• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

記事を投稿する

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

このページ「記事を投稿する」は 情報が古くなっている可能性があります。最新版英語)も合わせてご覧ください。最新に更新してくださる協力者を求めています

投稿とは、ブログのホームページに新しいものから時系列に表示されるエントリーのことです(初期設定の場合)。投稿は個別ページの下には通常コメント欄があり、更新がサイトの RSS フィードに含まれるという点で固定ページと異なっています。

投稿するには:

  1. WordPress の管理画面(ダッシュボード)にログインします。
  2. サイドバーメニューの投稿 > 新規追加をクリックしてください。
  3. 空いているところを埋めていきましょう。
  4. 必要なら、カテゴリーを選択し、タグを追加し、各セクションの設定を選択しましょう。これらのセクションのそれぞれについては、以下で説明します。
  5. 準備が整ったら、公開ボタンをクリックします。

投稿欄の説明

投稿作成画面
タイトル
投稿のタイトルです。好きな言葉やフレーズを使えますが、同じタイトルを二度使用すると問題が生じるので避けてください。First Post - Hello, I'm Writing a Blog Post. というように、カンマ、アポストロフィー、ハイフン、ダッシュなどの記号を使うこともできます。パーマリンクの URL の一部である「投稿スラッグ」を生成する際、こういった記号は自動的に取り除かれます。
投稿編集エリア
この空白ボックスで記事を書いたり、リンクを貼ったり、画像へリンクしたりしてサイトに表示したい情報を入力できます。投稿を作成するにあたって、ビジュアルエディタと HTML 直接入力のいずれかを選べます。
投稿プレビューボタン
公開する前に、投稿表示を確かめることができます。
公開ボックス
投稿には、 "公開済み"、"レビュー待ち"、"下書き"、という3つの状態があります。
  • 公開済み: 投稿が誰でも見られるように公開された状態
  • レビュー待ち: 公開権限を持っている他の誰かがレビューしてくれるのを待っている状態
  • 未公開: 投稿が公開されていない下書きのままの状態
いずれかの公開状態を選んで保存ボタンをクリックすると、投稿に適用されます。管理 > 投稿/enへ行けば、状態ごとに分けられたすべての投稿一覧を見ることができます。
パーマリンク
パーマリンクを有効にしている場合に限り、投稿を保存した後タイトル下に投稿の URL パーマリンクが表示されます(パーマリンクを有効にするには、設定 > パーマリンクへどうぞ)。URLはタイトルから生成されます。古いバージョンの WordPress では、これは「ページスラッグ」と呼ばれていました。コンマ、クォート、アポストロフィーなど HTML に影響を与える記号は変換され、単語の間にダッシュが挿入されます。例えばタイトルが "First Post - Hello, I'm Writing a Blog Post." ならば、変換後は "first-post-hello-im-writing-a-blog-post" となります。これは手動で変更可能で、"fist-blog-post" と短くすることもできます。
保存
投稿をすぐに公開するかわりに、下書きとして保存できます。後から下書きを編集するには、投稿メニューをクリックして一覧ページを表示させた後、投稿の下書きタイトルをクリックしてください。
公開
投稿をサイトに公開します。公開ボタンの上にある「編集」リンクをクリックし、投稿を公開したい時間を指定することもできます。デフォルトでは最初に投稿が自動保存された時間が、データベース内の投稿時間になります。
投稿タグ
いわばブログの小カテゴリーであり、インデックスをのようなものです。タグは、同じタグを含む投稿ページへのリンクとなります。タグを表示するには、テーマ内に適切なコードを書く必要があります。タグをボックスに記入し、「追加」をクリックしましょう。
カテゴリー
投稿を分類するためのトピックです。一般的に、ブロガーコンテンツに関連した7〜10程度のカテゴリーを用意しています。特定のカテゴリー内をざっと見ることで、そのカテゴリーに含まれるすべての投稿を確認できます。新しいカテゴリーを追加するためには、このセクションにある「+ 新規カテゴリー追加」リンクをクリックしてください。 管理 > カテゴリーからカテゴリーを管理することもできます。
WordPress 管理画面 投稿作成 - ページ下部
抜粋
投稿の短い要約です。投稿の本文の代わりに抜粋を表示するように(シングルページ以外の)テンプレートファイルを変更した場合、ここに書かれた手動抜粋が使われます。また、RSS フィードを抜粋表示する設定の場合にも使われます。ここを空欄にした場合、もしくは、More タグ(<!-- more -->)が使われているところまでを使用します。WordPress は自動で先頭から55単語[1]を抽出し、自動抜粋を生成します。より詳細な情報は、抜粋をご覧ください。
トラックバック送信
旧式のブログシステムに対し、リンクしたことを通知する方法です。他の WordPress ブログにリンクした場合は自動でピンバックが通知されますので、他に何かする必要はありません。ピンバックを認識しないブログに対しては、ここにアドレスを入力することでトラックバックを送ることができます。複数入力するときはそれぞれを半角スペースで区切ってください。詳しくは トラックバックとピンバックを見てください。
カスタムフィールド
カスタムフィールドはサイトに情報を付け加える方法の一つです。テンプレートファイルやプラグインにコードを追加することで、カスタムフィールドは投稿の表示を変えることができます。この情報主にプラグインで使用されますが、このセクションで入力や編集ができます。
ディスカッション
投稿の通知や双方向の交流を可能にするオプションです。このセクションには、コメントを許可トラックバック/ピンバックを許可という2つのチェックボックスがあります。
パスワード保護
投稿をパスワードで保護するには、公開ボックス内の「パスワード保護」ラジオボタンをチェックし、パスワードを記入します。編集者や管理人は投稿編集画面からパスワードや非公開投稿の内容を見ることができます。
投稿作成者
投稿の作成者として選ぶことができるブログの著者のリストです。このセクションはブログの投稿権限を複数のユーザーに与えているときにだけ表示されます。詳しくは投稿者とユーザーを見てください。

