• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「プラグインの管理」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(翻訳済み、div は付けていない、画像が未更新)
(3.0 Category:UI Link用に id を追加、リンク切れ修正/要更新)
1行目: 1行目:
 +
{{Old}}
 
{{CheckTrans}}
 
{{CheckTrans}}
 
__TOC__
 
__TOC__
7行目: 8行目:
 
WordPress プラグインは、ボランティアによって設計され、公開されています。下記ソースにリストされているプラグインは、しっかりとテストされ、安全と判断されています。しかし、プラグインは作成者と利用者の責任であることを覚えておいてください。WordPress が成長するように、プラグインも発展途上なのです。
 
WordPress プラグインは、ボランティアによって設計され、公開されています。下記ソースにリストされているプラグインは、しっかりとテストされ、安全と判断されています。しかし、プラグインは作成者と利用者の責任であることを覚えておいてください。WordPress が成長するように、プラグインも発展途上なのです。
  
独自のプラグインを開発したい場合は、[[プラグインリソース]]の詳細なリストを参照してください。
+
独自のプラグインを開発したい場合は、[[Plugin Resources|プラグイン資料]]の詳細なリストを参照してください。
  
 
==プラグインを探す<!--Finding Plugins-->==
 
==プラグインを探す<!--Finding Plugins-->==
14行目: 15行目:
  
 
==プラグインの互換性<!--Plugin Compatibility-->==
 
==プラグインの互換性<!--Plugin Compatibility-->==
[[プラグインの互換性|WordPress Plugin Compatibility]]は、様々な WordPress のバージョンとプラグインの互換性を示しています。
+
[[Plugins/Plugin Compatibility|WordPress Plugin Compatibility]]/[[:en:Plugins/Plugin Compatibility|en]]は、様々な WordPress のバージョンとプラグインの互換性を示しています。
  
 
==プラグインのインストール<!--Installing Plugins-->==
 
==プラグインのインストール<!--Installing Plugins-->==
32行目: 33行目:
 
; まめにバックアップする。:いくつかのプラグインは、ブログ記事/ファイルに影響せず、ページに追加するだけです。記事/ファイルを変更するプラグイン、データベースを変更するプラグインもあります。大きい変更を行うプラグインをインストールする前には、必ずデータベースとファイルをバックアップしてください。
 
; まめにバックアップする。:いくつかのプラグインは、ブログ記事/ファイルに影響せず、ページに追加するだけです。記事/ファイルを変更するプラグイン、データベースを変更するプラグインもあります。大きい変更を行うプラグインをインストールする前には、必ずデータベースとファイルをバックアップしてください。
  
現在利用できる WordPress のバージョンはいくつかあり、プラグイン毎に利用できるバージョンが異なります。プラグインの情報を良く読んで、あなたの WP のバージョンで動作するかどうかを確認するか、[[:en:Plugins/Plugin_Compatibility]] を参照してください。対応していない場合は、[[WordPress_のアップグレード|アップグレード]]を検討してください。
+
現在利用できる WordPress のバージョンはいくつかあり、プラグイン毎に利用できるバージョンが異なります。プラグインの情報を良く読んで、あなたの WP のバージョンで動作するかどうかを確認するか、[[Plugins/Plugin_Compatibility]]/[[:en:Plugins/Plugin_Compatibility|en]] を参照してください。対応していない場合は、[[WordPress_のアップグレード|アップグレード]]を検討してください。
  
 
===プラグインの手動インストール<!--Manual Plugin Installation-->===
 
===プラグインの手動インストール<!--Manual Plugin Installation-->===
79行目: 80行目:
  
 
# プラグイン作成者の指示に厳密に従っているかどうか確認する。
 
# プラグイン作成者の指示に厳密に従っているかどうか確認する。
# Check that any plugin tags or usage within your [[テンプレート|テンプレートファイル]]でのタグ、タグの使い方が正しいか、スペルが正しいか、適切な場所にあるか([[:en:The_Loop|WordPress ループ]]の中か外か)を確認する。
+
# Check that any plugin tags or usage within your [[テンプレート|テンプレートファイル]]でのタグ、タグの使い方が正しいか、スペルが正しいか、適切な場所にあるか([[The_Loop|WordPress ループ]]の中か外か)を確認する。
 
