• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「管理画面/メディア設定」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(Embeds: 翻訳 /最新版スクリーンショット募集中)
(3.0: ファイルアップロード: 管理パネル/その他の設定 2010-03-21T14:26:53 Tai 版より「ファイルアップロード」節を転載。最新英語版との突き合わせはまだ。)
44行目: 44行目:
  
 
{{募集中||「Width」がブランクのときの埋め込み幅は、[http://bono.s206.xrea.com/2010/01/1017-wp29/#embed-shortcode ここの説明]で合っているでしょうか?}}
 
{{募集中||「Width」がブランクのときの埋め込み幅は、[http://bono.s206.xrea.com/2010/01/1017-wp29/#embed-shortcode ここの説明]で合っているでしょうか?}}
 +
 +
=== ファイルアップロード <span id="Uploading_Files"></span>===
 +
(Uploading Files)
 +
 +
投稿時のメディアアップロード処理に使われる初期設定。
 +
 +
; アップロードするファイルの保存場所
 +
: (Store uploads in this folder)
 +
: [[管理パネル]] > [[管理パネル#Posts|投稿]] > [[Posts Add New SubPanel|新規追加]]画面のアップロード機能でファイルをアップロードするフォルダ(ディレクトリ)を入力。
 +
: 初期値: <code>wp-content/uploads</code>
 +
: 初期値を使うか、自分で選んだ相対パス([[Settings General SubPanel|WordPress address (URI)]] フォルダからの [[用語集#Relative Path|相対パス]])に変更します。
 +
: ''<code>wp-content</code>'' フォルダが[[ファイルパーミッションの変更|書き換え可能]]であれば、初めて [[管理パネル]] > [[管理パネル#Posts|投稿]] > [[Posts Add New SubPanel|新規追加]] のアップロード機能を使うときに、WordPress が自動的にこのフォルダを作成します。
 +
; ファイルへの完全な URL パス
 +
: (Full URL path to files (optional))
 +
: アップロードファイルの URL を入力。これは「アップロードするファイルの保存場所」の設定が初期値の <code>wp-content/uploads</code> のままであるときは空白でかまいません。そうでない場合、ブラウザが参照するアップロードファイルのディレクトリへのフルパスを記入する必要があります。
 +
<!--
 +
This is optional only if the setting 'Store uploads in this folder' remains at its default value of wp-content/uploads. Otherwise it must include the full path to the upload file directory that a browser would see.
 +
-->
 +
; アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理
 +
: (Organize my uploads into month- and year-based folders)
 +
: アップロードファイルをアップロードした年月毎のフォルダに整理したい場合、このボックスにチェック。例えば、アップロード格納フォルダとして <code>wp-content/uploads</code> を指定した上でこのボックスにチェックを入れると、2009年2月にアップロードしたファイルは <code>wp-content/uploads/2009/02</code> フォルダの中に入ります。
 +
: 注: ''<code>wp-content</code>'' フォルダが[[ファイルパーミッションの変更|書き換え可能]]であれば、実際のアップロード時に <code>wp-content/uploads/2009</code> や <code>wp-content/uploads/2009/02</code> といったフォルダが自動的に作られます。ただし、'''PHP がセーフモードで動作している場合'''は、[[セーフモードによる制限と対処方法|あらかじめ作成しておく等の処置]]が必要です。
 +
: 初期値:
 +
:* セーフモード以外の場合: チェック(年月ベースのディレクトリへアップロード)
 +
:* セーフモードの場合: チェックなし(「アップロードするファイルの保存場所」へアップロード)
  
 
=== 変更を保存 <span id="Save_Changes"></span>===
 
=== 変更を保存 <span id="Save_Changes"></span>===
52行目: 77行目:
  
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
 +
 +
管理パネル全体の変更点は[[管理パネル#変更履歴|管理パネル]]をご覧ください。
 +
 +
* [[Version 3.0|3.0]] : 「ファイルアップロード」設定が[[管理パネル/その他の設定|その他の設定]]画面から当画面に移動しました。
 
* [[Version 2.9|2.9]] : 「[[#Embeds|Embeds]]」設定が追加されました。
 
* [[Version 2.9|2.9]] : 「[[#Embeds|Embeds]]」設定が追加されました。
 
* [[Version 2.7|2.7]] : 新規画面
 
* [[Version 2.7|2.7]] : 新規画面
63行目: 92行目:
 
[[Category:wp2.7]]
 
[[Category:wp2.7]]
 
[[Category:wp2.9]]
 