注意: 投稿エリアのサイズ、スマイリータグの変換など、記事作成のための基本オプションを設定できます。設定>投稿設定へ行ってください。詳しくは投稿設定画面を見てください。

投稿のためのベスト・プラクティス

WordPress サイトには、なんでも好きなことを書くことができます。ブログを投稿する際のコツを以下にご紹介します。

アクセシビリティ実践
Web標準のアクセシビリティを遵守するなら、ユーザー補助のために ALT 属性と TITLE 属性をリンクや画像に設定する必要があります。例えば以下のようなものです。
<a title="WordPress Codex" href="http://codex.wordpress.org/"><img src="logo.png" alt="WordPress Codex ロゴ" /></a>
段落の使用
改行が一切ない記事を読みたいと思う人はいません。投稿を段落分けするためには、段落ごとに1行空けてください。WordPressはそれを自動的に検知して、HTML 段落タグ<p>を挿入します。
見出しの使用
長い記事を書くのならば、見出し(主題の変更を表す小見出し)でセクションを分けましょう。HTML において、見出しはh1h2h3h4などを使うことで設定されます。デフォルトでは、ほとんどのWordPressテーマが1~2、場合によっては3までの見出しレベルを設定しています。<h4>セクションのサブタイトル</h4>と入力することで、オリジナルの見出し4を使用できます。
前後に二重線を入れることで、WordPressはそれを投稿の見出しとして設定します。[2]見出しにスタイルをつけるには、スタイルシートファイルstyle.cssに追記してください。見出しのスタイリングに関する詳しい情報は 見出しのデザイン/enを参照してください。
HTML の使用
投稿を作成する際に、HTML の入力は必須ではありません。WordPressは 自動的に HTML タグを加えてくれます。もしボックス、見出し、その他のコンテナ・要素などといったいろいろな要素をコントロールしたい場合は、自分で HTML を入力してください。
スペルチェック
スペルチェック用のプラグインをが利用できますが、それでも全部をチェックしてくれるわけではありません。 まじめなライターはスペルチェック機能のついたテキストエディタで記事を書き、WordPressにコピー&ペーストする前にすべての誤字脱字をチェックします。
投稿する前に考える
ブログで大きなことを言うのはありふれた情景ですが、ちょっと立ち止まって、なにを書こうとしているのかについて考えてください。いったん公開されたならば、それは多くの人の目に触れ、検索エンジンにクロールされるということを忘れないで下さい。; また、公開されてしまうと、元に戻すことは難しいのです。公開ボタンを押す前に、自分の書いたものを読んでみてください。準備が出来たら、それを世界と共有しましょう。
好きなものについて書く
これまでに何千回も聞いたことでしょうし、当り前のことに聞えるでしょうが、真実です。ほんとうに好きではないことなのに「書かねばならない」と思っていると、読者にわかってしまいます。もしかしたら、はじめたばかりの頃は決まったテーマがないかもしれません。でも、それでいいのです。あとになれば、照準も絞れてくるでしょう。今していることを楽しんで、好きなことについて書きましょう。
頻繁に書く
一日に二回というように、できるだけ頻繁に書いても、質と量を同じものだと考えないようにしましょう。読者はコンテンツを求めて来ます。無意味なものを提供しないようにしましょう。
俗語を使わない
