• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/is single」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/is single 13:53, 14 March 2010 Milardovich)
 
(てにをは見直し。クリーンアップ。)
 
(4人の利用者による、間の7版が非表示)
1行目: 1行目:
==Description==
+
<div id="Description">
This [[Conditional Tags|Conditional Tag]] checks if any single post is being displayed. This is a boolean function, meaning it returns either TRUE or FALSE.
+
== 説明 ==
 +
</div>
  
==Usage==
+
この [[条件分岐タグ|条件分岐タグ]] は、添付ファイルや固定ページを除く個別の投稿を表示しているかどうかをチェックします。もし <tt>$post</tt> パラメータが指定されていれば、指定された投稿が表示中であることを追加でチェックします。すべての投稿(種類を問わず)を対象とするには、<tt>[[関数リファレンス/is singular|is_singular()]]</tt> 関数を使ってください。
%%%<?php is_single($post); ?>%%%
+
  
==Parameters==
+
<div id="Usage">
{{Parameter|$post|integer|Post ID, Post Title or Post Slug|optional}}
+
== 使い方 ==
 +
</div>
  
==Return Values==
+
<?php is_single( $post ); ?>
; <tt>(boolean)</tt> : True on success, false on failure.
+
 
 +
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
 
 +
{{Parameter|$post|整数/文字列/配列|投稿の ID、タイトル、スラッグ、またはそれらの配列 (WP 2.5+)。|オプション}}
 +
 
 +
<div id="Return_Values">
 +
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
 
 +
; <tt>(真偽値)</tt> : (指定した)個別投稿を表示している場合は <tt>true</tt>,それ以外は <tt>false</tt>。
 +
 
 +
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
  
==Examples==
 
 
  is_single();
 
  is_single();
  // When any single Post page is being displayed.
+
  // 任意の個別投稿のページが表示中。
 
   
 
   
  is_single('17');
+
  is_single( '17' );
  // When Post 17 (ID) is being displayed.
+
  // ID 17 の投稿が表示中。
 
   
 
   
  is_single('Irish Stew');
+
  is_single( 17 );
  // When the Post with ''post_title'' of "Irish Stew" is being displayed.
+
  // ID 17 の投稿が表示中。17という整数パラメータも使えます。
 
   
 
   
  is_single('beef-stew');
+
  is_single( 'Irish Stew' );
  // When the Post with ''post_name'' (slug) of "beef-stew" is being displayed.
+
  // "Irish Stew" というタイトルの投稿が表示中。
 
   
 
   
  is_single(array(17,'beef-stew','Irish Stew'));
+
is_single( 'beef-stew' );
  // Returns true when the single post being displayed is either post ID 17, or the ''post_name'' is "beef-stew", or the ''post_title'' is "Irish Stew". Note: the array ability was added at [[Version 2.5]].
+
// "beef-stew" というスラッグの投稿が表示中。
 +
 +
  is_single( array( 17, 'beef-stew', 'Irish Stew' ) );
 +
  // ID が 17、スラッグが "beef-stew"、またはタイトルが "Irish Stew" のいずれかにあてはまる投稿が表示中。
 +
  // 配列を引数に使えるのは [[Version 2.5|バージョン 2.5]] からです。
  
==Notes==
+
<div id="Note">
* See Also: [[Function Reference/is singular|is_singular()]]
+
== 参考 ==
 +
</div>
  
==Change Log==
+
* [[関数リファレンス/is singular|is_singular()]] もご覧ください。
Since: 1.5.0
+
  
==Source File==
+
* ふつう <tt>is_single()</tt> は添付ファイルのページについても true を返しますが、この動作に依存すべきではありません。<tt>[[関数リファレンス/is_page|is_page()]]</tt> と <tt>[[関数リファレンス/is_attachment|is_attachment()]]</tt> が同時に true になる場合があり、そのときは <tt>is_single()</tt> が false になります。この理由から、添付ファイルも対象にしたければ <code>is_attachment() || is_single()</code> を、固定ページも含めたければ <code>is_singular()</code> を使うべきです。
<!-- Need links to current source code files -->
+
<tt>is_single()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/query.php}}.
+
  
