• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get post custom values

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2015年7月22日 (水) 11:30時点におけるMiccweb (トーク | 投稿記録)による版 (最新のマージ)

移動先: 案内検索

この関数は、1つのキーに複数の値が割り付けられているカスタムフィールドの値を取得するのに便利です。$post_id で指定した ID の投稿(未指定の場合は現在の投稿)から、$key で指定したキーを持つすべてのカスタムフィールドの値を配列で取得します。指定したキーを持つカスタムフィールドが存在しない場合は、null を返します。

get_post_custom(), get_post_custom_keys()get_post_meta() も見てください。

使い方

<?php get_post_custom_values($key, $post_id); ?>

パラメータ

$key
文字列) (必須) カスタムフィールドのキー
初期値: なし
$post_id
整数) (オプション) カスタムフィールドの値を取得したい投稿の ID
初期値: 現在の投稿の ID

用例

デフォルトの使い方

以下のサンプルでは、現在の投稿に my_key というキーを持つカスタムフィールドが3つあるとします。

<?php

  $custom_fields = get_post_custom(72);
  $my_custom_field = $custom_fields['my_custom_field'];
  foreach ( $my_custom_field as $key => $value ) {
    echo $key . " => " . $value . "<br />";
  }

?>

出力結果:

0 => First value ('my_key')
1 => Second value ('my_key')
2 => Third value ('my_key')

Note: not only does the function return a multi-dimensional array (ie: always be prepared to deal with an array of arrays, even if expecting array of single values), but it also returns serialized values of any arrays stored as meta values. If you expect that possibly an array may be stored as a metavalue, then be prepared to maybe_unserialize.

ソースコード

get_post_custom()wp-includes/post.phpにあります。

更新履歴



カスタムフィールド: the_meta(), get_post_meta(), add_post_meta(), update_post_meta(), delete_post_meta(), get_post_custom(), get_post_custom_values(), get_post_custom_keys() (post_meta 関数の例 /en も参照)


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get post custom values最新版との差分