &lt;/h1&gt; before and after the title:
+
この例は、2個のサイドバー(タイトルの前後が &lt;h1&gt; &lt;/h1&gt;)を作成します。
  
 
<pre>register_sidebars(2, array('before_title'=>'<h1>','after_title'=>'</h1>'));</pre>
 
<pre>register_sidebars(2, array('before_title'=>'<h1>','after_title'=>'</h1>'));</pre>
57行目: 56行目:
 
== ソースファイル ==<!-- Source File -->
 
== ソースファイル ==<!-- Source File -->
  
<tt>register_sidebars()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/widgets.php}}.
+
<tt>register_sidebars()</tt> {{Trac|wp-includes/widgets.php}} にあります。
  
 
{{原文|Function Reference/register_sidebars|78591}}<!-- 22:24, 29 September 2009 Guikubivan 版 -->
 
{{原文|Function Reference/register_sidebars|78591}}<!-- 22:24, 29 September 2009 Guikubivan 版 -->

2010年4月15日 (木) 07:51時点における版

説明

複数のサイドバーを作成します。

テーマで使用するサイドバーを1個または複数個登録します。ほとんどのテーマはサイドバーが1個です。このため、数パラメータはオプションで、デフォルト値は1です。

args 配列パラメータは 'name' を含み、複数のサイドバーがある場合は、これがサイドバーの番号の前に付加されます。

使い方

<?php register_sidebars( $number, $args ); ?>

デフォルトの使い方

<?php $args = array(
	'name'          => sprintf(__('Sidebar %d'), $i ),
	'id'            => 'sidebar-$i',
	'before_widget' => '<li id="%1$s" class="widget %2$s">',
	'after_widget'  => '</li>',
	'before_title'  => '<h2 class="widgettitle">',
	'after_title'   => '</h2>' ); ?>

パラメータ

$number
整数) (必須) 作成するサイドバーの数
初期値: なし
$args
数値/配列) (オプション) 'name' と 'id' 値からサイドバーを作成
初期値: なし
  • name - サイドバー名
  • id - サイドバー id
  • before_widget - ウィジェットの前のテキスト
  • after_widget - ウィジェットの後のテキスト
  • before_title - タイトルの前のテキスト
  • after_title -タイトルの後のテキスト

オプション $args パラメータは連想配列で、アクティブウィジェットコールバックの最初の引数として渡されます。 (配列でなく文字列が渡された場合は、parse_str() を経て連想配列として渡されます。) これらの引数の基本的な使い方は、ウィジェットとタイトルを包む、テーマ固有の HTML タグを渡すことです。

用例

この例は、1個のサイドバー(名前 Sidebar)を作成します。

register_sidebars();

この例は、2個のサイドバー(名前 “Foobar 1″ と “Foobar 2″) を作成します。

register_sidebars(2, array('name'=>'Foobar %d'));

この例は、2個のサイドバー(タイトルの前後が <h1> と </h1>)を作成します。

register_sidebars(2, array('before_title'=>'<h1>','after_title'=>'</h1>'));

変更履歴

ソースファイル

register_sidebars()wp-includes/widgets.php にあります。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/register_sidebars最新版との差分

関連

ウィジェット API: is_active_widget(), the_widget(), register_widget(), unregister_widget() / en, wp_register_widget_control() / en, wp_unregister_widget_control() / en, wp_convert_widget_settings() / en, wp_get_widget_defaults() / en, wp_widget_description() / en



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。