• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get search form」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
({{原文|Function Reference/get search form|93733}}<!-- 18:48, 11 October 2010 Mirmillo 版 -->)
 
(翻訳済み div無し)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
==説明==
==Description==
+
テーマの <tt>searchform.php</tt> を使用して検索フォームを表示します。
Display search form using <tt>searchform.php</tt> Theme file.
+
  
==Usage==
+
==使い方==
%%%<?php get_search_form(); ?>%%%
+
<?php get_search_form(); ?>
  
==Parameters==
+
==パラメータ==
This tag does not accept any parameters.
+
このタグには、パラメータはありません。
  
==Examples==
+
==用例==
If you don't have <tt>searchform.php</tt> in your Theme, WordPress will render its built-in search form:
+
テーマに <tt>searchform.php</tt> が無い場合は、WordPress はビルトインの検索フォームを表示します。
 
<pre>
 
<pre>
 
<form role="search" method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>">
 
<form role="search" method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>">
20行目: 19行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
If you do have <tt>searchform.php</tt> in your Theme, it will be used instead. Keep in mind that the search form should do a GET to the homepage of your blog. The input text field should be named <tt>s</tt> and you should always include a <tt>label</tt> like in the example above.
+
テーマに <tt>searchform.php</tt> がある場合は、それを使用します。検索フォームは、ブログのホームページに GET を投げることに注意してください。入力テキストフィールドの名前は <tt>s</tt> にして、上述の例のように <tt>label</tt> を必ず含めてください。
  
Example of a custom <tt>searchform.php</tt>:
+
以下は、カスタム <tt>searchform.php</tt> の例です。
  
 
<pre>
 
<pre>
34行目: 33行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
A last option is to write a custom function (in your <tt>functions.php</tt> file) and hook that function to the <tt>get_search_form</tt> action hook.
+
(<tt>functions.php</tt> ファイル内に) カスタム関数を記述して、<tt>get_search_form</tt> アクションフックにこの関数をフックする、という方法もあります。
  
 
<pre>
 
<pre>
52行目: 51行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
==Notes==
+
==注意点==
  
==Change Log==
+
==変更履歴==
Since: 2.7.0
+
2.7.0 で新規追加。
  
==Source File==
+
==ソースファイル==
<tt>get_search_form()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/general-template.php}}.
+
<tt>get_search_form()</tt> {{Trac|wp-includes/general-template.php}} に含まれる。
  
==Related==
+
==関連情報==
  
 
{{Include Tags}}
 
{{Include Tags}}

2010年11月14日 (日) 18:50時点における版

説明

テーマの searchform.php を使用して検索フォームを表示します。

使い方

<?php get_search_form(); ?>

パラメータ

このタグには、パラメータはありません。

用例

テーマに searchform.php が無い場合は、WordPress はビルトインの検索フォームを表示します。

<form role="search" method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>">
    <div><label class="screen-reader-text" for="s">Search for:</label>
        <input type="text" value="" name="s" id="s" />
        <input type="submit" id="searchsubmit" value="Search" />
    </div>
</form>

テーマに searchform.php がある場合は、それを使用します。検索フォームは、ブログのホームページに GET を投げることに注意してください。入力テキストフィールドの名前は s にして、上述の例のように label を必ず含めてください。

以下は、カスタム searchform.php の例です。

<form action="/" method="get">
    <fieldset>
        <label for="search">Search in <?php bloginfo( 'name' ); ?></label>
        <input type="text" name="s" id="search" value="<?php the_search_query(); ?>" />
        <input type="image" alt="Search" src="<?php bloginfo( 'template_url' ); ?>/images/search.png" />
    </fieldset>
</form>

(functions.php ファイル内に) カスタム関数を記述して、get_search_form アクションフックにこの関数をフックする、という方法もあります。

function my_search_form( $form ) {

    $form = '<form role="search" method="get" id="searchform" action="'.get_bloginfo('url').'" >
    <div><label class="screen-reader-text" for="s">' . __('Search for:') . '</label>
    <input type="text" value="' . get_search_query() . '" name="s" id="s" />
    <input type="submit" id="searchsubmit" value="'. esc_attr__('Search') .'" />
    </div>
    </form>';

    return $form;
}

add_filter( 'get_search_form', 'my_search_form' );

注意点

変更履歴

2.7.0 で新規追加。

ソースファイル

get_search_form()wp-includes/general-template.php に含まれる。

関連情報

インクルードタグ: get_header(), get_footer(), get_sidebar(), get_template_part(), get_search_form(), comments_template()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get search form最新版との差分