[[Category:wp2.9]]
 +
[[Category:wp3.0]]
  
 
[[en:Settings Media SubPanel]]
 
[[en:Settings Media SubPanel]]

2010年9月4日 (土) 05:44時点における版

このページ「管理画面/メディア設定」は一部未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

画像募集中 WordPress 日本語版 5.3 のスクリーンショットを撮って ファイルをアップロードするか、提供できることをお知らせください


設定 → メディア

メディア設定サブパネルでは、投稿ページに挿入する画像・メディアファイルに関する各種設定を行ないます。

Settings Media SubPanel

メディア設定

画像サイズ

下記の各サイズについて、投稿本文に挿入するときに使う画像の最大寸法(単位 ピクセル)を決めます。

サムネイルサイズ
(Thumbnail size)
(Width)および 高さ(Height)を入力
  • サムネイルを実寸法にトリミングする (通常は相対的な縮小によりサムネイルを作ります)(Crop thumbnail to exact dimensions (normally thumbnails are proportional) - チェックボックス
中サイズ
(Medium size)
幅の上限(Max Width)および高さの上限(Max Height)を入力
大サイズ
(Large size)
幅の上限(Max Width)および高さの上限(Max Height)を入力

(参考)

Embeds

Embeds 機能を使うと、とても簡単に、動画・画像・その他のコンテンツを WordPress サイトに埋め込めます。投稿やページに埋め込むには、本文欄にそのメディアの URL を書くだけです。その行は URL のみとし、ハイパーリンク(投稿表示時にクリックできる)にしないよう注意。

  • Auto-embeds - Attempt to automatically embed all plain text URLs - チェックボックス
  • Maximum embed size - WidthHeight を入力。 「Width」を空欄のままにしておくと、使っているテーマの最大幅が初期値となります。

情報募集中 「Width」がブランクのときの埋め込み幅は、ここの説明で合っているでしょうか? 該当部分を編集するか、このページのノートまたはフォーラム等で教えてください。


ファイルアップロード

(Uploading Files)

投稿時のメディアアップロード処理に使われる初期設定。

アップロードするファイルの保存場所
(Store uploads in this folder)
管理パネル > 投稿 > 新規追加画面のアップロード機能でファイルをアップロードするフォルダ(ディレクトリ)を入力。
初期値: wp-content/uploads
初期値を使うか、自分で選んだ相対パス(WordPress address (URI) フォルダからの 相対パス)に変更します。
wp-content フォルダが書き換え可能であれば、初めて 管理パネル > 投稿 > 新規追加 のアップロード機能を使うときに、WordPress が自動的にこのフォルダを作成します。
ファイルへの完全な URL パス
(Full URL path to files (optional))
アップロードファイルの URL を入力。これは「アップロードするファイルの保存場所」の設定が初期値の wp-content/uploads のままであるときは空白でかまいません。そうでない場合、ブラウザが参照するアップロードファイルのディレクトリへのフルパスを記入する必要があります。
アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理
(Organize my uploads into month- and year-based folders)
アップロードファイルをアップロードした年月毎のフォルダに整理したい場合、このボックスにチェック。例えば、アップロード格納フォルダとして wp-content/uploads を指定した上でこのボックスにチェックを入れると、2009年2月にアップロードしたファイルは wp-content/uploads/2009/02 フォルダの中に入ります。
注: wp-content フォルダが書き換え可能であれば、実際のアップロード時に wp-content/uploads/2009wp-content/uploads/2009/02 といったフォルダが自動的に作られます。ただし、PHP がセーフモードで動作している場合は、あらかじめ作成しておく等の処置が必要です。
初期値:
  • セーフモード以外の場合: チェック(年月ベースのディレクトリへアップロード)
  • セーフモードの場合: チェックなし(「アップロードするファイルの保存場所」へアップロード)

変更を保存

変更を保存 ボタンをクリックすると、この画面で行なった設定変更がデータベースに保存されます。ボタンをクリックするとすぐに、設定を保存した旨の確認メッセージがページの上部に表示されます。


管理パネルに戻る

変更履歴

管理パネル全体の変更点は管理パネルをご覧ください。

  • 3.0 : 「ファイルアップロード」設定がその他の設定画面から当画面に移動しました。
  • 2.9 : 「Embeds」設定が追加されました。
  • 2.7 : 新規画面

最新英語版: WordPress Codex » Settings Media SubPanel最新版との差分

警告: 既定のソートキー「かんりはねるせつていめていあ」が、その前に書かれている既定のソートキー「かんりかめん」を上書きしています。