• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/is front page」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(is_home()を参考に新規和訳)
(用例セクションの訳を見直し。その他クリーンアップ。)
 
(3人の利用者による、間の3版が非表示)
1行目: 1行目:
 +
<div id="Description">
 
==説明==
 
==説明==
この[[条件分岐タグ]]は、サイトのフロントページが表示されているかどうかを判定します。これは TRUE または FALSE の値を返す boolean 関数です。TRUE を返すのは、管理画面の 設定 > 表示設定 > フロントページの表示 にて、「最新の投稿」を選択していて現在最新の投稿ページが表示されている場合と、「固定ページ」を選択していて現在「フロントページ」に指定したページが表示されている場合です。
+
</div>
  
 +
この[[条件分岐タグ]]はサイトのフロントページが表示中かどうかを判定します。これは TRUE または FALSE を返す真偽値型の関数です。TRUE を返すのは、管理画面の '''設定 > 表示設定 > フロントページの表示''' に「最新の投稿」を選択していて最新の投稿ページが現在表示中の場合と、「固定ページ」を選択していて「フロントページ」に指定した[[Pages|固定ページ]]が現在表示中の場合です。
 +
 +
<div id="Usage">
 
==使い方==
 
==使い方==
<code><?php is_front_page(); ?> </code>
+
</div>
 +
 
 +
<?php is_front_page(); ?>
  
 +
<div id="Parameters">
 
==パラメータ==
 
==パラメータ==
 +
</div>
 +
 
この関数に指定できるパラメータはありません。
 
この関数に指定できるパラメータはありません。
  
 +
<div id="Return_Values">
 
==戻り値==
 
==戻り値==
; <tt>(boolean)</tt> : フロントページであれば True、そうでなければ false。
+
</div>
  
 +
; <tt>(真偽値)</tt> : フロントページであれば true、そうでなければ false
 +
 +
<div id="Examples">
 
==用例==
 
==用例==
以下の例では、フロントページのサイドバーに他ページとは違う内容を表示します。
+
</div>
 +
 
 +
固定ページを静的フロントページとして使っている場合、以下が役に立つでしょう。
 +
<pre>
 +
<title>
 +
<?php bloginfo( 'name' ); ?> &raquo; <?php is_front_page() ? bloginfo( 'description' ) : wp_title( '' ); ?>
 +
</title>
 +
</pre>
 +
 
 +
<strong>カスタム関数での使用</strong>
 +
 
 +
このコードをテーマの functions ファイルへ追加すると、カスタム関数が <code>is_front_page()</code> 条件分岐タグを使っているのでフロントページのときだけコンテンツを表示します。
 +
 
 
<pre>
 
<pre>
<?php
+
add_action( 'loop_start', 'using_front_page_conditional_tag' );
if ( is_font_page() ) {
+
function using_front_page_conditional_tag() {
// フロントページの場合
+
if ( is_front_page() ) {
} else {
+
echo '<h2>フロントページだけに表示する内容</h2>';
// フロントページ以外の場合
+
    }
 
}
 
}
?>
 
 
</pre>
 
</pre>
  
====
+
<div id="Notes">
* 参照: [[関数リファレンス/is_home|is_home()]]
+
==参考==
 +
</div>
  
==更新履歴==
+
* [[関数リファレンス/is_home|is_home()]] も見てください。
2.5.0 で導入。
+
  
 +
<div id="Change_Log">
 +
==変更履歴==
 +
</div>
 +
 +
新規導入: 2.5.0
 +
 +
<div id="Source_File">
 
==ソースファイル==
 
==ソースファイル==
<tt>is_front_page()</tt> は {{Trac|wp-includes/query.php}} に含まれています。
+
</div>
  
==関連==
+
<tt>is_front_page()</tt> は {{Trac|wp-includes/query.php}} にあります。
 +
 
 +
<div id="Related">
 +
==関連項目==
 +
</div>
  
 
{{Conditional Tags}}
 
{{Conditional Tags}}
 
{{No Param Tag Footer}}
 
{{No Param Tag Footer}}
  
{{DEFAULTSORT:is_front_page}}
+
{{原文|Function_Reference/is_front_page|152553}} <!-- 23:48, 7 July 2015 Wordpresssites -->
{{原文|Function_Reference/is_front_page|72138}}<!-- 02:34, 21 May 2009 Ramiy版 -->
+
 
 +
{{DEFAULTSORT:Is_front_page}}
 
[[Category:条件分岐タグ]]
 
[[Category:条件分岐タグ]]
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]
  
 
[[en:Function_Reference/is_front_page]]
 
[[en:Function_Reference/is_front_page]]
 +
[[zh-hans:Function_Reference/is_front_page]]
 +
[[ar:Function_Reference/is_front_page]]
 
[[he:סימוכין פונקציו/is_front_page]]
 
[[he:סימוכין פונקציו/is_front_page]]

2015年11月24日 (火) 00:31時点における最新版

この条件分岐タグはサイトのフロントページが表示中かどうかを判定します。これは TRUE または FALSE を返す真偽値型の関数です。TRUE を返すのは、管理画面の 設定 > 表示設定 > フロントページの表示 に「最新の投稿」を選択していて最新の投稿ページが現在表示中の場合と、「固定ページ」を選択していて「フロントページ」に指定した固定ページが現在表示中の場合です。

使い方

<?php is_front_page(); ?>

パラメータ

この関数に指定できるパラメータはありません。

戻り値

(真偽値) 
フロントページであれば true、そうでなければ false

用例

固定ページを静的フロントページとして使っている場合、以下が役に立つでしょう。

<title>
<?php bloginfo( 'name' ); ?> » <?php is_front_page() ? bloginfo( 'description' ) : wp_title( '' ); ?>
</title>

カスタム関数での使用

このコードをテーマの functions ファイルへ追加すると、カスタム関数が is_front_page() 条件分岐タグを使っているのでフロントページのときだけコンテンツを表示します。

add_action( 'loop_start', 'using_front_page_conditional_tag' );
function using_front_page_conditional_tag() {
if ( is_front_page() ) {	
	echo '<h2>フロントページだけに表示する内容</h2>';
    }
}

参考

変更履歴

新規導入: 2.5.0

ソースファイル

is_front_page()wp-includes/query.php にあります。

条件分岐タグis_404(), is_admin(), is_admin_bar_showing(), is_archive(), is_attachment(), is_author(), is_category(), is_comments_popup(), is_date(), is_day(), is_feed(), is_front_page(), is_home(), is_local_attachment(), is_main_query, /is_multi_author, is_month(), is_new_day(), is_page(), is_page_template(), is_paged(), is_plugin_active(), is_plugin_active_for_network() /en, is_plugin_inactive() /en, is_plugin_page() /en, is_post_type_archive(), is_preview() /en, is_search(), is_single(), is_singular(), is_sticky(), is_tag(), is_tax(), is_taxonomy_hierarchical(), is_time(), is_trackback(), is_year(), in_category(), in_the_loop(), is_active_sidebar(), is_active_widget(), is_blog_installed() /en, is_rtl(), is_dynamic_sidebar(), is_user_logged_in(), has_excerpt(), has_post_thumbnail(), has_tag(), pings_open(), email_exists(), post_type_exists(), taxonomy_exists(), term_exists(), username_exists() /en, wp_attachment_is_image(), wp_script_is()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/is_front_page最新版との差分