• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「プラグイン API/アクションフック一覧/quick edit custom box」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(説明)
6行目: 6行目:
 
カスタム列は manage_edit-${post_type}_columns フィルタで追加されます。
 
カスタム列は manage_edit-${post_type}_columns フィルタで追加されます。
 
カスタム入力からデータを保存するには、save_post アクションをフックします。
 
カスタム入力からデータを保存するには、save_post アクションをフックします。
 +
 +
==使い方==
 +
 +
<pre><?php add_action( 'quick_edit_custom_box', 'function_name' ); ?>
 +
 +
"function_name" は呼び出される関数名です。
 +
 +
==パラメータ==
 +
 +
登録されたアクション関数には、以下のパラメータが渡されます。
 +
 +
{{Parameter|$column_name|文字列|編集する列の名前}}
 +
 +
<div id="Return_Values">
 +
 +
初期値: なし
 +
 +
{{Parameter|$post_type|文字列|投稿タイプ}}
 +
 +
(文字列) (必須)
 +
初期値: なし
 +
 +
アクション関数は、ポストIDもカラムの既存値も渡されないことに注意してください。

2017年2月15日 (水) 19:48時点における版

説明

quick_edit_custom_box は、クイック編集時にプラグインが、カスタム列用の入力項目を出力するアクションです。 この操作は、各カスタム列に対して1度呼ばれます。

カスタム列は manage_edit-${post_type}_columns フィルタで追加されます。 カスタム入力からデータを保存するには、save_post アクションをフックします。

使い方

<?php add_action( 'quick_edit_custom_box', 'function_name' ); ?>

"function_name" は呼び出される関数名です。

==パラメータ==

登録されたアクション関数には、以下のパラメータが渡されます。

{{Parameter|$column_name|文字列|編集する列の名前}}

<div id="Return_Values">

初期値: なし

{{Parameter|$post_type|文字列|投稿タイプ}}

(文字列) (必須) 
初期値: なし

アクション関数は、ポストIDもカラムの既存値も渡されないことに注意してください。