すべての読者があなたの属する世界の住人ではありません。簡単に理解してもらえると思わないようにしましょう。
思ったことを隠さない
やってしまいがちなことですが、本当の気持ちを隠さないようにしましょう。結局のところ、本当の気持ちこそがブログのすべてです。もしあなたが本当の気持ちを隠したいのなら、名前を持たずに自分の思うところを呟いていればいいのです。あなたは様々なテーマに対して深い洞察を持っているのかもしれません。あなたの情熱を読者に教えましょう。他人と共有することのできない情熱になんの価値がありますか?実際、自分が情熱を持っていることに関して議論することは、楽しいことでしょう。議論はあなたの思考を広げ、結果的にほんとうの親友を与えてくれます。
読者を思いやる
もしかしたら嘘くさく聞えるかもしれませんが、あなたのブログについて知ることになる読者を思いやってください。彼らはあなたがこれからはじめるブログについて聞かされる前にブログを訪れているのです。彼らに対してブログを書くことを予告していたとしたら、自由に書けますか?何人の読者に対して、あなたのことをわかってもらうことができますか?上司やガールフレンドがあなたの投稿を読んでも大丈夫ですか?読んでほしくなければ、大人しく匿名にすることです。
コメントを使用させる
コメントで人々はアイデアを共有できます。ときには嫌なこともありますが、そういう人には黙っていてくれるよう頼むこともできます。大抵の場合は従ってくれますし、従ってくれないのならばコメントを削除することもできます。現実と同じようにブログを運営することは、ときに楽しく、ときに不愉快です。心構えをしてください。そして、読者が望んだときにあなたへプライベートなコンタクトを取れるような場所を用意してあげてください。
ブログのデザインについて悩むのははあとで
ブログデザインは重要ですが、ある程度までです。思ったとおりのデザインではなかったという理由で、ブログをやめないでください。遅かれ早かれ、デザインに関する問題には気楽に取り組めるようになるでしょう。書き続けてください。コンテンツが読者をひきつけるのであって、ブログの外観ではありません。
遊びでやらない
あなたに対して真摯に語りかけます。読者が感銘を受けるのは、あなたが大きな家を持っているからでもなく、あなたがオシャレなクラブに所属しているからでもなく、あなたの住んでいるところの天気がいいからでもないのです。退屈なことを言って、そのときにこだわっていることを垂れ流すだけの長ったらしい投稿を書くような人間にならないでください。読者が興味を持つのは嘘つきではなく、あなた自身 — あなたがどう感じているのか、あなたが何に興奮するのか、あなたがなぜあなたであるのか — です。あなたの語ることがこれまでにあったことの集積でしかないのならば、読者は退屈してしまうでしょう。
画像や動画の使用
これらはページを色彩り、読者にあなたの世界の一端を垣間見せます。読者はつながりを感じることができます。
書き続ける
ブログをやめないでください。書くものがなかったとしても、幸いなことに、いつでも戻ることができるのです。気楽に行きましょう。おそらく、色んなブログをみていれば、アイデアも思いつくでしょう。友達のことを書いてもいいですし、上司の文句を書いたり、間違っていると思うことについて大袈裟に言ってもかまいません。でも、何も思いつかなければ、最新の映画や本、製品などについてのレビューを書くだけでもいいでしょう。そう、気楽にやってください。
投稿の保存
公開ボタンを押す前に、投稿を保存しましょう。あなたのコンピューター、そしてインターネット接続には何が起こるかわかりません。せっかく書いた記事を失うことはありません。


