• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「レンタルサーバー情報」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(100%GPL互換でないテーマ作者を宣伝している業者を削除しました)
(め組サーバ を 網元 に変更)
218行目: 218行目:
 
** [http://www.fsv.jp/function/etc/oss.html OSS簡単インストール機能] - 管理画面から WordPress をインストールできる。
 
** [http://www.fsv.jp/function/etc/oss.html OSS簡単インストール機能] - 管理画面から WordPress をインストールできる。
  
== め組サーバ ==
+
== 網元 ==
  
* 公式サイト: [http://www.megumi-server.net/ め組サーバ|WordPress専用 ホスティング]
+
* 公式サイト: [http://ja.megumi-cloud.com/ AWS + Nginx + WordPress - 超高速 WordPress AMI 網元]
* サーバ環境: [http://www.megumi-server.net/plan/details/ め組サーバ|プランと価格]
+
 
* 制限・注意事項等:  
 
* 制限・注意事項等:  
** ビジネス用プランでは1契約につき1ドメインのみの利用となる。
+
** [http://ja.megumi-cloud.com/ami-list/ AMI セルフホスティングプラン] はユーザーがAWSアカウントを取得後、自分でサーバを管理
 +
** [http://ja.megumi-cloud.com/hosting/ 網元マネージドホスティングプラン] は月額固定料金のホスティング
  
 
== オーシャンインターネット ==
 
== オーシャンインターネット ==

2014年9月10日 (水) 01:29時点における版

WordPress を設置するには PHP・MySQL が使えるサーバスペースが必要ですが、レンタルサーバ(ホスティングプロバイダ)によって特徴・制約などがあります。 このページでは、WordPress 稼動実績のある各サービスについて、WordPress の設置・運用に役立ちそうな情報をまとめていきます。

バージョン 2.9 以上で MySQL 4.1.2 以下のデータベースのためアップグレードできないというエラーが出る場合は、MySQL 5 へ移行するオプションがあるか探してみるとよいでしょう。マニュアルが用意されているところは、以下にリンクしています。

プラグインによっては PHP 5 が必須のものもあります。当サイト内の PHP 5への移行についての記事をご覧ください。

  • 掲載されているサービスをお勧めするものではありません。また、情報が古くなったり、誤った情報が掲載される可能性もありえます。掲載情報のサイト管理者による検証・定期更新などは行っていません。
  • サーバの選定は、ご自身の判断でお決めください。大切な自分のサイト・データを預ける場所です。公式サイトの確認や、実際の利用者が発信している情報などを参考にしたり、試用期間を活用するのもよいでしょう。
  • 情報を書き込まれる方へ: 宣伝色の強い内容に関しては修正または削除させていただく場合もございますのでご了承ください。

その他のサーバ別情報:


国内サーバ

レオサーバー

プラスアルファレンタルサーバー

ディスク容量無制限レンタルサーバーの無限(MUGEN)

  • 公式サイト: ディスク容量無制限レンタルサーバーの無限(MUGEN)
  • サーバ環境: レンタルサーバー無限の機能一覧
    • PHP 5
    • MySQL: 5無制限
    • SFTP 利用可能。ファイルマネージャーも利用可能。ファイルマネージャーからzip形式のファイルをアップし、抽出(解凍)で解凍出来る。
    • コントロールパネルのサイトソフトウェアからDB作成~インストールまでを簡単に行う事が出来る。ただし英語版。
  • 注意事項
    • データベースを作成する際は、DBユーザーとDB名を作成後、それらを紐付ける作業が必要。データベースウィザードから作成すると自動でやってくれる
  • 参考リンク

さくらのレンタルサーバ

ライトプランは PHP・MySQL が使えないため、WordPress は設置できない。よって以下の情報はそれ以外のプランについてのみ。

  • 公式サイト: SAKURA Internet » さくらのレンタルサーバ
  • サーバ環境: さくらのレンタルサーバ - 機能一覧
    • PHP 4 または 5(標準は 5)
    • MySQL 4 または 5
    • SSH、Cron、SFTP、共有 SSL 利用可能
  • 制限・注意事項等:
    • コントロールパネル上で MySQL 4 か 5 を選択できる。
    • ビジネスプロプラン以外では PHP は CGI モード。また、 PHP 4 ではモジュールモード不可
    • プランによって PHP のモードが異なり、サーバ上のディレクトリ・ファイルに設定すべきパーミッションの値も異なる。
    • wp-config.phpDB_HOST の値は 'localhost' ではなく、mysqlnn.db.sakura.ne.jpnn は数字)。
    • 商用可。再販、アダルトサイト不可。
    • 稀に「index.php」が「インデックスファイル」として登録されていないサーバーがあるので、管理ツール画面の「ファイルマネージャー」でインデックスファイルとするファイルの一覧に「index.php」を追加する必要がある。「/」「/wp-admin/」などで「403 Forbidden」が出る場合は、設定が必要。設定場所は、ファイルマネージャーでアクセス制限をするを参考

ロリポップ!レンタルサーバー

CORESERVER.JP

  • 公式サイト: CORESERVER.JP:コアサーバー
  • サーバ環境:
  • 制限・注意事項等:
    • FTP経由等のファイルアップロードでインストールする場合は、wp-config.php への書き込みが apache起動ユーザーで実行されるので、FTPユーザーとwp-config.phpを書き込むユーザーが異なるので書き込むディレクトリの権限を777にして置く必要有り
    • ワンクリックアップグレードには要セーフモード対応
    • WordPress の簡単インストール機能があるようだが、バージョンは不明。サポートが終了しており非推奨となっている WordPress ME であるという情報があるため、注意が必要。2009年にスタートした COREBLOG(別途料金が必要)は最新版?

