• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get option

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2010年7月13日 (火) 19:50時点におけるMizuno (トーク | 投稿記録)による版 (翻訳済み)

移動先: 案内検索

説明

optionsデータベーステーブルから、指定したオプションの値を取得する安全な方法です。希望するオプションが存在しない場合は、値が関連付けされず、FALSE が返されます。

使い方

<?php echo get_option( $show, $default ); ?>

パラメータ

$show
文字列) (必須) 取得するオプションの名前。有効なデフォルトオプション値は、Option Referenceに一覧があります。
初期値: なし
$default
混合) (オプション) 値が返されない(データベースにオプションが存在しない)場合のデフォルト値。
初期値: false

詳細は Option_Reference を参照してください。

用例

ブログタイトルを表示する

次のれいは、<h1> タグ内に、ブログタイトルを表示します。

<h1><?php echo get_option('blogname'); ?></h1>

文字セットを表示する

ブログで使用している文字セット(例えば、UTF-8)を表示します。

<p>Character set: <?php echo get_option('blog_charset'); ?> </p>

管理者のメールアドレスを取得する

ブログ管理者のメールアドレスを取得し、変数に格納します。

<?php $admin_email = get_option('admin_email'); ?>

更新履歴

  • since 1.5.0

ソースコード

get_option()wp-includes/functions.php にあります(5.3: 最新安定版)。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_option最新版との差分

関連

Options API: add_option() /en, add_site_option() /en, delete_option() /en, delete_site_option() /en, form_option() /en, get_site_option() /en, get_site_url(), get_user_option() /en, get_option() /en, update_option() /en, update_site_option() /en, update_user_option() /en, wp_load_alloptions() /en



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。