• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/did action」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function_Reference/did_action 21:25, 30 May 2012 Jdesrosiers 版を流し込み。)
 
(最初の和訳。)
 
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
{{CheckTrans}}
  
 
<div id="Description">
 
<div id="Description">
5行目: 5行目:
 
</div>
 
</div>
  
Retrieve the number of times an action is fired.
+
アクションフックが呼び出された回数を取得します。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
17行目: 17行目:
 
</div>
 
</div>
  
{{Parameter|$tag|string|The name of the action hook.}}
+
{{Parameter|$tag|文字列|アクションフックの名前。}}
  
 
<div id="Return_Values">
 
<div id="Return_Values">
23行目: 23行目:
 
</div>
 
</div>
  
; (integer) : The number of times action hook <tt>$tag</tt> is fired
+
; (整数) : アクションフック <tt>$tag</tt> が呼び出された回数。
  
 
<div id="Examples">
 
<div id="Examples">
29行目: 29行目:
 
</div>
 
</div>
  
Using did_action() function to make sure custom meta field is only added during the first run since it can run multiple times.
+
<tt>did_action()</tt> 関数を使って、アクションが何回実行されても最初の一回だけカスタムメタフィールドを追加します。
  
 
<pre>
 
<pre>
36行目: 36行目:
 
global $post;
 
global $post;
  
// if the post is a custom post type and only during the first execution of the action quick_edit_custom_box
+
// 投稿がカスタム投稿タイプで、アクション quick_edit_custom_box の初回実行中に限る
 
if ( $post->post_type == 'custom_post_type' && did_action( 'quick_edit_custom_box' ) === 1 )  
 
if ( $post->post_type == 'custom_post_type' && did_action( 'quick_edit_custom_box' ) === 1 )  
 
{  
 
{  
54行目: 54行目:
 
} // endif;
 
} // endif;
 
}
 
}
// add the sticky option to the quick edit area
+
// クイック編集のエリアに先頭固定表示のオプションを追加
 
add_action( 'quick_edit_custom_box', 'my_sticky_option' );
 
add_action( 'quick_edit_custom_box', 'my_sticky_option' );
 
</pre>
 
</pre>
62行目: 62行目:
 
</div>
 
</div>
  
* Uses global: (<tt>unknown type</tt>) <tt>$wp_actions</tt>
+
* グローバル変数 (<tt>unknown type</tt>) <tt>$wp_actions</tt> を使用します。
  
 
<div id="Change_Log">
 
<div id="Change_Log">
68行目: 68行目:
 
</div>
 
</div>
  
Since: 2.1
+
新規導入: 2.1
  
 
<div id="Source_File">
 
<div id="Source_File">
74行目: 74行目:
 
</div>
 
</div>
  
<tt>did_action()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/plugin.php}}.
+
<tt>did_action()</tt> {{Trac|wp-includes/plugin.php}} にあります。
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">

2015年8月14日 (金) 08:08時点における最新版

この項目「関数リファレンス/did action」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

アクションフックが呼び出された回数を取得します。

使い方

<?php did_action( $tag ); ?>

パラメータ

$tag
文字列) (必須) アクションフックの名前。
初期値: なし

戻り値

(整数) 
アクションフック $tag が呼び出された回数。

用例

did_action() 関数を使って、アクションが何回実行されても最初の一回だけカスタムメタフィールドを追加します。

function my_sticky_option() 
{
	global $post;

	// 投稿がカスタム投稿タイプで、アクション quick_edit_custom_box の初回実行中に限る
	if ( $post->post_type == 'custom_post_type' && did_action( 'quick_edit_custom_box' ) === 1 ) 
	{ 
?>

	<fieldset class="inline-edit-col-right">
		<div class="inline-edit-col">
			<label class="alignleft">
				<input type="checkbox" name="sticky" value="sticky" />
				<span class="checkbox-title">
					<?php _e( 'Featured (sticky)', 'textdomain_string' ); ?>
				</span>
			</label>
		</div>
	</fieldset>
<?php
	} // endif;
}
// クイック編集のエリアに先頭固定表示のオプションを追加
add_action( 'quick_edit_custom_box', 'my_sticky_option' );

参考

  • グローバル変数 (unknown type) $wp_actions を使用します。

変更履歴

新規導入: 2.1

ソースファイル

did_action()wp-includes/plugin.php にあります。

アクション: has_action(), add_action(), do_action(), do_action_ref_array(), did_action(), remove_action(), remove_all_actions()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/did_action最新版との差分