==Related==
+
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
 +
 
 +
* [[Version 1.5|バージョン 1.5]] : 新規導入
 +
 
 +
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
 
 +
<tt>is_single()</tt> は {{Trac|wp-includes/query.php}} に含まれています。
 +
 
 +
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
  
 
{{Conditional Tags}}
 
{{Conditional Tags}}
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
{{原文|Function Reference/is single|84047}}<!-- 13:53, 14 March 2010 Milardovich -->
+
 
[[Category:Conditional Tags]]
+
{{原文|Function Reference/is single|149842}} <!--13:22, 27 February 2015 Jdgrimes  -->
[[Category:Functions]]
+
 
 +
{{DEFAULTSORT:Is_single}}
 +
[[Category:条件分岐タグ]]
 +
[[Category:関数]]
 +
 
 
[[en:Function_Reference/is_single]]
 
[[en:Function_Reference/is_single]]
 
[[tr:Fonksiyon_Listesi/is_single]]
 
[[tr:Fonksiyon_Listesi/is_single]]
 
[[es:Function_Reference/is_single]]
 
[[es:Function_Reference/is_single]]

2016年4月17日 (日) 13:26時点における最新版

この 条件分岐タグ は、添付ファイルや固定ページを除く個別の投稿を表示しているかどうかをチェックします。もし $post パラメータが指定されていれば、指定された投稿が表示中であることを追加でチェックします。すべての投稿(種類を問わず)を対象とするには、is_singular() 関数を使ってください。

使い方

<?php is_single( $post ); ?>

パラメータ

$post
整数/文字列/配列) (オプション) 投稿の ID、タイトル、スラッグ、またはそれらの配列 (WP 2.5+)。
初期値: なし

戻り値

(真偽値) 
(指定した)個別投稿を表示している場合は true,それ以外は false

用例

is_single();
// 任意の個別投稿のページが表示中。

is_single( '17' );
// ID 17 の投稿が表示中。

is_single( 17 );
// ID 17 の投稿が表示中。17という整数パラメータも使えます。

is_single( 'Irish Stew' );
// "Irish Stew" というタイトルの投稿が表示中。

is_single( 'beef-stew' );
// "beef-stew" というスラッグの投稿が表示中。

is_single( array( 17, 'beef-stew', 'Irish Stew' ) );
// ID が 17、スラッグが "beef-stew"、またはタイトルが "Irish Stew" のいずれかにあてはまる投稿が表示中。
// 配列を引数に使えるのは バージョン 2.5 からです。

参考

  • ふつう is_single() は添付ファイルのページについても true を返しますが、この動作に依存すべきではありません。is_page()is_attachment() が同時に true になる場合があり、そのときは is_single() が false になります。この理由から、添付ファイルも対象にしたければ is_attachment() || is_single() を、固定ページも含めたければ is_singular() を使うべきです。

変更履歴

ソースファイル

is_single()wp-includes/query.php に含まれています。

条件分岐タグis_404(), is_admin(), is_admin_bar_showing(), is_archive(), is_attachment(), is_author(), is_category(), is_comments_popup(), is_date(), is_day(), is_feed(), is_front_page(), is_home(), is_local_attachment(), is_main_query, /is_multi_author, is_month(), is_new_day(), is_page(), is_page_template(), is_paged(), is_plugin_active(), is_plugin_active_for_network() /en, is_plugin_inactive() /en, is_plugin_page() /en, is_post_type_archive(), is_preview() /en, is_search(), is_single(), is_singular(), is_sticky(), is_tag(), is_tax(), is_taxonomy_hierarchical(), is_time(), is_trackback(), is_year(), in_category(), in_the_loop(), is_active_sidebar(), is_active_widget(), is_blog_installed() /en, is_rtl(), is_dynamic_sidebar(), is_user_logged_in(), has_excerpt(), has_post_thumbnail(), has_tag(), pings_open(), email_exists(), post_type_exists(), taxonomy_exists(), term_exists(), username_exists() /en, wp_attachment_is_image(), wp_script_is()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/is single最新版との差分