# ファイルを <tt>wp-content</tt> 内のプラグインフォルダにアップロードしたかチェックする。古いバージョンを新しいバージョンに置き換える場合は、古いバージョンを削除してから新しいバージョンをアップロードする。
 
# ファイルを <tt>wp-content</tt> 内のプラグインフォルダにアップロードしたかチェックする。古いバージョンを新しいバージョンに置き換える場合は、古いバージョンを削除してから新しいバージョンをアップロードする。
 
# 管理パネルの[[管理パネル#Plugins_-_Add_Functionality_to_your_Blog|プラグインパネル]]でプラグインが有効になっているかどうかチェックする。
 
# 管理パネルの[[管理パネル#Plugins_-_Add_Functionality_to_your_Blog|プラグインパネル]]でプラグインが有効になっているかどうかチェックする。
95行目: 96行目:
 
プラグイン作成者の多くは新しいバージョンに対応するようにプラグインをアップグレードします。アップグレードしない作成者もおり、そのようなプラグインは WordPress の進歩についていけない時代遅れのものになります。
 
プラグイン作成者の多くは新しいバージョンに対応するようにプラグインをアップグレードします。アップグレードしない作成者もおり、そのようなプラグインは WordPress の進歩についていけない時代遅れのものになります。
  
==プラグインの管理<!--Plugin Management-->==
+
==プラグインの管理 <span id="Plugin_Management"></span> ==<!-- UI Link: 管理パネルから直リンク -->
  
 
プラグインは、WordPress の[[管理パネル]] [[管理パネル#Plugins_-_Add_Functionality_to_your_Blog|プラグイン]]パネルで管理します。この画面にリストされるプラグインはすべて <tt>wp-content/plugins</tt> ディレクトリにあります。各プラグインには、プラグインの動作、作成者、ウェブサイト、バージョン番号の説明があります。リストでプラグインが見つからない場合は、プラグインに "header" が不足しています。
 
プラグインは、WordPress の[[管理パネル]] [[管理パネル#Plugins_-_Add_Functionality_to_your_Blog|プラグイン]]パネルで管理します。この画面にリストされるプラグインはすべて <tt>wp-content/plugins</tt> ディレクトリにあります。各プラグインには、プラグインの動作、作成者、ウェブサイト、バージョン番号の説明があります。リストでプラグインが見つからない場合は、プラグインに "header" が不足しています。
110行目: 111行目:
 
*/</pre>
 
*/</pre>
  
[[用語集#Text editor|text editor]] でプラグインを開き、上記のコメントを追加し、下記のように変更することで、これらの情報を追加することができます。
+
[[用語集#Text editor|テキストエディタ]]でプラグインを開き、上記のコメントを追加し、下記のように変更することで、これらの情報を追加することができます。
  
 
; プラグイン : プラグインの名前とサポートサイト(もしあれば)へのリンク。現在有効化されているプラグインは、太字で表示される。
 
; プラグイン : プラグインの名前とサポートサイト(もしあれば)へのリンク。現在有効化されているプラグインは、太字で表示される。
140行目: 141行目:
 
==オリジナルのプラグインを作る<!--Developing Your Own Plugins-->==
 
==オリジナルのプラグインを作る<!--Developing Your Own Plugins-->==
  
WordPress プラグインを使い出すと、プラグイン無でやっていけないと思うかもしれません。PHP の知識があれば、オリジナルのプラグインを作ることができます。[[プラグイン・リソース]]に、プラグイン作成を始めるのに役立つ詳細なリストがあります。
+
WordPress プラグインを使い出すと、プラグイン無でやっていけないと思うかもしれません。PHP の知識があれば、オリジナルのプラグインを作ることができます。[[Plugin Resources|プラグイン資料]]に、プラグイン作成を始めるのに役立つ詳細なリストがあります。
  
