当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

管理画面/外観/メニュー

提供: WordPress Codex 日本語版
< 管理画面‎ | 外観
2010年6月23日 (水) 10:38時点におけるMizuno (トーク | 投稿記録)による版 (カスタム投稿タイプと分類: まで翻訳)

移動先: 案内検索

このページ「管理画面/外観/メニュー」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

画像募集中 「外観 → メニュー」画面のスクリーンショットを求めています。 ファイルをアップロードするか、提供できることをお知らせください


外観 → メニュー

外観 → メニューサブパネル は、Version 3.0 から利用可能です。テーマのデフォルトメニューの代わりにカスタムメニューを使用するには、テーマの functions.php ファイル でこの機能を登録しておく必要があります。

管理パネル に戻る。


表示オプション

表示オプションで、サブパネルにどのモジュールを表示する/しないを選択可能です。表示オプションタブをクリックすると、可能なモジュールとオプションの一覧が表示されます。モジュール/オプションの横のチェックボックスをチェックするとそのモジュールを表示し、チェックを外すと表示しません。もう一度表示オプションをクリックすると、表示オプションを閉じます。

モジュールの展開、収縮、アレンジ

投稿等のモジュールは、タイトルバーをクリックして展開/収縮することができます。

加えて、これらモジュールは、移動させることができます。マウスカーソルをモジュールのタイトルバーにあて、マウスカーソルが4方向矢印(訳注:Firefox だと手の形 --Mizuno 2010年6月23日 (水) 01:38 (UTC))になったときに、マウスの左ボタンを押し、モジュールを好きな場所にドラッグし、マウスボタンを離してください(ドラッグアンドドロップ)。

メニューを作成

カスタムメニューを作成するには、+ タブをクリックして、メニューに名前をつけ、「メニューを作成」ボタンを押してください。(訳注:原文は Save Menu だが、新規の場合は、「メニューを作成」になる --Mizuno 2010年6月23日 (水) 01:38 (UTC))

注: 現在使っているテーマがメニューをサポートしていない場合、「現在のテーマはメニューに対応していませんが、“カスタムメニュー” ウィジェットを使い、ここで作成したメニューをテーマのサイドバーに追加できます。」と表示され、サイドバーにウィジェットでカスタムメニューを使用可能なことが通知されます。

複数のメニューを作成することができます。テーマが複数のメニューをサポートしている場合は、どのカスタムメニューをどれと関連付けるか選択できます。カスタムメニューは、カスタムメニューウィジェットと一緒に使うことができます。

メニューを作成すると、以下のオプションが利用可能になります。

メニューを削除 
このリンクをクリックすると、メニューを削除します。メニューアイテムも削除されます。
トップレベルのページを自動的に追加する 
このボックスをチェックすると、最上位階層のページが作成されたとき、そのページを自動的にメニューに追加します。
メニューを保存 
このボタンをクリックすると、メニューを保存します。

メニューアイテムを追加

メニューを作成したら、メニューに詳細アイテムを追加することができます。左カラムのカスタムリンク、ページ、カテゴリーからアイテムを選んで、メニューに追加してください。カスタム投稿タイプやカスタム分類を作成した場合は、それらをメニューに追加することができます。 カスタム投稿タイプやカスタム分類が表示されない場合は、表示オプションを調べて、「画面に表示」がチェックされているか確かめてください。

アイテムを追加したら、ドラッグアンドドロップで好きな順番に変更できます。アイテムをクリックすると、さらに設定オプションが表示されます。アイテムを少し右に移動させることでサブメニューとし、階層を作ることができます。アイテムを動かすと入れ子の位置に表示されます。カスタムメニューを構築したら、「メニューを保存」ボタンをクリックしてください。

メニューアイテムに、異なるナビゲーションラベルや属性を指定することができます。複数のメニューを作成することができます。テーマが複数のメニューをサポートしている場合は、どのカスタムメニューをどれと関連付けるか選択できます。カスタムメニューは、カスタムメニューウィジェットと一緒に使うことができます。

このスクリーンショットは、Home メニューアイテムの下の階層に、About メニューアイテムが表示されている例を示します。


テーマの場所

テーマの場所では、メニューの場所を定義できます。WordPress Twenty Seventeen テーマ は、1つの場所をサポートしており、'ご利用中のテーマは1個のメニューに対応しています。各位置に表示されるメニューを選んでください。 というメッセージが表示されます。

