• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/is page」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(英語版をコピペ)
 
(日本語訳完了)
1行目: 1行目:
==Description==
+
<div id="Description">
This [[Conditional Tags|Conditional Tag]] checks if [[Pages]] are being displayed. This is a boolean function, meaning it returns either TRUE or FALSE. This tag must be used BEFORE [[The Loop]] and does not work inside The Loop (see [[#Notes|Notes]] below).
+
== 説明 ==
 +
</div>
  
==Usage==
+
この [[条件分岐タグ|条件分岐タグ]] は、個別の[[Pages|ページ]]を表示しているかどうかをチェックします。これはboolean型の関数であるため、戻り値は''TRUE''または''FALSE''となります。このタグは[[The Loop|ループ]]の前に使われる必要があり、ループ内では機能しません。(以下の[[#Notes|注釈]]を参照してください)
%%%<?php is_page($page); ?>%%%
+
  
==Parameters==
+
<div id="Usage">
{{Parameter|$page|mixed|Page ID, Page Title or Page Slug|optional}}
+
==使い方==
 +
</div>
  
==Return Values==
+
<?php is_page($page); ?>
; <tt>(boolean)</tt> : <tt>true</tt> on success, <tt>false</tt> on failure.
+
  
==Examples==
+
<div id="Parameters">
 +
==パラメータ==
 +
</div>
 +
{{Parameter|$page|mixed|ページのID、タイトル、スラッグ|オプション}}
 +
 
 +
<div id="Return_values">
 +
==戻り値=
 +
</div>
 +
; <tt>(boolean)</tt> : 個別記事を表示している場合は<tt>true</tt>, それ以外は<tt>false</tt>。
 +
 
 +
<div id="Examples">
 +
==用例==
 +
</div>
 
  is_page();
 
  is_page();
  // When any single Page is being displayed.
+
  // 個別のページが表示されている場合。
 
   
 
   
 
  is_page(42);
 
  is_page(42);
  // When Page 42 (ID) is being displayed.
+
  // ID 42のページが表示されている場合。
 
   
 
   
 
  is_page('Contact');
 
  is_page('Contact');
  // When the Page with a ''post_title'' of "Contact" is being displayed.
+
  // ''post_title''"Contact"を含むページが表示されている場合。
 
   
 
   
 
  is_page('about-me');
 
  is_page('about-me');
  // When the Page with a ''post_name'' (slug) of "about-me" is being displayed.
+
  // ''post_name'' (スラッグ)"about-me"を含むページが表示されている場合。
 
   
 
   
 
  is_page(array(42,'about-me','Contact'));
 
  is_page(array(42,'about-me','Contact'));
  // Returns true when the Pages displayed is either post ID 42, or ''post_name'' "about-me", or ''post_title'' "Contact".  Note: the array ability was added at [[Version 2.5]].
+
  // ID 42か、''post_name''"about-me"か、''post_title''"Contact"の場合に''true''を返します。
 +
: [[Version 2.5]]から配列機能が追加されました。
  
==Notes==
+
<div id="Notes">
 +
==注釈==
 +
</div>
  
===Passing Empty Value Returns TRUE===
+
=== 空の値を入力することでTRUEが戻る ===
Be very careful if there's a possibility of passing an empty value as a parameter to check for a specific page, since the following lines will return <tt>true</tt>:
+
特定のページをチェックするために、空の値をパラメーターとして渡す可能性がある場合は注意してください。以下の場合 <tt>true</tt> が戻ってきます:
 
<pre>is_page( '' )
 
<pre>is_page( '' )
 
is_page( 0 )
 
is_page( 0 )
38行目: 53行目:
 
is_page( array() )</pre>
 
is_page( array() )</pre>
  
* See also: [[Function Reference/is singular|is_singular()]]
+
* [[関数リファレンス/is singular|is_singular()]]も参照してください。
  