  
150行目: 151行目:
 
[[Category:上級トピック]]
 
[[Category:上級トピック]]
 
[[Category:トラブルシューティング]]
 
[[Category:トラブルシューティング]]
 +
[[Category:UI Link]]
  
 
[[en:Managing Plugins]]
 
[[en:Managing Plugins]]

2010年6月13日 (日) 15:58時点における版

このページ「プラグインの管理」は 情報が古くなっている可能性があります。最新版英語)も合わせてご覧ください。最新に更新してくださる協力者を求めています

この項目「プラグインの管理」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

プラグインは、ブログに新しい機能を追加する PHP スクリプトです。サイトに、既存の機能を強化したり、新しい機能を追加したりします。

プラグインは、WordPress の機能を拡張します。多くの WordPress ユーザーはプラグインを必要としないか、コメントスパム対策やカスタマイズされた投稿リスト等のいくつかのプラグインを必要とするしょう。頻繁に更新される天気予報、投稿単語数計算、レーティングシステム、などの様々なプラグインを楽しむ人もいるでしょう。プラグインの選択は様々で、ユーザーの要望に基づいて選択されるので、WordPress のコアには組み込まれていません。

WordPress プラグインは、ボランティアによって設計され、公開されています。下記ソースにリストされているプラグインは、しっかりとテストされ、安全と判断されています。しかし、プラグインは作成者と利用者の責任であることを覚えておいてください。WordPress が成長するように、プラグインも発展途上なのです。

独自のプラグインを開発したい場合は、プラグイン資料の詳細なリストを参照してください。

プラグインを探す

プラグインに、WordPress プラグインのリスト、他のリポジトリへのリンクがあります。

プラグインの互換性

WordPress Plugin Compatibility/enは、様々な WordPress のバージョンとプラグインの互換性を示しています。

プラグインのインストール

WordPress Plugins Panel
WordPressは、プラグインを追加する簡単あ方法を用意しています。管理パネル プラグインタブをクリックします。WordPress プラグインディレクトリにプラグインをアップロードしたら、プラグインの管理ページで有効にすると、プラグインが動作します。

すべてのプラグインが簡単にインストールできるわけではありませんが、WordPress プラグイン作成者と開発者はなるべく簡単にしようとしています。インストール前に知るべきこととともに、プラグインをインストールする方法について、下記でより詳細に説明しています。

インストールの前に

WordPress プラグインをインストールする前に知っておくべきことがあります。

インストール前に知る。
インストールする前に readme.txt ファイルやウェブページ、作成者のウェブサイトのコメント等をよく読んでください。インストール前に知っておくと、扱いやすくなります。
プラグインをダウンロードし、アップロードする。
必要ならば、ファイルのダウンロードやアップロードの方法、FTP の使用方法について理解しておきましょう。
WordPress ファイル/テンプレートの変更を必要とするプラグインがある。
PHP, HTML, CSS, CHMOD の理解が必要なことがあります。
変更を記録する。
WordPress ファイル/テンプレートを変更する場合は、コードでは変更前後にコメントし、テキストファイルをサイトとローカルのデスクトップに保存して、デフォルトのファイル/テンプレートに追加/変更したことを思い出せるようにしてください。サイトにが起きたとき、作業を繰り返す時に助けとなるでしょう。
まめにバックアップする。
いくつかのプラグインは、ブログ記事/ファイルに影響せず、ページに追加するだけです。記事/ファイルを変更するプラグイン、データベースを変更するプラグインもあります。大きい変更を行うプラグインをインストールする前には、必ずデータベースとファイルをバックアップしてください。

現在利用できる WordPress のバージョンはいくつかあり、プラグイン毎に利用できるバージョンが異なります。プラグインの情報を良く読んで、あなたの WP のバージョンで動作するかどうかを確認するか、Plugins/Plugin_Compatibility/en を参照してください。対応していない場合は、アップグレードを検討してください。

