• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

自動アップグレード対応

提供: WordPress Codex 日本語版
2010年1月8日 (金) 21:16時点におけるBono (トーク | 投稿記録)による版 (2.9注記、見出し・掲載順移動(情報はいじらず) 動作するが注意が必要: さくらを移動(パーミッション問題) 動作未確認: SourceForge.JP)

移動先: 案内検索

ページ名検討中: このページ名「自動アップグレード対応」について改名が提案されています。ご意見をお寄せください。

以下は、WordPress 2.7 から取り入れられた自動アップグレード機能のテストを行ったサーバの一覧です。この機能は、2.7 以降をインストールしている場合で、その後のバージョン (例: 2.7.1) へアップグレードをする際にのみ利用できることにご注意ください。

WordPress 2.9 以上へアップグレードするには、MySQL 4.1.2 以上が必要です

  • 当機能が動作していたサーバであっても、WordPress の動作要件を満たさないと 2.9 以降にはアップグレードできません(実行時にメッセージが表示されます)。
  • サーバによっては MySQL のアップグレードが可能な場合もあります。レンタルサーバ情報や各ホスティングサイトの案内をご確認ください。

下記に載っていないサーバの動作情報をお持ちの方は、直接記入するか、日本語フォーラムへ情報をお寄せください

記入要領:

  • リンクをつけずに書き込んでください。
  • プラン名やサーバ番号なども書き込んでください。サーバ仕様・動作が異なる場合があります。
  • 海外サーバ(海外のホスティングサービス)についての最新の動作情報は、英語版Codex にあります。下記のリストには、レンタルサーバ情報に掲載されている海外サーバのみ英語版から転載しました。他にも日本語ユーザで動作確認できた海外サーバがありましたら、下記へご記入ください。

国内サーバ

  • アイル
    • Infinito
  • エックスサーバ
    • サーバ番号 sv69 (Linux, Apache 2.0.52, PHP 4.3.9, MySQL 4.0.26)
  • お名前.com レンタルサーバー
    • 共用サーバーSD (SUN Solaris, Apache 2.2, PHP 5.2.1, MySQL 5.0.51a-log)、メールの投稿機能は利用不可
  • オーシャンインターネット
    • 飛鳥プラン
    • シンフォニアプラン
    • エリザベスプラン
    • ビクトリアプラン
  • ギガレンタルサーバー
  • Surfweb Company (Linux kernel version 2.4.32, Apache 1.3.34 (Unix), MySQL 4.1.22, PHP 4.4.6)
  • Symphonic-net.com (※事前にUTF-8でMySQLサービスを申し込んでおく必要あり)
  • チカッパ!
  • 使えるねっと
    • Linux VPS|シルバー (Linux 2.6.9, Apache 2.2.3, PHP 5.1.6, MySQL 5.0.27)
  • NEXTSPACE
    • パーソナルWEB 500プラン (FreeBSD, Server API = CGI, MySQL 5.0.41, PHP 5.2.6)、2.7 → 2.8.1ja
  • ファーストサーバ
    • ギガント2(Linux 2.6.x, Apache 1.3.37, PHP 5.2.6, MySQL 5.0.27)
    • ウルトラビジネス2 (Linux 2.6.x, Apache 1.3.37, PHP 5.2.6, MySQL 5.0.27)
  • heteml
  • ロリポップ!
  • 99円レンタルサーバー
  • @PAGES レンタルサーバ
    • www9.atpages.jp (処理時間がかかるかも)
  • CPI (KDDIコミュニケーションズ)
    • シェアードプラン X10 (FreeBSD 6.2, PHP 5.2.4/5.2.8, MySQL 5.0.45, ※要UTF-8対応)
  • KFFK SERVER
  • Mbレンタルサーバー

海外サーバ

  • Bluehost (PHP 5.2.6, MySQL 5.0.45)
  • Dreamhost
  • EOS 共用サーバー (Apache 2.2.11 (Unix)、MySQL 4.1.22-standard、PHP 5.2.8)
  • LunarPages

上記以外の海外サーバは英語版Codex を参照

その他

  • XAMPP 1.6.3、1.6.6、1.6.7 install on Windows (英語版 [1]
  • XAMPP installation on Linux (英語版 [1]

動作するが注意が必要

国内サーバ

  • アイネットディー(inetd)
    • Light プラン(PHP5.2.5、CGIモード)
      • デフォルトの設定では有効となっていないPHPライブラリ、zlib の有効化が必要(php.ini をユーザーが編集できるので、extension=zlib.so を追加する)。
      • サーバ提供の WordPress自動インストール機能を利用した際は zlib がデフォルトで有効化されるように対応されるとのこと。対応後の新規自動インストールでは問題なく動作するはず。
  • XREA、XREA+(PLUS) -- 要セーフモード対応
    • サーバー番号 s206(Apache 1.3.37、PHP 5.2.5、MySQL 5.1.11) セーフモード対応方法1、2とも動作
    • サーバー番号 s289 でもセーフモード対応方法2で確認済み (Windows 7 RC 64bit)
  • Obitastar CMS 専用高速レンタルサーバー『オリジナルレギュラープラン』 -- 措置が必要(参照
  • SAKURA レンタルサーバ(さくらのレンタルサーバ)
    • スタンダードプラン(FreeBSD 6.1-RELEASE-p23 i386, Apache 1.3.39, PHP Ver.5.2.6, MySQL 4.0.27) -- 自動アップグレード後、ファイルのパーミッションが644に変換され、一部のテーマに不具合が発生するとの報告あり。
    • プレミアム (FreeBSD 6.1-RELEASE-p23 i386, Apache 1.3.39 (Unix), PHP 5.2.8, MySQL 4.0.27)
  • ワダックス(WADAX @Next Style)
    • 共用レンタルサーバ・スタンダードプラン (Red Hat Enterprise Linux、Apache 2.0、PHP5.2.8(safe_mode off)、mysql4.1.22) -- 「接続情報」のホスト名に IPアドレスを入力(参照
      • sv54.wadax.ne.jp(211.133.134.104)、sv56.wadax.ne.jp(211.133.134.106)、sv57.wadax.ne.jp(211.133.134.107)にて動作

海外サーバ

英語版 Codex を参照。

非対応

国内サーバ

海外サーバ

英語版Codex を参照

動作未確認

  • ステップサーバー -- セーフモードのためそのままでは動作せず。方法 1(事前ディレクトリ作成)をフォーラムにて提案、未確認。
  • SourceForge.JP -- セーフモード。方法模索中

関連ページ

脚注

  1. 1.0 1.1 英語版Codex より転記したため「XAMPP 英語版」としておく。日本語版も同仕様かは未確認。