場所 
プルダウンボックスで、Primary Location 等の場所を示すメニューを選択してください。
保存 
クリックすると、場所の選択を保存します。

カスタムリンク

カスタムリンクは、他のタイプのメニューアイテムに適合しないリンクを定義することができます。

URL
カスタムリンクの URL を入力します。
ラベル
カスタムリンクの URL を説明するラベルを入力します。
メニューに追加
このボタンをクリックすると、カスタムアイテムをメニューに追加します。

メニューに追加すると、アイテムが右コラムに表示され、ラベル、カスタム、設定矢印(URL やラベルを変更したりメニューからカスタムリンクを取り除いたりするときに使用する)が表示されます。

投稿

特定の投稿へのリンクをメニューに追加することができます。最近、すべて表示、検索の3つのタブは、メニューアイテムの選択候補としてどの投稿を表示するかを指定します。

チェックボックス
アイテムの横のボックスをチェックすると、メニューに追加します。
すべて選択
全てのアイテムのチェックボックスにチェックします。もう一度クリックすると全てのチェックを外します。
メニューに追加
このボタンをクリックすると、選択したアイテムをメニューに追加します。

ページ

特定のページへのリンクをメニューに追加することができます。最近、すべて表示、検索の3つのタブは、メニューアイテムの選択候補としてどのページを表示するかを指定します。すべて表示タブでは、ホーム (実際のページではありませんが、メニューに追加可能)が表示されます。投稿セクションで説明したチェックボックス、すべて選択、メニューに追加オプションがこのモジュールでも表示されます。

カテゴリー

カテゴリーをメニューに追加することができます。最近、すべて表示、検索の3つのタブは、メニューアイテムの選択候補としてどのカテゴリーを表示するかを指定します。選択候補のカテゴリー一覧は、階層を表示しませんが、将来のバージョンでは変更されるかもしれません。投稿セクションで説明したチェックボックス、すべて選択、メニューに追加オプションがこのモジュールでも表示されます。

投稿タグ

投稿タグをメニューに追加することができます。最近、すべて表示、検索の3つのタブは、メニューアイテムの選択候補としてどの投稿タグを表示するかを指定します。投稿セクションで説明したチェックボックス、すべて選択、メニューに追加オプションがこのモジュールでも表示されます。

カスタム投稿タイプと分類

カスタム投稿タイプと分類を追加した場合、これらをメニューに追加することができます。カスタム投稿タイプと分類が表示されない場合、表示オプションでこれらのモジュールを表示するように設定しているか確認してください。各モジュールのオプションは、投稿、ページ、カテゴリー、投稿タグで使用されているものに対応しています。

Rearranging, Configuring, and Deleting Menu Items

Once an item is added to a menu, those menu items can be rearranged. Placing the mouse cursor over the menu item title, when the mouse cursor changes to 4-arrows, hold the left-mouse button down, drag the module to where you want to place it, then release the mouse button (this is called drag-and-drop). Remember you can drag a menu item slightly to the right of the menu item above it to create a hierarchy (parent/child) relationship in the menu.

Each Menu Item has a configuration arrow on the right side of the Menu Item title, that when clicked opens the configuration box. Click the arrow a second time closed the configuration box. If you don't see Link Target, CSS Classes, Link Relationship (XFN), and Description, then under Screen Options make sure those boxes are checked to expose them here.

Then configuration choices are:

Navigation Label 
The label for this particular menu item
Title Attribute 
The attribute used when displaying the label
Link Target 
Select "Same window or tab" or "New window or tab" from the pulldown.
CSS Classes 
Optional CSS Classes for this menu item
Link Relationship (XFN) 
Allows for the generation of XFN attributes automatically so you can show how you are related to the authors/owners of site to which you are linking. See Link Relationship for details.
Description 
Description for this link. The description will be displayed in the menu if the current theme supports it.
Original 
A link to the original source of the menu item (e.g. a link to view the post or page).
Remove 
Remove this menu item from the menu.
Cancel 
Cancel the configuration of the menu item and

Adding Menu Support to Themes

The WordPress Twenty Seventeen テーマ support navigation Menus. If your theme does not support the custom menu feature you can do it yourself by adding the appropriate code to your theme's function.php file. To implement Menus for a theme see:

追加情報

日本語

Changelog

  • 3.0 : New SubPanel


管理パネル に戻る。


最新英語版: WordPress Codex » Appearance Menus SubPanel最新版との差分