プラグインの手動インストール

自動インストールに対応していないプラグインをインストールするには、以下の一般的な手順にしたがってください。 プラグイン作成者の指示に従うようにしてください。万一に備えてバックアップを取ることも忘れないでください。

  1. プラグインに通常同梱されている "readme" ファイル、あるいはプラグインを配布しているウェブサイトの記事を良く読む。印刷すると、インストール手順を順にチェックするのに役立つでしょう。
  2. WordPress ディレクトリの wp-content/plugins フォルダにプラグインをアップロードする。
  3. プラグインが要求する変更(プラグインのテンプレートタグ追加を含む)をテンプレートまたはファイルに行う。
  4. プラグインを有効化する。
    1. 管理パネル のプラグインパネルにアクセスする。
    2. プラグインのリストをスクロールし、新しくインストールしたプラグインを探す(見つからない場合は、最初に戻り、指示にきちんと従って、適切なファイルをアップロードしたかチェックする)。
    3. 使用するリンクをクリックしてプラグインを使用中にする。
  5. "readme" ファイルに従って必要な変更を行い、プラグインの動作があなたの要求を満たすようにする。

プラグインのインストールの外部資料

停止したプラグインを隠す

テンプレートファイルにタグを組み込むプラグインもあります。プラグインが有効化されていない場合、テーマを「壊し」、エラーが発生するか、読み込みに失敗するでしょう。そのため、停止したプラグインが検出されるのを防ぐ必要があります。

プラグインがインストールされているか検出するには、function_exists() チェックを使用できます。if (function_exists()) はプラグインをチェックし、存在する場合は使用します。FALSE を返す、つまり見つからない場合は、プラグインのタグを無視し、読み込みを続けます。

<?php
if (function_exists('FUNCTION NAME')) {
  FUNCTION_NAME();
}
?>

このプラグイン例では、jal_get_shoutbox() という関数を使用し、コンテンツを表示します。

<?php
if (function_exists('jal_get_shoutbox')) {
  jal_get_shoutbox();
}
?>

トラブルシューティング

インストールしたプラグインや、アップグレードにより動作し無くなったプラグインの問題にぶつかった場合は、以下の手順に従ってください。

  1. プラグイン作成者の指示に厳密に従っているかどうか確認する。
  2. Check that any plugin tags or usage within your テンプレートファイルでのタグ、タグの使い方が正しいか、スペルが正しいか、適切な場所にあるか(WordPress ループの中か外か)を確認する。
  3. ファイルを wp-content 内のプラグインフォルダにアップロードしたかチェックする。古いバージョンを新しいバージョンに置き換える場合は、古いバージョンを削除してから新しいバージョンをアップロードする。
  4. 管理パネルのプラグインパネルでプラグインが有効になっているかどうかチェックする。
  5. プラグインを停止し、再度有効化して、動作するか試す。
  6. (通常はプラグインパネルでリンクされている)プラグイン作成者のウェブサイトを訪問し、同じトラブルが既に報告されていて回答があるかどうか、新しいバージョンがリリースされているかを見る。
  7. ウェブサイトまたはメールでプラグイン作成者に直接連絡し、手助けをお願いする。
  8. プラグインの名前でインターネット検索し、同様の問題を経験し解決しているサイトがあるかどうか調べる。メモ: プラグインのファイル名で検索するのが役立つことがあります。
  9. WordPress Support Forum (WordPress MU の場合は WordPressMU Support Forum) を訪問し、プラグインと問題を明確に質問すると、そのプラグインに詳しい人が回答してくれることがある。
  10. 問題が残り、解決できない場合は、類似したプラグインがあるかチェックする。

WordPress をアップグレードするとプラグインを壊すことがある

プラグインが時代遅れになり、新しい WordPress バージョンで動作しないことがあります。プラグインを有効化すると問題が発生する場合は、プラグインを停止し、プラグインのウェブサイトを訪問して新しいバージョンが利用可能かどうか調べてください。

