• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/is serialized」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/is_serialized 04:46, 28 February 2013 Bcworkz 版を流し込み。)
 
(和訳しました。)
 
1行目: 1行目:
== Description ==
+
{{CheckTrans}}
Check value to find if it was serialized.
+
  
If <tt>$data</tt> is not a string, then returned value will always be false. Serialized data is always a string.
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
 +
値がシリアル化されているかチェックします。
  
== Usage ==
+
もし <tt>$data</tt> が文字列でなければ戻り値は false です。シリアル化されたデータはいつも文字列です。
 +
 
 +
<div id="Usage">
 +
== 使い方 ==
 +
</div>
 
  <?php is_serialized( $data ) ?>
 
  <?php is_serialized( $data ) ?>
  
== Parameters ==
+
<div id="Parameters">
{{Parameter|$data|mixed|Value to check to see if was serialized.}}
+
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
{{Parameter|$data|mixed|シリアル化されているかチェックしたい値。}}
  
== Return Values ==
+
<div id="Return_Values">
; (boolean) : False if not serialized and true if it was.
+
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
; (真偽値) : シリアル化されていなければ false、されていれば true。
  
== Examples ==
+
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
  
== Notes ==
+
<div id="Notes">
* Data might need to be <i>serialized</i> to allow it to be successfully stored and retrieved from a database in a form that PHP can understand.
+
== 参考 ==
 +
</div>
 +
* データを PHP が認識できる形式でデータベースへ正しく保存および取得できるように、それを<i>シリアル化</i>する必要がある場合があります。
  
== Change Log ==
+
<div id="Change_Log">
Since: 2.0.5
+
== 変更履歴 ==
 +
</div>
 +
新規導入: 2.0.5
  
== Source File ==
+
<div id="Source_File">
<tt>is_serialized()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/functions.php}}.
+
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
<tt>is_serialized()</tt> {{Trac|wp-includes/functions.php}} にあります。
  
== Related ==
+
<div id="Related">
<!--
+
== 関連項目 ==
    To Do:
+
</div>
    Need to find related functions.
+
 
    Need to create groups of functions and create templates to add them to a page quickly.
+
* <tt>[[関数リファレンス/maybe_serialize | maybe_serialize()]]</tt> - 必要な場合にデータをシリアル化します。
    Some functions may be related to many groups of functions.
+
* <tt>[[関数リファレンス/maybe_unserialize | maybe_unserialize()]]</tt> - 値がシリアル化されていた場合のみそれを非シリアル化します。
-->
+
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
[[Category:Functions]]
+
{{原文|Function Reference/is_serialized|154059}} <!-- 16:08, 21 September 2015 Gblsm 版 -->
[[Category:Conditional Tags]]
+
 
[[Category:New_page_created]]
+
{{DEFAULTSORT:Is_serialized}}
 +
[[Category:関数]]
  
 
[[en:Function Reference/is_serialized]]
 
[[en:Function Reference/is_serialized]]

2015年9月22日 (火) 01:18時点における最新版

この項目「関数リファレンス/is serialized」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

値がシリアル化されているかチェックします。

もし $data が文字列でなければ戻り値は false です。シリアル化されたデータはいつも文字列です。

使い方

<?php is_serialized( $data ) ?>

パラメータ

$data
mixed) (必須) シリアル化されているかチェックしたい値。
初期値: なし

戻り値

(真偽値) 
シリアル化されていなければ false、されていれば true。

用例

参考

  • データを PHP が認識できる形式でデータベースへ正しく保存および取得できるように、それをシリアル化する必要がある場合があります。

変更履歴

新規導入: 2.0.5

ソースファイル

is_serialized()wp-includes/functions.php にあります。


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/is_serialized最新版との差分