• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「ブログ入門」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(Comments(コメント))
(コンテンツ)
15行目: 15行目:
  
 
=== コンテンツ ===
 
=== コンテンツ ===
コンテンツこそが、すべてのウェブサイトの <i>存在理由</i> です。小売サイトには商品一覧があります。大学のサイトにはキャンパス、カリキュラム、講師についての情報があります。ニュースサイトには最新ニュースがあります。何らかの更新コンテンツがなければ、一度行ったサイトを再度訪れる理由はあまりありません。個人のブログには、代わりに意見や批評などのコンテンツがあるかもしれません。
+
コンテンツこそが、すべてのウェブサイトの <i>存在理由</i> です。
 +
小売サイトには商品一覧があります。
 +
大学のサイトにはキャンパス、カリキュラム、講師についての情報があります。
 +
ニュースサイトには最新ニュースがあります。
 +
何らかの更新コンテンツがなければ、一度行ったサイトを再度訪れる理由はあまりありません。
 +
個人のブログには、代わりに意見や批評などのコンテンツがあるかもしれません。
  
 +
 +
Blogにおいての内容は、作者が書く記事(「ポスト」か「エントリー」とも呼ばれる)でできています。
 +
いくつかのBlogには、複数の作者が、それぞれ自分自身の記事を書いてます。
 +
通常、Blogの作者は、Web上でBlog Systemが自体が組み込まれたインタフェースで自分の記事を構成します。
 +
また、いくつかのBlog Systemは、オフラインで記事を書いて投稿できるソフトを別途使用することが出来ます。
 
On a blog, the content is the articles (also sometimes called "posts" or "entries") that the author(s) write. Yes, some blogs have multiple authors, each writing their own articles. Typically, blog authors compose their articles in a web-based interface, built into the blogging system itself. Some blogging systems also support the ability to use stand-alone "weblog client" software, which allow them to write articles offline, and upload them at a later time.
 
On a blog, the content is the articles (also sometimes called "posts" or "entries") that the author(s) write. Yes, some blogs have multiple authors, each writing their own articles. Typically, blog authors compose their articles in a web-based interface, built into the blogging system itself. Some blogging systems also support the ability to use stand-alone "weblog client" software, which allow them to write articles offline, and upload them at a later time.
  

2005年5月29日 (日) 04:16時点における版

“blog(ブログ)”って何?

“ブログ”とは、“ウェブログ”の略で、継続的に情報を記録・更新し続けるウェブサイトのことを表現した言葉です。ある定義はこのように説明しています。「ブログとは、頻繁に更新される個人的なウェブサイトで、日記のような語り口と外部サイトの記事へのリンクが特徴。ブログの内容は個人的なものから政治的なものまで幅広く、ごく限られた話題に焦点を当てたものもあれば、広範囲の話題を取り扱うものもある。ブログはWebにみられる独自の形態だ」

多くのブログは、「ウェブデザイン」「政治」「スポーツ」「モバイル技術」など、ある特定のトピックを重点的に扱っています。様々な種類の外部サイトへのリンクを紹介する、もっと折衷的なブログもあれば、日常生活や日々思うことなどを書いたごく個人的なブログもあります。

一般的に言って(例外もありますが…)、ブログにはいくつかの共通点があります。

  • 新しい投稿が上に来るよう、記事を時系列順に並べたメインのコンテンツ部分。記事はたいていカテゴリー分けされている。
  • 古い記事のアーカイブ。
  • 読者が記事に関してのコメントを書けるようになっている。
  • 他の関連サイトへのリンク。「ブログロール」と呼ばれることもある。
  • RSS("Rich Site Summary"または"Really Simple Syndication"の略)、Atom、またはRDFファイルなどの「フィード」。「フィードリーダー」と呼ばれる特別なソフトウェアを使えば、フィードを持つサイトに新しいコンテンツがあるかどうかを自動的に巡回して教えてくれます。ウェブデザインに関するブログ、Mezzoblue のDave Shea氏は、フィードについての総合的な概論 をまとめています。

