• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get extended」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/get extended 19:16, 21 October 2009 Grizzdesign)
 
(全体を和訳&補足。用例を追加。)
1行目: 1行目:
== Description ==
+
<div id="Description">
Get extended entry info (%%%<!--more-->%%%).
+
== 説明 ==
 +
</div>
  
There should not be any space after the second dash and before the word 'more'. There can be text or space(s) after the word 'more', but won't be referenced.
+
投稿本文を <code>&lt;!--more--&gt;</code> で区切った内容を各々取得します。戻り値は ''main'' と ''extend'' のキーからなる連想配列です。''main'' キーの配列には <code>&lt;!--more--&gt;</code> より前の本文、''extend'' キーの配列には <code>&lt;!--more--&gt;</code> より後の本文が入っています。
  
The returned array has 'main' and 'extended' keys. Main has the text before the %%%<code><!--more--></code>%%%. The 'extended' key has the content after the %%%<code><!--more--></code>%%% comment.
+
2つ目のダッシュ(-)と 'more' の間にはスペースは入れないでください。'more' の後のスペースは無視されます。
  
== Usage ==
+
[[「続きを読む」のカスタマイズ|「続きを読む」のカスタマイズ]] も見てください。
%%%<?php get_extended( $post ) ?>%%%
+
  
== Parameters ==
+
<div id="Usage">
{{Parameter|$post|string|Post content.}}
+
== 使い方 ==
 +
</div>
  
== Return Values ==
+
<?php get_extended( $post ) ?>
; <tt>(array)</tt> : Post before ('main') and after ('extended').
+
  
== Examples ==
+
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
 
 +
{{Parameter|$post|文字列|投稿の本文}}
 +
 
 +
<div id="Return_Values">
 +
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
 
 +
; <tt>(array)</tt> :  <code>&lt;!--more--&gt;</code> の前 ('main') と後 ('extended') の投稿本文。
 +
 
 +
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
  
== Notes ==
+
'続きを読む' リンクをクリックする度に、投稿本文の <code>&lt;!--more--&gt;</code> 以降の表示/非表示を切り替える:
 +
<pre>while ( have_posts() ) :
 +
  the_posts();
 +
  $content = get_extended( $post );
 +
  echo '<p>' . $content['main'] . '</p>';
 +
  if ( !empty( $content['extended'] ) :
 +
    ?>
 +
    <a href="#more" class="more">続きを読む</a>
 +
    <?php
 +
    echo '<p class="extended">' . $content['extended'] . '</p>';
 +
  endif;
 +
endwhile;</pre>
 +
 
 +
style.css:
 +
<pre>p.extended{display:none;}</pre>
 +
 
 +
my-script.js:
 +
<pre>
 +
jQuery(document).ready( function($) {
 +
  $('a.more').click( function() {
 +
    $(this).next('p.extended').toggle();
 +
    return false;
 +
  });
 +
});
 +
</pre>
 +
 
 +
<div id="Notes">
 +
== 注 ==
 +
</div>
 +
 
 +
投稿本文中に <code>&lt;!--more--&gt;</code> が無い場合は、<tt>array['main']</tt> に投稿全文が入り、<tt>array['extended']</tt> は空文字になります。
 +
 
 +
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
 +
 
 +
* [[Version 1.0|1.0]] : 新規導入
  
== Change Log ==
+
<div id="Source_File">
Since: 1.0.0
+
== ソースファイル ==
 +
</div>
  
== Source File ==
+
<tt>get_extended()</tt> は {{Trac|wp-includes/post.php}} に含まれています。
<!-- Need links to current source code files -->
+
<tt>get_extended()</tt> is located in <tt>wp-includes/post.php</tt>.
+
  
== Related ==
+
<div id="Related">
 +
== 関連資料 ==
 +
</div>
 
<!--
 
<!--
 
     To Do:
 
     To Do:
35行目: 86行目:
 
-->
 
-->
  
 +
{{Tag General Tags}}
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
 +
{{DEFAULTSORT:Get_extended}}
 
{{原文|Function Reference/get extended|79551}}<!-- 19:16, 21 October 2009 Grizzdesign -->
 
{{原文|Function Reference/get extended|79551}}<!-- 19:16, 21 October 2009 Grizzdesign -->
[[Category:Functions]]
+
[[Category:関数]]
[[Category:New_page_created]]
+
 
[[en:Function Reference/get extended]]
 
[[en:Function Reference/get extended]]

2010年4月27日 (火) 23:29時点における版

投稿本文を <!--more--> で区切った内容を各々取得します。戻り値は mainextend のキーからなる連想配列です。main キーの配列には <!--more--> より前の本文、extend キーの配列には <!--more--> より後の本文が入っています。

2つ目のダッシュ(-)と 'more' の間にはスペースは入れないでください。'more' の後のスペースは無視されます。

「続きを読む」のカスタマイズ も見てください。

使い方

<?php get_extended( $post ) ?>

パラメータ

$post
文字列) (必須) 投稿の本文
初期値: なし

戻り値

(array) 
<!--more--> の前 ('main') と後 ('extended') の投稿本文。

用例

'続きを読む' リンクをクリックする度に、投稿本文の <!--more--> 以降の表示/非表示を切り替える:

while ( have_posts() ) :
  the_posts();
  $content = get_extended( $post );
  echo '<p>' . $content['main'] . '</p>';
  if ( !empty( $content['extended'] ) :
    ?>
    <a href="#more" class="more">続きを読む</a>
    <?php
    echo '<p class="extended">' . $content['extended'] . '</p>';
  endif;
endwhile;

style.css:

p.extended{display:none;}

my-script.js:

jQuery(document).ready( function($) {
  $('a.more').click( function() {
    $(this).next('p.extended').toggle();
    return false;
  });
});

投稿本文中に <!--more--> が無い場合は、array['main'] に投稿全文が入り、array['extended'] は空文字になります。

変更履歴

  • 1.0 : 新規導入

ソースファイル

get_extended()wp-includes/post.php に含まれています。


記事

コードドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クエリの詳細概要
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方概要
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加カスタムクエリの作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を使ってその投稿のレコードをデータベースから取得する
  • 関数: get_posts() - 項目の配列を返す特別な関数。
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返す特別な関数。
  • 関数: have posts() - クエリが記事を返すかどうか判断する条件分岐。
  • 関数: the_post() - クエリの後に自動的にループを設定するのに使われる。
  • 関数: rewind_posts() - 現在のループをクリアする。
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で単一クエリ結果のデータを設定する。
  • 関数: wp_reset_postdata() - 以前のクエリを復元する(通常、ループ内のもう一つのループで使われる)。
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更するのがメインクエリであるよう保証する。
  • アクションフック: pre_get_posts - 実行される前に WordPress クエリを変更する。
  • アクションフック: the_post - 投稿オブジェクトをクエリの後に変更する。
  • フィルターフック: found_posts - found_posts WP_Query オブジェクトの値を変更する


関連

固定ページ: get_all_page_ids(), get_ancestors(), get_page_link(), get_page_by_path(), get_page_by_title(), get_page_children(), get_page_hierarchy(), get_page_uri() /en, get_pages(), is_page(), page_uri_index() /en, wp_list_pages(), wp_page_menu()


リスト・ドロップダウン関数: wp_list_authors(), wp_list_categories(), wp_list_pages(), wp_list_bookmarks(), wp_list_comments(), wp_get_archives(), wp_page_menu(), wp_dropdown_pages(), wp_dropdown_categories(), wp_dropdown_users()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get extended最新版との差分