• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

日本語で WordPress

提供: WordPress Codex 日本語版
2015年7月20日 (月) 07:19時点におけるMiccweb (トーク | 投稿記録)による版 (パッケージ選択のヒント)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

安定版ダウンロード

WordPress の最新の安定版は、バージョン 4.9 です。バージョン 2.0.x 系は、開発チームがセキュリティ修正等のメンテナンス対応を終了したため、利用は推奨されていません(ブログ記事の翻訳)。

WordPress ME は開発元(WordPress Japan)が閉鎖されましたが、ME 2.0.x 系のサポートについても、2010年10月10日まで有志によるサポートプロジェクトは終了しました。

最新版

ME

2010年10月10日にサポート終了


WordPress での日本語の扱い

WordPress は、オリジナル版(俗にいう「本家版」)のままでも日本語データを扱えます。例えば、サイト名、投稿タイトル・本文、カテゴリ名、ブログロール(リンク集)などに日本語で入力すれば、それらは正常に webサイトに表示されます。

しかしながら、WordPress のインタフェースは、デフォルトでは英語です。管理パネルや、webページに表示するナビゲーション・メッセージ、通知メールなどがそうです。(オリジナル版のスクリーンショットデモサイトで確認できます。)

また、開発が英語圏で行なわれているため、単語間がホワイトスペースで区切られることを前提としている等、アジア圏の言語などの取り扱いに一部不具合があります(詳しくは 日本語・マルチバイト特有の問題 をご覧ください)。

WordPress の日本語化

WordPress のインタフェースを日本語表示にするには、日本語用の言語ファイル(日本語化ファイル)を追加します。日本語化ファイルは、有志によるボランティアによって作成・提供されています。また、本体と日本語化ファイル等をセットにしたパッケージも配布されています。これには、日本語化ファイルだけでは翻訳できない箇所の修正や、本体の日本語不具合対応などが取り込まれています。

現在一般公開されている日本語向けパッケージは、言語ファイル単独も含めると、大きく分けて 3種類あります。WordPress 本体が バージョン 4.9 系 と 2.0.x 系の 2系統あるので、それに合わせて、各種日本語向けパッケージも両系統が存在します。

各パッケージの比較:

本家用日本語リソース

設置済みの WordPress(オリジナル英語版)を日本語化するためのものです。

(注)

  • 使用する日本語化ファイルのバージョンは、WordPress 本体のバージョンと合わせてください。旧バージョン用の日本語化ファイルを使うと、英語表記が残ってしまいます(翻訳対象の英語文字列が一致しないため)
  • ME に同梱されている日本語化ファイルとは訳し方が異なります。

WordPress 日本語版

(旧名「日本語リソース入り WordPress」)

WordPress(オリジナル版)+日本語リソース+その他和訳・日本語向け初期設定等を施したパッケージ。バージョンによってパッケージに含まれる内容が異なりますので、日本語版のリリースアナウンスをお読みください。

オリジナル版からの変更点:

WordPress ME

WordPress Japan(Otsukareさん)により開発・配布されていたパッケージですが、2008年3月末にサイトが閉鎖されました。 (注)新規インストールは非推奨です

  • 内容: 日本語・多言語向け改良版 WordPress +日本語化ファイル+自動インストーラ付き
  • 配布元: ME 2.0.x サポートプロジェクト
  • 作成者: Yurikoさんほかサポートプロジェクト有志
  • バージョン(文字コード): 2.0.x 系(UTF-8、EUC-JP、Shift_JIS)
  • インストール方法:
  • アップグレード方法:

パッケージ選択のヒント

どなたにもおすすめできるパッケージは、常に開発・メンテナンスが行なわれている「WordPress 4.9」系(オリジナル版)または「WordPress 日本語版 4.9」系です。 新規に設置する場合には、最新版のサーバー要件を満たすようにしましょう。


関連ページ

一般ユーザ向け:

開発・翻訳者向け:


警告: 既定のソートキー「にほんこてWordPress」が、その前に書かれている既定のソートキー「さいしんはあしよん」を上書きしています。