当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

自動アップグレード対応

提供: WordPress Codex 日本語版
2008年11月25日 (火) 10:40時点におけるMizuno (トーク | 投稿記録)による版 (CORESERVERを「動作するが注意が必要」に追加)

移動先: 案内検索

以下は、WordPress 2.7 から取り入れられた自動アップグレード機能のテストを行ったサーバの一覧です。この機能は 2.7 以降をインストールしている場合で、その後のバージョン (例: 2.7.1) へアップグレードをする際のみに利用できることをご注意ください。

以下の対応状況報告ページもご覧ください。

このページにサーバを追加する際は、リンクをつけずに書き込んでください。

(注)

  • プランやサーバによって仕様・動作が異なるサービスの場合、できればプラン名やサーバ番号なども書き込んでください。
  • 海外サーバ(海外のホスティングサービス)についての最新の動作情報は、英語版Codex にあります。下記のリストには、レンタルサーバ情報に掲載されている海外サーバのみ英語版から転載しました。他にも日本語ユーザで動作確認できた海外サーバがありましたら、下記へご記入ください。

0 - 9

A - Z

  • SAKURA レンタルサーバ
    • スタンダードプラン(FreeBSD 6.1-RELEASE-p23 i386, Apache 1.3.39, PHP Ver.5.2.6, MySQL 4.0.27)

あ - ん

  • ファーストサーバ
    •  ギガント2(OS:Linux 2.6.x Webserver:Apache_1.3.37 PHP:5.2.6 MySQL:5.0.27)
  • ロリポップ!
  • チカッパ!
  • heteml (注: beta 2 から beta 3 へのアップデート時、完了後の画面で左側のメニューが崩れるという報告あり。要検証)

海外サーバ

  • Bluehost (PHP 5.2.6, MySQL 5.0.45)
  • LunarPages

上記以外の海外サーバは英語版Codex を参照

動作するが注意が必要

0 - 9

A - Z

あ - ん

海外サーバ

英語版Codex を参照

非対応

0 - 9

A - Z

あ - ん

海外サーバ

英語版Codex を参照