• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get the ID

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2015年8月15日 (土) 15:06時点におけるMiccweb (トーク | 投稿記録)による版 (関連: {{原文|Function_Reference/get the ID|80709}}<!-- 14:34, 5 December 2009‎ Nao-->)

移動先: 案内検索

説明

現在の記事のID(数値)を返します。このタグは、ループのなかでのみ使用することができます。

使い方

<?php get_the_ID(); ?>

パラメータ

このタグにはパラメータはありません。

用例

IDの代入

IDは下記のように変数に代入することができます。

<?php $postid = get_the_ID(); ?>

記事アンカーを識別する

get_the_ID() はスクリプトのなかで一意なアンカーを取得する手段としても使用することができます。例えばアーカイブのなかで、記事に対するアクション起こすようなドロップダウンメニューを動的に生成したい場合、

<?php
$id = get_the_ID();
$dropdown = "<select name='dropdown-".$id."' >";
$dropdown .= "<option id='option1-". $id ."'>"Option 1</option>";
$dropdown .= "</select>";
?>

このようにするとエレメントが一意なIDを持つため、JavaScriptによるコントロールが可能になります。そしてPOSTまたはGETメソッドでフォームが送信されたとき、どの記事におけるアクションかを識別することができる一意なIDを持つドロップダウンボックスが送信されます。他の方法としては、HIDDENフィールドの値として送信することで、どの記事からの送信かを識別することができます。

<?php
echo '<input type="hidden" name="activepost" id="activepost" value="'.get_the_ID().'" />';
?>

もしこのIDがPHPのなかで使われないのなら、「echo get_the_ID();」の代わりに「the_ID 」を使うこともできます。

変更履歴

2.1.0より

ソースファイル

get_the_ID()wp-includes/post-template.phpにて定義されています。

関連

投稿タグ: body_class(), next_image_link(), next_post_link(), next_posts_link(), post_class(), post_password_required(), posts_nav_link(), previous_image_link(), previous_post_link(), previous_posts_link(), single_post_title(), sticky_class(), the_category(), the_category_rss(), the_content(), the_content_rss(), the_excerpt(), the_excerpt_rss(), the_ID(), the_meta(), the_shortlink(), the_tags(), the_title(), the_title_attribute(), the_title_rss(), wp_link_pages(),


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/get the ID最新版との差分