• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get post modified time」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/get_post_modified_time 15:03, 26 February 2016 Gblsm 版を流し込み。)
 
(和訳しました。)
 
1行目: 1行目:
== Description ==
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
  
Retrieve the time at which the post was last modified.
+
投稿の最終更新時刻(と日付)を取得します。
  
''Note: One level »lower« than [[Function Reference/get_the_modified_time|<code>get_the_modified_time()</code>]] (&larr; link), but can take more arguments.''
+
''参考: この関数は [[テンプレートタグ/get_the_modified_time|<code>get_the_modified_time()</code>]] の内部で使われますが、もっと多くの引数を与えることができます。''
  
== Usage ==
+
<div id="Usage">
 +
== 使い方 ==
 +
</div>
  
%%%<?php get_post_modified_time( $d, $gmt, $post, $translate ); ?>%%%
+
<?php get_post_modified_time( $d, $gmt, $post, $translate ); ?>
  
== Parameters ==
+
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
  
{{Parameter|$d|string|Optional, default is 'U'. Either 'G', 'U', or php date format.|optional|U}}
+
{{Parameter|$d|文字列|日時を表示するフォーマット。指定できるフォーマットは[[日付と時刻の書式]]を見てください。|オプション|'U' (UNIX タイムスタンプ)}}
 +
{{Parameter|$gmt|真偽値|true をセットすると GMT で日時を返します。|オプション|false &ndash; ローカル時間帯}}
 +
{{Parameter|$post|整数/オブジェクト|投稿の ID またはオブジェクト。|オプション|null &ndash; グローバルの <code>$post</code> オブジェクト}}
 +
{{Parameter|$translate|真偽値|日時の文字列を翻訳するかどうか。|オプション|false &ndash; 翻訳しない}}
  
{{Parameter|$gmt|boolean|Optional, default is false. Whether to return the gmt time.|optional|false}}
+
<div id="Return_Values">
 +
== 戻り値 ==
 +
</div>
  
{{Parameter|$post|int&#124;object|Optional, default is global post object. A post_id or post object|optional|null}}
+
{{Return||false/文字列/整数|フォーマットした日時の文字列、または UNIX タイムスタンプを表す整数。失敗すると false を返す。}}
  
{{Parameter|$translate|boolean|Optional, default is false. Whether to translate the result|optional|false}}
+
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
  
== Return Values ==
+
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
  
{{Return||string|Returns timestamp}}
+
[[Version 2.0|2.0]] : 新規導入
  
== Change Log ==
+
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
  
Since: [[Version 2.0|2.0]]
+
<tt>get_post_modified_time()</tt> は {{Trac|wp-includes/general-template.php}} にあります。
  
== Source File ==
+
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
  
<tt>get_post_modified_time()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/general-template.php}}
+
[[関数リファレンス/get_post_time|get_post_time()]]
  
{{原文|Function Reference/get_post_modified_time|155822}} <!-- 15:03, 26 February 2016 Gblsm 版 -->
+
{{Tag Date Tags}}
  
[[Category:Functions]]
+
{{Tag Footer}}
 +
 
 +
{{原文|Function Reference/get_post_modified_time|155822}} <!-- 15:03, 26 February 2016 Gblsm 版 -->
  
[[Category:New_page_created]]
+
[[Category:関数]]
  
 
[[en:Function Reference/get_post_modified_time]]
 
[[en:Function Reference/get_post_modified_time]]

2016年2月27日 (土) 00:44時点における最新版

投稿の最終更新時刻(と日付)を取得します。

参考: この関数は get_the_modified_time() の内部で使われますが、もっと多くの引数を与えることができます。

使い方

<?php get_post_modified_time( $d, $gmt, $post, $translate ); ?>

パラメータ

$d
文字列) (オプション) 日時を表示するフォーマット。指定できるフォーマットは日付と時刻の書式を見てください。
初期値: 'U' (UNIX タイムスタンプ)
$gmt
真偽値) (オプション) true をセットすると GMT で日時を返します。
初期値: false – ローカル時間帯
$post
整数/オブジェクト) (オプション) 投稿の ID またはオブジェクト。
初期値: null – グローバルの $post オブジェクト
$translate
真偽値) (オプション) 日時の文字列を翻訳するかどうか。
初期値: false – 翻訳しない

戻り値

(false/文字列/整数) 
フォーマットした日時の文字列、または UNIX タイムスタンプを表す整数。失敗すると false を返す。

用例

変更履歴

2.0 : 新規導入

ソースファイル

get_post_modified_time()wp-includes/general-template.php にあります。

get_post_time()


日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_post_modified_time最新版との差分