===Cannot Be Used Inside The Loop===
+
=== ループの中では使えません ===
Due to certain global variables being overwritten during The Loop <code>is_page()</code> will not work. In order to use it after The Loop you must call [[Function_Reference/wp_reset_query| wp_reset_query()]] after The Loop.
+
ループではいくつかのグローバル変数が置き換えられるため、<code>is_page()</code>は機能しません。ループの後で使う場合は、[[関数リファレンス/wp_reset_query| wp_reset_query()]]を呼び出す必要があります。
  
* See also [[Function_Reference/is_page_template|is_page_template()]]
+
* [[関数リファレンス/is_page_template|is_page_template()]]も参照してください。
  
==Change Log==
+
== 変更履歴 ==
Since: 1.5.0
+
* [[Version 1.5|1.5.0]] : 新規導入
  
==Source File==
+
== ソースファイル ==
 
<!-- Need links to current source code files -->
 
<!-- Need links to current source code files -->
<tt>is_page()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/query.php}}.
+
<tt>is_page()</tt> {{Trac|wp-includes/query.php}}に含まれています。
  
 
==Related==
 
==Related==
57行目: 72行目:
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
 
+
{{原文|Function Reference/is page|110629}}<!-- 05:34, 7 November 2011 Davidosomething -->
[[Category:Conditional Tags]]
+
[[Category:条件分岐タグ]]
[[Category:Functions]]
+
[[Category:関数]]

2013年6月20日 (木) 20:35時点における版

この 条件分岐タグ は、個別のページを表示しているかどうかをチェックします。これはboolean型の関数であるため、戻り値はTRUEまたはFALSEとなります。このタグはループの前に使われる必要があり、ループ内では機能しません。(以下の注釈を参照してください)

使い方

<?php is_page($page); ?>

パラメータ

$page
mixed) (オプション) ページのID、タイトル、スラッグ
初期値: なし

=戻り値

(boolean) 
個別記事を表示している場合はtrue, それ以外はfalse

用例

is_page();
// 個別のページが表示されている場合。

is_page(42);
// ID 42のページが表示されている場合。

is_page('Contact');
// post_titleに"Contact"を含むページが表示されている場合。

is_page('about-me');
// post_name (スラッグ)が"about-me"を含むページが表示されている場合。

is_page(array(42,'about-me','Contact'));
// ID 42か、post_nameが"about-me"か、post_titleが"Contact"の場合にtrueを返します。

注: Version 2.5から配列機能が追加されました。

注釈

空の値を入力することでTRUEが戻る

特定のページをチェックするために、空の値をパラメーターとして渡す可能性がある場合は注意してください。以下の場合 true が戻ってきます:

is_page( '' )
is_page( 0 )
is_page( '0' )
is_page( null )
is_page( false )
is_page( array() )

ループの中では使えません

ループではいくつかのグローバル変数が置き換えられるため、is_page()は機能しません。ループの後で使う場合は、 wp_reset_query()を呼び出す必要があります。

変更履歴

ソースファイル

is_page()wp-includes/query.phpに含まれています。

Related

条件分岐タグis_404(), is_admin(), is_admin_bar_showing(), is_archive(), is_attachment(), is_author(), is_category(), is_comments_popup(), is_date(), is_day(), is_feed(), is_front_page(), is_home(), is_local_attachment(), is_main_query, /is_multi_author, is_month(), is_new_day(), is_page(), is_page_template(), is_paged(), is_plugin_active(), is_plugin_active_for_network() /en, is_plugin_inactive() /en, is_plugin_page() /en, is_post_type_archive(), is_preview() /en, is_search(), is_single(), is_singular(), is_sticky(), is_tag(), is_tax(), is_taxonomy_hierarchical(), is_time(), is_trackback(), is_year(), in_category(), in_the_loop(), is_active_sidebar(), is_active_widget(), is_blog_installed() /en, is_rtl(), is_dynamic_sidebar(), is_user_logged_in(), has_excerpt(), has_post_thumbnail(), has_tag(), pings_open(), email_exists(), post_type_exists(), taxonomy_exists(), term_exists(), username_exists() /en, wp_attachment_is_image(), wp_script_is()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/is page最新版との差分