• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/is single」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(注: 最新の一部マージ)
(注: 訳終わり)
52行目: 52行目:
 
* [[関数リファレンス/is singular|is_singular()]] もご参照ください。
 
* [[関数リファレンス/is singular|is_singular()]] もご参照ください。
  
* Although <tt>is_single()</tt> will usually return <tt>true</tt> for attachments, this behavior should not be relied upon.
+
* <tt>is_single()</tt> は通常、添付ファイルのtrueを返しますが、この動作がに依存すべきではありません。
It is possible for <tt>$is_page</tt> and <tt>$is_attachment</tt> to be <tt>true</tt> at the same time, and in that case <tt>$is_single</tt> will be <tt>false</tt>.
+
<tt>$is_page</tt><tt>$is_attachment</tt>が同時に<tt>true</tt>であることが可能であり、その場合の<tt>$is_single</tt><tt>false</tt>になります。この理由から、[[関数リファレンス/is_attachment | is_attachment()]] を使用する必要があります。
For this reason, you should use <tt>[[関数リファレンス/is_attachment | is_attachment()]] || is_single()</tt> if you want to include attachments, or use <tt>[[関数リファレンス/is_singular | is_singular()]]</tt> if you want to include pages too. See [https://core.trac.wordpress.org/ticket/14034 ticket #14034] for more information.
+
 
 +
もし添付ファイルを使用する場合、 <tt>[[関数リファレンス/is_singular | is_singular()]]</tt> のページも参照下さい。詳しくは、[https://core.trac.wordpress.org/ticket/14034 ticket #14034] にも情報があります。
 +
 
  
{{NeedTrans|一部}}
 
  
 
<div id="Change_Log">
 
<div id="Change_Log">

2015年6月15日 (月) 09:34時点における版

この 条件分岐タグ は、現在、添付ファイルや固定ページ以外の個別の記事を表示しているかどうかをチェックします。もし$postパラメーターが指定されている場合、この関数は、それが投稿の1つを指すものかを追加でチェックします。全ての投稿種別をチェックする場合は、is_singular()関数を参照してください。.

使い方

<?php is_single($post); ?>

パラメータ

$post
mixed) (オプション) 記事 ID、記事タイトル、記事スラッグ またはそれらの配列。
初期値: なし

戻り値

(真偽値) 
(指定した)個別記事を表示している場合は true,それ以外は false

用例

is_single();
// 個別記事のページが表示されている場合。

is_single('17');
// ID 17の記事が表示されている場合。 

is_single(17);
// ID 17の記事が表示されている場合。17という整数パラメーターも有効。 
is_single('Irish Stew');
// "Irish Stew" というタイトルの記事が表示されている場合。 

is_single('beef-stew');
// "beef-stew" という投稿スラッグの記事が表示されている場合。 

is_single(array(17,'beef-stew','Irish Stew'));
// ID が 17、投稿スラッグが "beef-stew"、またはタイトルが "Irish Stew" のいずれかにあてはまる記事が表示されている場合。

  • is_single() は通常、添付ファイルのtrueを返しますが、この動作がに依存すべきではありません。

$is_page$is_attachmentが同時にtrueであることが可能であり、その場合の$is_singlefalseになります。この理由から、 is_attachment() を使用する必要があります。

もし添付ファイルを使用する場合、 is_singular() のページも参照下さい。詳しくは、ticket #14034 にも情報があります。


変更履歴

ソースファイル

is_single()wp-includes/query.php に含まれています。

条件分岐タグis_404(), is_admin(), is_admin_bar_showing(), is_archive(), is_attachment(), is_author(), is_category(), is_comments_popup(), is_date(), is_day(), is_feed(), is_front_page(), is_home(), is_local_attachment(), is_main_query, /is_multi_author, is_month(), is_new_day(), is_page(), is_page_template(), is_paged(), is_plugin_active(), is_plugin_active_for_network() /en, is_plugin_inactive() /en, is_plugin_page() /en, is_post_type_archive(), is_preview() /en, is_search(), is_single(), is_singular(), is_sticky(), is_tag(), is_tax(), is_taxonomy_hierarchical(), is_time(), is_trackback(), is_year(), in_category(), in_the_loop(), is_active_sidebar(), is_active_widget(), is_blog_installed() /en, is_rtl(), is_dynamic_sidebar(), is_user_logged_in(), has_excerpt(), has_post_thumbnail(), has_tag(), pings_open(), email_exists(), post_type_exists(), taxonomy_exists(), term_exists(), username_exists() /en, wp_attachment_is_image(), wp_script_is()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/is single最新版との差分