heteml

XREA

無料版・XREA+ 共通情報

  • 関連ツール:
    • SVN: サーバ番号による。
    • phpMyAdmin: 管理画面からワンクリックインストールできる。
    • データベースのバックアップ: XREA 管理画面にてワンクリック保存、phpMyAdmin でのエクスポートなどが可能

制限・注意事項等:

無料版の制限・注意事項

アカウント名
アカウント取得時、アカウント名に「-」(ハイフン)を使わないこと。無料版ではアカウント名=DB 名であり、ハイフン入りの DB は作成できないため。
広告表示義務と WordPress
通常の広告自動挿入では WordPress の動作に問題が生じるため、.htaccess で自動広告を切り、使用するテーマのテンプレートファイル(header.php など)に広告コードを挿入する。
アカウント取得後のサーバの移動不可
移動できるのは XREA+。


チカッパ!レンタルサーバー(サービス終了)


以下情報は残します。

ファーストサーバ

エイブルネット(ABLENET)

  • 公式サイト: ABLENET
  • サーバ環境: サーバー環境
  • PHP 4 または 5
  • MySQL 4 または 5
  • 制限・注意事項等:
    • 「Petit(プチ)」プランは MySQL、PHP が利用不可のため、WordPress の設置はできない。
    • 収容サーバーによって PHP・MySQL のバージョンが異なる場合がある。
  • その他:

網元

オーシャンインターネット

メディアウォーズ(MEDIAWARS)

エックスサーバー(Xserver)

シックスコア(sixcore)

ハッスルサーバー

ギガーン

livedoor レンタルサーバ

FC2レンタルサーバーLite

使えるねっと

美ら海レンタルサーバー

フューチャースピリッツ

  • 公式サイト: フューチャースピリッツ
  • サーバ環境: Future Web2(共用サーバー。WordPress は plan1 以上で対応)
    • CentOS5
    • PHP(バージョンは安定推奨版)
    • MySQL(バージョンは安定推奨版)- DB は無料で最大5個、それ以上は有料
    • phpMyAdmin、SSL 利用可、SSH 不可。
    • ドメインは1個、サブドメインは10個まで。

スピーバー(Speever)

  • 公式サイト: スピーバー
  • サーバ環境:
    • 共用サーバー(SSプラン)
      • PHP  :5.2.x
      • MySQL :5.0.x
    • 仮想専用サーバー(VS Pleskプラン)
      • PHP  :5.3.x 対応
      • MySQL :5.0.x
  • 参考リンク

カゴヤ・ジャパン

OCN ホスティング

WADAX

ExpressWeb

  • 公式サイト: ExpressWeb
  • WordPress クイックインストールオプションのある Windows サーバー。
  • サーバ環境
    • サービス > 機能・料金
    • Microsoft Windows Server 2008
    • MySQL 5
    • SSL 複数ドメイン利用可能
    • Web Platform Installer を使った「WordPress かんたんインストール」が用意されている
    • 自前でインストールする場合は、事前にwp-config.phpを作成していないと内部サーバーエラーとなる
  • 参考リンク


freeweb フリーウェブ

WISNET わいずねっと

  • 公式サイト: [1]
  • WordPressを自力でインストールできない場合は無料インストールサービス有
  • サーバ環境
    • MySQL 5
    • PHP 5.3
    • SSH利用可能
  • 参考リンク

Just-Size.Networks

海外サーバ

BlueHost

DreamHost

Exclusive Hosting

  • 公式サイト: Exclusive Hosting
  • サーバ環境:
    • Linux
    • PHP 4、5、6(ただし、6系に関してはあくまでもテスト目的に限り利用するべきだとの注意書きあり)
    • MySQL 5
  • その他:
    • サーバー設置場所がイギリスとアメリカの二カ所にあり、契約時にどちらにするか選べる(本社はイギリス)。
    • 24時間年中無休のサポートがあり、メール・電話での問い合わせが可能。メールの問い合わせに対しては原則1時間以内に返信がある。
    • ワンクリックインストール利用可能
    • MySQL データベースのサーバーが supremecenterXXX.com であることに注意。

Laughing Squid

lunarpages

  • 公式サイト: lunarpages.com
  • サーバ環境:
    • UNIX
    • PHP 4 または 5 (コントロールパネルで選べる)
    • MySQL 5
  • その他:
    • lunarpages.co.ukもあり支払いが GBP 建てになるが、データセンターの場所はアメリカとのこと。

Media Temple

  • 公式サイト: (mt) Media Temple
  • サーバ環境:
    • PHP 4 または 5
    • MySQL 5
  • その他:
    • WordPress + (mt) - 各プランでワンクリックインストーラーが利用可能。

West Hosting

  • 公式サイト: WestHost Inc.
  • サーバ環境:
    • PHP 4 または 5
    • MySQL 4 または 5
  • その他:
    • 「上記の情報はサポートとチャットして取得」「サポートの質はそこそこ良さそうな印象」とのこと。
  • 参考リンク:

関連ページ