当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/add editor style」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(翻訳済み div無し)
(変更履歴: 更新履歴→変更履歴)
20行目: 20行目:
  
  
== 更新履歴<!--Change Log--> ==
+
== 変更履歴<!--Change Log--> ==
  
 
* 新規: [[Version 3.0|3.0.0]]
 
* 新規: [[Version 3.0|3.0.0]]

2010年9月6日 (月) 18:50時点における版

説明

カスタム TinyMCE エディタスタイルシートのコールバックを追加します。

パラメータ $stylesheet は(テーマのルートからの相対的な)スタイルシート名です。スタイルシートの配列も受け入れます。このパラメータはオプションで、デフォルトは 'editor-style.css' です。

使い方

<?php add_editor_style( $stylesheet ); ?> 

パラメータ

$stylesheet
mixed) (オプション) スタイルシート名またはその配列。テーマのルートからの相対。
初期値: editor-style.css

用例

add_editor_style('custom-editor-style.css');

変更履歴

ソースファイル

add_editor_style() は、wp-includes/theme.php にあります。

関連

テーマサポート: add_theme_support(), remove_theme_support(), current_theme_supports()
テーマ機能: サイドバー, ナビゲーションメニュー, 投稿フォーマット, 投稿サムネイル, カスタム背景, カスタムヘッダー, 自動フィードリンク, html5, コンテンツ幅, editor-style



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/add editor style最新版との差分