プラグイン作成者の多くは新しいバージョンに対応するようにプラグインをアップグレードします。アップグレードしない作成者もおり、そのようなプラグインは WordPress の進歩についていけない時代遅れのものになります。

プラグインの管理

プラグインは、WordPress の管理パネル プラグインパネルで管理します。この画面にリストされるプラグインはすべて wp-content/plugins ディレクトリにあります。各プラグインには、プラグインの動作、作成者、ウェブサイト、バージョン番号の説明があります。リストでプラグインが見つからない場合は、プラグインに "header" が不足しています。

<?php
/*
Plugin Name: Magic Plugin
Plugin URI: http://example.com/magic-plugin
Description: Magic Plugin performs magic
Version: 2.3
Author: Mr. Magic
Author URI: http://example.com/
*/

テキストエディタでプラグインを開き、上記のコメントを追加し、下記のように変更することで、これらの情報を追加することができます。

プラグイン 
プラグインの名前とサポートサイト(もしあれば)へのリンク。現在有効化されているプラグインは、太字で表示される。
バージョン 
プラグインのバージョン。
概要 
作成者による、プラグインがどんなことをするか、プラグイン作成者が誰かの説明。
アクション 
プラグインを有効化・無効化・編集する。
新しいバージョンが利用可能 
プラグインの新しいバージョンが WordPress Plugin repository で利用可能な場合、メッセージと新しいバージョンをダウロードするリンクを表示します。

有効化と停止

プラグインが WordPress コードまたはテンプレートファイルに変更を要求する場合、プラグインを有効化/停止する度に、変更を行う/戻す必要があります。変更をしないと、エラーが発生するでしょう。プラグインのリストの下に、すべてのプラグインを有効にできるリンクがあります。

アンインストール

プラグインはとても役立ちますが、あなたの要求に合わない、何らかの理由で利用を止めたい、動かない、といったプラグインもあります。プラグインを停止した後、プラグインパネルに残り、プラグインリストが長くなってスクロールするのが大変になります。ほおっておくと、プラグインが時代遅れになり、将来使うことにした場合に問題が発生するかもしれません。

ファイル:pluginpanel.jpg
Plugin Admin Screen
プラグインの掃除は、まず画面左側の「プラグイン」パネルからプラグイン作成者のサイトを訪問し、プラグインをアンインストールする指示があるか調べることから始めます。テンプレートファイルにタグやコードを追加するプラグインや、WordPress 管理ファイルに変更を要求するプラグインがあります。プラグインのアンインストールの指示を良く読み、プラグインを停止したときにエラーが発生しないように、これらの変更を取り除きます。

アンインストールの指示が無い場合は、インストールの指示を良く読んで変更があるか確認し、変更がある場合は元に戻します。プラグインを使い出してから長い場合は、テンプレートファイルに変更したまま忘れているかもしれません。注意深く取り除いてください。

プラグインを削除するには、プラグインパネルでプラグインは「停止中」であることを確認してください。(FTP ソフト等を用いて) ウェブサイトの wp-content/plugins フォルダへ行き、削除したいプラグインのファイルを探してください。ファイルを選択し、削除してください。

WordPress サイトがローカルのハードドライブにある場合は、wp-content/plugins ファルダを開き、削除したいファイルを探し、選択して削除します。こうすることで、プラグインフォルダを復元またはコピーするとき、不要なプラグインを復元することがなくなります。

プラグイン依存関係

お使いのテーマが正しく動作するためにプラグインに依存している場合は、Jonathan Leighton の記事 how to set up plugin dependencies に興味があるかもしれません。

オリジナルのプラグインを作る

WordPress プラグインを使い出すと、プラグイン無でやっていけないと思うかもしれません。PHP の知識があれば、オリジナルのプラグインを作ることができます。プラグイン資料に、プラグイン作成を始めるのに役立つ詳細なリストがあります。


最新英語版: WordPress Codex » Managing Plugins最新版との差分