• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

プラグイン:BackUpWordPress

提供: WordPress Codex 日本語版
2010年1月23日 (土) 08:20時点におけるBono (トーク | 投稿記録)による版 (概要、配布URL、リンク追加等/情報募集中テンプレを貼ってみます。)

移動先: 案内検索
このページ「BackUpWordPress」はまだ書きかけで、情報が不足しています。続きを書いて WordPress を手助けしましょう.


プラグインの概要

BackUpWordPress は WordPress webサイト用のバックアップ&リカバリソフトウェアです。このプラグインを使うと、データベースおよび WordPress ファイル一式のバックアップを取得でき、豊富なオプションも付属しています。

配布元

問題点: 複数回バックアップ実行

BackUpWordPressは使用を開始するとDBに設定値を書き込みます。 その際 wp_optionsテーブルのcronの中にも設定を書き込みますが、アンインストールしても適切に削除されません。 また、再インストールするとcronの設定に追記します。そのため1日複数回BackUpを行ったりします。

対処方法

現状ではcronの中身を直接書き換えるしかありません。 cronの中身は、配列を文字列として扱えるようにserializeされたものなので、一旦unserializeをかけて、配列に戻し、不要な配列を削除後、再度serializeをかけたものを、phpMyAdminから更新してあげれば直ります。(jim912さん)

簡単なPHPファイルを作成しunserializeする例:

<?php
$str = 'phpMyAdminからコピーした内容';
$unserializeObj = unserialize($str);
echo "<pre>";
print_r($unserializeObj);
echo "</pre>";
?>

情報募集中 次の情報を求めています。 協力できることがあれば、該当部分を編集するか、日本語フォーラム » プラグインの設定の削除方法で教えてください。

DBに格納されているcronデータの例、unserialize後データ、削除する箇所、DBへの戻し方、など