• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

プラグインの管理

提供: WordPress Codex 日本語版
2008年10月11日 (土) 20:16時点におけるLily (トーク | 投稿記録)による版 (プラグインを作る: プラグインの作成へのリンク修正)

移動先: 案内検索

このページ「プラグインの管理」は 情報が古くなっている可能性があります。最新版英語)も合わせてご覧ください。最新に更新してくださる協力者を求めています

プラグイン とは、WordPressの基本機能に追加できる拡張機能のことです。ほとんどのプラグインは、WordPress自体のファイルやテンプレートに変更を加えることなく利用できるスタンドアロンファイルになっています。テンプレート内で使える関数やテンプレートタグを追加するプラグインもあります。プラグイン機能は、バージョン1.2から追加されました。

利用できるプラグイン

プラグイン一覧およびそれぞれのプラグインの情報については、プラグインのページを参照してください。

プラグインのインストール

多くのプラグインは、ドラッグ&ドロップで正しい位置に置いてあげるだけで使えるようになっています。以下はそういったタイプのプラグインの基本的な使い方です。さらに別のステップが必要なものもありますので、プラグイン同梱の説明書も必ず読むようにしましょう。

  1. プラグインを wp-content/plugins ディレクトリにアップロード/en または移動する。
  2. WordPressの管理画面にログインする。
  3. 管理メニューから、「プラグイン」をクリックする。
  4. プラグイン管理画面で該当するプラグインを見つけて、有効化(Activate)をクリックする。

WordPressをアップグレードするときの注意

念のため、WordPressを新しいバージョンにアップグレードする前には全てのプラグインを無効化(Deactivate)しておきましょう。アップグレードが完了したら、プラグインをひとつずつ有効化していってください。WordPressのバージョンアップに伴って、使えなくなってしまうプラグインもあるかもしれません。もしプラグインを有効化した後に何らかの問題が起きた場合、新しいバージョンがないかプラグインのサポートサイトで探してみましょう。

プラグインの管理

プラグインの管理には、WordPress管理画面のプラグインページを使います。ここに表示されているプラグインは全て、 wp-content/plugins ディレクトリにあります。ここにはプラグインの簡単な説明と、作成者名、サポートサイト、バージョンが表示されます。

プラグイン 
プラグインの名前とサポートサイト(もしあれば)へのリンク。現在有効化されているプラグインは、太字で表示される。。
バージョン 
プラグインのバージョン。
著者 
プラグイン作成者の名前と作成者のサイト(あれば)へのリンク。
概要 
作成者による、プラグインがどんなことをするかの説明。
アクション 
プラグインを有効化・無効化する

有効化・無効化

WordPressコードやテンプレートファイルの変更が必要なプラグインでは、プラグインを有効化・無効化するたびにコードやファイルを修正したり元に戻したりしなくてはならないでしょう。そうしないと、エラーになってしまうこともあります。

プラグインを作る

私たち開発者は、プラグインのフレームワークを作るにあたって、できるだけ分かりやすく、使いやすくするよう心がけました。プラグイン開発に関する情報については、プラグインの作成か、プラグイン API のページへ。

最新英語版: WordPress Codex » Managing Plugins最新版との差分