  1. 日本語版で、同梱の WP Multibyte Patch プラグインを有効化している場合は自動抜粋は55単語ではなく110文字となる。
  2. この記述は、英文Codexにも見られますが、バージョン3.0では機能しないと思われます。

ビジュアルエディタ vs HTML エディタ

投稿を書くとき、ビジュアルエディタと HTML エディタのどちらを使うかを選べます。ビジュアルエディタでは、今書いている投稿が実際のブログページと似たように見えますが、HTML エディタではコードが表示され、WYSIWYG 編集ボタンがクイックタグに変わります。クイックタグには以下のようなものがあります。

  • b - <strong></strong> テキストの強調を意味する HTML タグ(例: bold)。
  • i - <em></em> テキストの弱い強調を意味する HTML タグ(例: italicize)。
  • link - <a href="http://example.com/">text</a> ハイパーリンクを作成する HTML タグ。
  • b-quote - <blockquote></blockquote> 引用されたテキストを区別するための HTML タグ。
  • del - <del></del>テキストが投稿から削除されたことを意味する HTML タグ。ほとんどのブラウザでは打ち消し線として表示されます (GMT・UTC [1]ベースの投稿時からの経過時間を値に取る datetime 属性を適用できます)
  • ins - <ins></ins> テキストが投稿に挿入されたことを意味する HTML タグ。ほとんどのブラウザでは下線として表示されます (del タグと同様、datetime 属性を適用できます)。
  • ul - <ul></ul> 番号なしリストを挿入する HTML タグで、選択したテキストをリスト化することもできます。各リスト項目の行頭には中黒などの記号や、テーマによっては画像を使ったデザインがつきます。
  • ol - <ol></ol> 番号つきリストを挿入する HTML タグで、選択したテキストをリスト化することもできます。通常は、各リスト項目の行頭に数字がつきます。
  • li - <li></li> リスト項目を挿入する HTML タグで、選択したテキストをリスト項目にすることもできます。ulol タグと一緒に使います。
  • code - <code></code> テキストを HTML 出力される前の形式に戻す HTML タグ。一般的には、テキストを Courier のような等幅フォントに変換します。
  • more - <!--more--> 投稿にティーザーを入れてセクションに区切る WordPress タグ。2、3段落入力してからこのタグを間に入れると、タグ以降が残りの部分になります。ブログのホームページに行くと、初めの段落が表示され、この投稿の続きを読む »というリンク[2]があるだけだと思います。これをクリックすると、残りの部分が表示されます。
  • lookup - JavaScript ダイアログボックスを開き、そこに単語を打ち込むことで answers.com 内のオンライン辞書を検索できます。これを使ってスペルや言葉の意味を調べることができます。
  • Close Tags - HTML 開始タグを閉じます。ただし、タグを閉じるときは注意してください。WordPress には読心術は備わっていません!タグが意図した内容を適切に囲んでいるか、注意してください。

使用上の注意 - HTML を挿入してくれるクイックタグボタンを使うとき、たとえば i をクリックすることで <em> の開始タグを入力し、/i か Close Tags で終了タグを入力できます。もっと簡単な方法は、まずテキストを入力して強調(斜体に)したい部分を選択てから、i をクリックすることです。これで、ハイライトされたテキストが開始タグと終了タグで囲まれます。

クイックタグには accesskey JavaScript 属性(ショートカットキー)も含まれているので、ブラウザによってはキーボードでも同じように利用可能です(例: Alt-b押した部分が太字になる)。

Windows では、IE と Firefox 2.0b2 以前ではAlt キーがショートカットキーとして割り当てられていますが、Firefox 2.0b2 は Alt-Shift キーが割り当てられています。Mac OS X の Firefox では、Ctrl キーを使います。

詳細情報・リソース

脚注

  1. GMT はグリニッジ標準時で、UTC は世界標準時。
  2. デフォルトテーマの場合。テーマによっては、「more...」「Read more」「もっと読む」などさまざまなリンクラベルが使われている。

最新英語版: WordPress Codex » Writing Posts最新版との差分