これら以外の機能を持つサイトもあれば、ここに挙げられた特徴の一部のみを持つサイトもありますが、ほとんどのサイトはこれらの基本要素を備えています。では、それぞれをもっと詳しく見てみましょう。

コンテンツ

コンテンツこそが、すべてのウェブサイトの 存在理由 です。 小売サイトには商品一覧があります。 大学のサイトにはキャンパス、カリキュラム、講師についての情報があります。 ニュースサイトには最新ニュースがあります。 何らかの更新コンテンツがなければ、一度行ったサイトを再度訪れる理由はあまりありません。 個人のブログには、代わりに意見や批評などのコンテンツがあるかもしれません。


Blogにおいての内容は、作者が書く記事(「ポスト」か「エントリー」とも呼ばれる)でできています。 いくつかのBlogには、複数の作者が、それぞれ自分自身の記事を書いてます。 通常、Blogの作者は、Web上でBlog Systemが自体が組み込まれたインタフェースで自分の記事を構成します。 また、いくつかのBlog Systemは、オフラインで記事を書いて投稿できるソフトを別途使用することが出来ます。 On a blog, the content is the articles (also sometimes called "posts" or "entries") that the author(s) write. Yes, some blogs have multiple authors, each writing their own articles. Typically, blog authors compose their articles in a web-based interface, built into the blogging system itself. Some blogging systems also support the ability to use stand-alone "weblog client" software, which allow them to write articles offline, and upload them at a later time.

Archives(アーカイブ)

 ブログは記事を残しておくための有用な方法であり、多くのブログは日付を元にアーカイブを生成しています。また、アーカイブはカテゴリ内に収められており、カテゴリにより記事を探し出すことも出来ます。記事が何について書かれているかはあなた自身が決定できます。ブログのトップページにあるカレンダーから、1日単位で記事へのリンクをたどることも出来ます。

 これだけでなく、記事の著者やアルファベットによってもできます。可能性は無限大なのです。この記事を整頓してくれる機能により、ブログをポピュラーな個人向け出版ツールにしてくれるでしょう。


Comments(コメント)

 もしウェブサイトの読者がサイトに関するコメントやティプスや感想を残していくことが出来たら素晴らしいと思いませんか?ブログを使えば、それらが出来るのです!多くのブログは来訪者にコメントを残す方法を備えています。また、他のブログの著者がブログに訪れることなく、コメントを残すことが出来る洒落た方法もあるのです!この機能は"pingbacks"もしくは"trackbacks"と呼ばれ、他のブログの著者が記事を引用した場合はそれが通知されます。これによりオンライン上の会話を簡単にさせることを保障します。


Blogrolls

A blogroll is a list, sometimes categorized, with all the links to webpages that the author of a blog finds worthwhile, or interesting. The links in a blogroll are usually to other blogs with similar interests. The blogroll, like the calendar we discussed earlier, and the links to archives, are often in a "sidebar" on the page, but sometimes as a dedicated separate web page. http://blogrolling.com and http://blo.gs are a few website that provide some interesting functions or help related to blogrolls. BlogRolling provides a method for users to maintain these rolls effortlessly and integrate them into weblogs. WordPress has a in-built link manager so users do not have to depend on a third party for creating and managing their blogroll.

Syndication

A feed is a machine readable (usually XML) content publication that is updated regularly. Many weblogs publish a feed (usually RSS, but also possibly Atom and RDF and so on, as described above). There are tools out there that call themselves "feedreaders". What they do is they keep checking specified blogs to see if they have been updated, and when the blogs are updated, they display the new post, and a link to it, with an excerpt (or the whole contents) of the post. Each feed contains items that are published over time. When checking a feed, the feedreader is actually looking for new items. New items are automatically discovered and downloaded for you to read. Just so you don't have to visit all the blogs you are interested in. All you have to do with these feedreaders is to add the link to the RSS feed of all the blogs you are interested in. The feedreader will then inform you when any of the blogs have new posts in them. Most blogs have these "Syndication" feeds available for the readers to use.


And now we come to the question -