当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/apply filters

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2010年4月16日 (金) 08:56時点におけるMizuno (トーク | 投稿記録)による版 (翻訳済み、div は付けていない)

移動先: 案内検索

説明

フィルターフックに追加された関数を呼び出します。フィルターフックの一覧は プラグイン_API をごらんください。

この関数により、フィルターフック $tag に付加されたコールバック関数が呼び出されます。この関数を、$tag パラメータを使用して新しく指定したフックの名前と一緒に呼び出すことで、フィルターフックを新規作成することができます。

使い方

<?php apply_filters( $tag, $value ); ?> 

パラメータ

$tag
文字列) (必須) フィルターフック名。
初期値: なし
$value
mixed) (必須) フィルターがフックされている $tag が変更できる値。
初期値: なし

戻り値

(mixed
全てのフックされた関数が適用された後の $value の結果。

注: 戻り値の型は、$value の型(文字列や配列等)と同じでなければなりません。

用例

フィルター後にエコーする

echo apply_filters( $tag, $value );

フィルターされる

$myvar = apply_filters( $tag, $value );

更新履歴

  • 0.71 以降

ソースファイル

apply_filters()wp-includes/plugin.php にあります。

関連資料

フィルター: has_filter(), add_filter(), apply_filters(), current_filter(), remove_filter(), remove_all_filters()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/apply_filters最新版との差分