• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/delete transient」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/delete_transient 04:35, 16 July 2014 Hlashbrooke 版を流し込み。)
 
 
1行目: 1行目:
== Description ==
+
{{CheckTrans}}
  
Delete a transient. If the specified transient does not exist then no action will be taken.
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
  
== Usage ==
+
[[Transients_API|Transient]] を削除します。指定された Transient が存在しなければ何も行われません。
  
%%%<?php delete_transient( $transient ); ?>%%%
+
<div id="Usage">
 +
== 使い方 ==
 +
</div>
  
== Parameters ==
+
<?php delete_transient( $transient ); ?>
  
{{Parameter|$transient|string|Transient name. Expected to not be SQL-escaped.}}
+
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
  
== Return Values ==
+
{{Parameter|$transient|文字列|Transient の名前。SQL エスケープされていないものとして扱われる。}}
  
; (boolean) :  True if successful, false otherwise.
+
<div id="Return_Values">
 +
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
 
 +
; (真偽値) :  成功すると true、そうでなければ false を返す。
 +
 
 +
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
 +
 
 +
<div id="Clearing_our_transient_via_the_edit_term_hook">
 +
=== edit_term アクションフック内で Transient を消す ===
 +
</div>
  
== Examples ==
 
=== Clearing our transient via the edit_term hook ===
 
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php
 
<?php
// Create a simple function to delete our transient
+
// Transient を消すシンプルな関数を作成
 
function edit_term_delete_transient() {
 
function edit_term_delete_transient() {
 
     delete_transient( 'special_query_results' );
 
     delete_transient( 'special_query_results' );
 
}
 
}
// Add the function to the edit_term hook so it runs when categories/tags are edited
+
// その関数を edit_term アクションフックへ追加して、カテゴリーやタグが編集されたときに実行
 
add_action( 'edit_term', 'edit_term_delete_transient' );
 
add_action( 'edit_term', 'edit_term_delete_transient' );
 
?>
 
?>
 
</pre>
 
</pre>
  
== Notes ==
+
<div id="Notes">
 +
== 参考 ==
 +
</div>
  
  
== Change Log ==
+
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
  
Since: [[Version_2.8|2.8]]
+
新規導入: [[Version_2.8|2.8]]
  
== Source File ==
+
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
  
<tt>delete_transient()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/option.php}}.
+
<tt>delete_transient()</tt> {{Trac|wp-includes/option.php}} にあります。
 +
 
 +
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
  
== Related ==
 
 
{{Transient Tags}}
 
{{Transient Tags}}
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
[[Category:Functions]]
+
{{原文|Function_Reference/delete_transient|153432}} <!-- 02:02, 15 August 2015 Gblsm 版 -->
 +
 
 +
{{DEFAULTSORT:Delete_transient}}
 +
[[Category:関数]]
 +
 
 +
[[en:Function_Reference/delete_transient]]

2015年8月15日 (土) 14:03時点における最新版

この項目「関数リファレンス/delete transient」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

Transient を削除します。指定された Transient が存在しなければ何も行われません。

使い方

<?php delete_transient( $transient ); ?>

パラメータ

$transient
文字列) (必須) Transient の名前。SQL エスケープされていないものとして扱われる。
初期値: なし

戻り値

(真偽値) 
成功すると true、そうでなければ false を返す。

用例

edit_term アクションフック内で Transient を消す

<?php
// Transient を消すシンプルな関数を作成
function edit_term_delete_transient() {
     delete_transient( 'special_query_results' );
}
// その関数を edit_term アクションフックへ追加して、カテゴリーやタグが編集されたときに実行
add_action( 'edit_term', 'edit_term_delete_transient' );
?>

参考


変更履歴

新規導入: 2.8

ソースファイル

delete_transient()wp-includes/option.php にあります。

Transients API: set_transient(), get_transient(), delete_transient(), set_site_transient(), get_site_transient(), delete_site_transient(),


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/delete_transient最新版との差分