• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「メールによるブログ投稿」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(テーブルの見出しを壊していたのを修正)
(言語間リンク・カテゴリを追加/本体機能は現在も使えないか?理由について情報求む)
1行目: 1行目:
WordPress は、ブログ投稿にメールを使うように設定できます。しかし、バージョン 2.5.1 以前では、日本語に対応していないため、使うことができません。有志により、以下のプラグイン・外部ツールが提供されており、これらを利用することをおすすめします。
+
{{Notice|情報求む|2.7 現在も本体機能は使えないか/使えない理由について。|ノート:管理パネル/投稿設定|電子メールによる投稿設定の使用可否}}
 +
 
 +
WordPress は、[[Settings Writing SubPanel#Post via e-mail|ブログ投稿にメールを使うように設定]]できます。しかし、バージョン 2.5.1 以前では、日本語に対応していないため、使うことができません。有志により、以下のプラグイン・外部ツールが提供されており、これらを利用することをおすすめします。
  
 
* [http://wppluginsj.sourceforge.jp/ktai_entry/ Ktai Entry]
 
* [http://wppluginsj.sourceforge.jp/ktai_entry/ Ktai Entry]
204行目: 206行目:
 
* ※8: テンプレートは1種類のみで、管理パネルで編集可能。
 
* ※8: テンプレートは1種類のみで、管理パネルで編集可能。
 
* ※9: 設定ファイルまたはスクリプト自体の編集で、出力フォーマットの各パーツを変更できる。
 
* ※9: 設定ファイルまたはスクリプト自体の編集で、出力フォーマットの各パーツを変更できる。
 +
 +
[[Category:投稿]]
 +
[[Category:プラグイン]]
 +
 +
[[en:Post to your blog using email]]

2009年2月5日 (木) 23:09時点における版

情報求む: 2.7 現在も本体機能は使えないか/使えない理由について。ノート:管理パネル/投稿設定をご覧ください。

WordPress は、ブログ投稿にメールを使うように設定できます。しかし、バージョン 2.5.1 以前では、日本語に対応していないため、使うことができません。有志により、以下のプラグイン・外部ツールが提供されており、これらを利用することをおすすめします。

wp-shot および wp-mta は開発が終了し、両者を統合して Ktai Entry プラグインとなっています。参考のため機能比較表には掲載します。

SOMY Mobile Gate というツールもありますが、これは開発が終了しており、WordPress 2.3 以降に対応していません。自身でコードを修正できる人でない限り、使うべきではありません。

機能比較

機能比較表
Ktai Entry wp-mta wp-shot MobG 1.0.x MobG 0.6.x wp-mb_mail wpmob wpmobExpress
メール送信後に投稿処理が不要 ●※1 ●※1 △※2 -※3 ●※1
管理パネルで設定可
絵文字投稿 ●※4
許可アドレスの指定 (U: 登録ユーザー/F: 設定ファイル) U※5 U U U, F U, F U F F
不許可アドレスからのメール 残す/返送 返送 残す 削除 削除 削除 残す 残す
APOP 対応 (対象外) △※6
SSL 対応 (対象外)
複数カテゴリーの指定
キーワードタグの付与
公開ステータスの指定
投稿日時の指定 ●※7
投稿スラッグの任意指定
画像はメディアライブラリに登録
画像は uploads ディレクトリーに保存
画像の回転
出力テンプレートに対応 △※8 △※9 △※9 △※9
制約など PHP5 専用 主に自宅サーバー向け WP 2.5 以降専用
  • ※1: POP3 アクセスは、誰かがサイト閲覧したのをトリガーに行う。
  • ※2: サーバーで cron 設定が必要。
  • ※3: 別配布の STDIN 版では対応。
  • ※4: au, ウィルコム, ドコモ、ソフトバンクのみ対応。
  • ※5: my-hacks.php でフィルター関数を書けば、登録ユーザー以外のアドレス追加が可能。
  • ※6: ソースコードの微修正が必要。
  • ※7: 添付写真の EXIF 日付を投稿日時とする指定も可能。
  • ※8: テンプレートは1種類のみで、管理パネルで編集可能。
  • ※9: 設定ファイルまたはスクリプト自体の編集で、出力フォーマットの各パーツを変更できる。