• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get query template」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(クリーンアップ。)
(Code Reference の get_query_template() をマージ。)
 
1行目: 1行目:
<div id="Description">
+
== 説明<span id="Description"></span> ==
== 説明 ==
+
</div>
+
  
拡張子を使わずにファイルのパスを取得します。
+
拡張子を含めずファイル名を指定してテンプレートのパスを取得します。[[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] を利用して、テンプレートの有無を親テーマについてもチェックします。他の <tt>get_*_template()</tt> 関数を使わずに、より汎用的なテンプレートの取得が行えます。
  
拡張子を指定しないでファイルのパスを簡単に取得できます。[[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]] を利用して、ファイルの有無を親テーマについてもチェックします。他の <tt>get_*_template()</tt> 関数を使わずに、より汎用的なファイルパスの取得が行えます。
+
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
 +
 
 +
<?php get_query_template( $type, $templates ); ?>
 +
 
 +
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
 +
 
 +
{{Parameter|$type|文字列|拡張子なしのファイル名。}}
 +
 
 +
{{Parameter|$templates|配列|テンプレート候補のリスト。|オプション|array()}}
 +
 
 +
== 戻り値<span id="Return_Values"></span> ==
 +
 
 +
; (文字列) : テンプレートファイルへのフルパス。
 +
 
 +
== 用例<span id="Examples"></span> ==
  
 
取得したパスのファイルを読み込むには [http://us3.php.net/manual/ja/function.include.php <tt>include()</tt>] や [http://us3.php.net/manual/ja/function.require.php <tt>require()</tt>] が使えます。
 
取得したパスのファイルを読み込むには [http://us3.php.net/manual/ja/function.include.php <tt>include()</tt>] や [http://us3.php.net/manual/ja/function.require.php <tt>require()</tt>] が使えます。
19行目: 31行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
<div id="Usage">
+
== 参考<span id="Notes"></span> ==
== 使い方 ==
+
</div>
+
 
+
<?php get_query_template( $type, $templates ); ?>
+
 
+
<div id="Parameters">
+
== パラメータ ==
+
</div>
+
 
+
{{Parameter|$type|文字列|拡張子なしのファイル名。}}
+
 
+
{{Parameter|$templates|配列|テンプレート候補のリスト。|オプション|array()}}
+
 
+
<div id="Return_Values">
+
== 戻り値 ==
+
</div>
+
 
+
; (文字列) : ファイルへのフルパス。
+
 
+
<div id="Examples">
+
== 用例 ==
+
</div>
+
 
+
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
+
 
+
<div id="Notes">
+
== 参考 ==
+
</div>
+
  
* [[関数リファレンス/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] を使ってフィルター <tt>[[Filter_Reference/type_template|{$type}_template]]</tt> を [[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]] の戻り値に適用します。
+
* <tt>$templates</tt> が空の場合、<tt>{$type}.php</tt> を探します。
* <tt>$templates</tt> が空の場合、[[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]] で "{<tt>$type</tt>}.php" を探します。
+
* 動的なフィルター <tt>[https://developer.wordpress.org/reference/hooks/type_template_hierarchy/ '{$type}_template_hierarchy']</tt> を <tt>$templates</tt> に適用します。
 +
* [[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] でテンプレートファイルを特定した後、動的なフィルター <tt>[https://developer.wordpress.org/reference/hooks/type_template/ '{$type}_template']</tt> を適用します。
  
<div id="Change_Log">
+
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
== 変更履歴 ==
+
</div>
+
  
 
新規導入: 1.5.0
 
新規導入: 1.5.0
  
<div id="Source_File">
+
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==
== ソースファイル ==
+
</div>
+
  
 
<tt>get_query_template()</tt> は {{Trac|wp-includes/template.php}} にあります。
 
<tt>get_query_template()</tt> は {{Trac|wp-includes/template.php}} にあります。
  
<div id="Related">
+
== 関連項目<span id="Related"></span> ==
== 関連項目 ==
+
</div>
+
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Function Reference/get query template|153412}} <!-- 05:59, 14 August 2015 Miccweb 版 -->
+
<!-- {{原文|Function Reference/get query template|153412}} 05:59, 14 August 2015 Miccweb 版 -->
 +
最新英語版: [https://developer.wordpress.org/reference/functions/get_query_template/ Reference / Functions / get_query_template()]
  
 
[[en:Function Reference/get_query_template]]
 
[[en:Function Reference/get_query_template]]
 
[[it:Riferimento funzioni/get_query_template]]
 
[[it:Riferimento funzioni/get_query_template]]

2018年6月2日 (土) 12:35時点における最新版

説明

拡張子を含めずファイル名を指定してテンプレートのパスを取得します。locate_template() を利用して、テンプレートの有無を親テーマについてもチェックします。他の get_*_template() 関数を使わずに、より汎用的なテンプレートの取得が行えます。

使い方

<?php get_query_template( $type, $templates ); ?>

パラメータ

$type
文字列) (必須) 拡張子なしのファイル名。
初期値: なし
$templates
配列) (オプション) テンプレート候補のリスト。
初期値: array()

戻り値

(文字列) 
テンプレートファイルへのフルパス。

用例

取得したパスのファイルを読み込むには include()require() が使えます。

    if ( '' != get_query_template( '404' ) )
        include( get_query_template( '404' ) );

以下のコードでも実現できます。

    if ( '' != get_404_template() )
        include( get_404_template() );

参考

変更履歴

新規導入: 1.5.0

ソースファイル

get_query_template()wp-includes/template.php にあります。

関連項目

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: Reference / Functions / get_query_template()