• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

ネットワークの作成

提供: WordPress Codex 日本語版
2010年4月7日 (水) 01:27時点におけるBono (トーク | 投稿記録)による版 (MUの場合と、実行できないケースに「WordPress のアドレス(URL)」≠「ブログのアドレス(URL) 」を追加。)

移動先: 案内検索

情報募集中 「ネットワークの作成」を実行できない場合の対処方法について、 該当部分を編集するか、このページのノートまたはフォーラム等で教えてください。

この機能は現在ベータ版です。テストして、バグがあればtrac(日本語で話したいときは日本語フォーラム)へ報告してください。製品サイト向けに設計されていないので、そのつもりで使ってください(訳注: 現時点では、ということか?)。

(注) WordPress MUを使っている場合、この手順を実行する必要はありません。ネットワークは既に有効になっています。

ネットワークの作成

WordPress 3.0には、複数サイトのネットワークを作成する機能が付きました。管理パネルにネットワーク(Network)メニュー項目を有効にするには、まず始めに、wp-config.php ファイルにマルチサイト(multisite)の定義をする必要があります。

wp-config.php ファイルを開いて、次の行を追加します。

define ('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

すると、ツールメニューにネットワークメニュー項目が現れます。

注意

  • 現時点では、「WordPressファイルを専用ディレクトリに配置する設定」をしている場合、ネットワーク機能が正常に動作しません。
  • 次の場合には「ネットワークの作成」を実行できません。その旨のメッセージが表示されます(参考: wp-admin/network.php network_step1())。
    • 「WordPress のアドレス(URL)」と「ブログのアドレス(URL) 」が一致しないとき
    • 「WordPress のアドレス(URL)」が「127.0.0.1」などのIPアドレスであるとき
      • 対処方法: ローカル環境 127.0.0.1 の場合、Settings General SubPanel|一般設定画面]]で「127.0.0.1」を「localhost」に修正すると動くようになります。
    • 「:80」「:443」以外のポート番号が付いているとき
  • 作成前に、全てのプラグインを無効化する必要があります。
    「Warning: Please deactivate your plugins before enabling the Network feature.」と表示されたら一旦プラグインを無効化し、ネットワークを作成した後に再び有効化してください。

ツール → ネットワーク

ツール > ネットワークメニューを選ぶと「Create a Network of WordPress Sites」画面が開きます。この画面では、ネットワークについて下記の設定をした後、環境設定ファイルを作成します。


ツール > Network

Create a Network of WordPress Sites

Addresses of Sites in your Network

(ネットワークのサイトアドレス)

ここでは、サブドメインかサブディレクトリかを選べます。これは、ネットワークに追加する各サイトを新たな仮想サブドメインとして作成するかサブディレクトリとするか、ということです。この設定は、一度選択したら再インストールしない限り変更できません

  • Sub-domains -- site1.example.com や site2.example.com のような構成
  • Sub-directories -- example.com/site1 や example.com/site2 のような構成

サブドメインはワイルドカードサブドメインを利用して動作します。Apacheでこれを有効にし、DNSレコードにワイルドカードサブドメインを追加する必要があります。ホストが対応していないときは、この機能を有効にする前にウェブホストに問い合わせる必要があるでしょう。

サブディレクトリは mod_rewrite に基づいて動作します。既にブログでprettyパーマリンクを使っているなら、サブディレクトリ形式サイトも上手く動くでしょう。

Network details

(ネットワーク詳細)

ここは自動的に入力されます。合っているか再確認し、変えたい箇所があれば直します。下の2つはネットワーク作成後に変更することもできます。

Server Address
(サーバアドレス)
ネットワークのURLが表示されます。合っているか確認しましょう。
Network Title
(ネットワーク名)
ネットワークの呼び名
Admin E-mail Address
(管理電子メールアドレス)
あなたの電子メールアドレス

Install

以上を再確認して、「Install」ボタンをクリックします。

ワイルドカードサブドメインについての警告が出るかもしれません。

Warning! Wildcard DNS may not be configured correctly!

サブドメイン設定を使うには、DNSにワイルドカードエントリ(a wildcard entry)がなくてはなりません。インストーラがあなたのドメイン上のランダムなホスト名(13cc09.amd64.local)とコンタクトを取ろうとしましたが、「name lookup timed out」というエラーメッセージが返ってきました。

http://site1.example.com という形式のホストサイトにしたいときは、DNSレコードにワイルドカードレコードの追加が必要です。通常これは、DNS設定ツールで自分のウェブサーバを指す * ホスト名レコードを追加するということです。

サイトは使えるけれど、作成したサブドメインにアクセスできないのかもしれません。DNSが正しいと分かっているなら、このメッセージは無視します。

Further instructions for enabling wildcard subdomains are available here. {link}

Enabling the Network

(ネットワークの有効化)

インストールボタンを押すと、次の画面「Enabling the Network」に進みます。ネットワーク作成機能を有効にするには、次の作業を行なってください。

0. まず初めに、現在の wp-config.php と .htaccess ファイルをバックアップします。
1. wp-content/ ディレクトリの下に blogs.dir というディレクトリを作成します。
このディレクトリは追加するサイトのアップロードメディアの格納に使うので、通常のアップロードディレクトリと同様に、WordPressがファイルを書き込めるようパーミッションを変更してください。
2. 画面に表示されたコードを wp-config.php ファイルに追加します。
(例)
define( 'MULTISITE', true );
define( 'VHOST', 'yes' );
$base = '/';
define( 'DOMAIN_CURRENT_SITE', 'example.com' );
define( 'PATH_CURRENT_SITE', '/' );
define( 'SITE_ID_CURRENT_SITE', 1 );
define( 'BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1 );
この行は WP_ALLOW_MULTISITE のすぐ下に挿入すると分かりやすいでしょう。
(注) ディレクトリの中にWordPressを設置している場合、$base や PATH にはディレクトリ名が入ります。
3. .htaccess ファイルの中にあるWordPressのmod_rewriteルールを、画面に表示されたコードで置き換えます。
ファイルが存在しないときは作成します。
(例)
RewriteEngine On
RewriteBase /
# uploaded files
RewriteRule ^(.*/)?files/$ index.php [L]
RewriteCond %{REQUEST_URI} !.*wp-content/plugins.*
RewriteRule ^(.*/)?files/(.*) wp-includes/ms-files.php?file=$2 [L]
# add a trailing slash to /wp-admin
RewriteCond %{REQUEST_URI} ^.*/wp-admin$
RewriteRule ^(.+)$ $1/ [R=301,L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule . - [L]
RewriteRule  ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(wp-(content|admin|includes).*) $2 [L]
RewriteRule  ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(.*\.php)$ $2 [L]
RewriteRule . index.php [L]
4. 以上の作業ができたら、wp-config.php および .htaccess ファイルをサーバにアップロードし、管理パネルを再読み込みします。
画面の一番下の「Return to Dashboard」のリンクをクリックすると、ログイン画面に移動します。

ログインし直すと、新たに「Super Admin」というメニューセクションが現れます。このメニューにはネットワークへのサイトの追加や管理機能が入っています。大元のWordPressはネットワークの主サイトとなります。

  • Super Admin > Options/en 画面で、ネットワークの運営に関わる設定を行ないます。その後、サイトや利用者を追加していきましょう。

関連リンク

最新英語版: WordPress Codex » Create A Network最新版との差分

警告: 既定のソートキー「ねつとわあくのさくせい」が、その前に書かれている既定のソートキー「かんりかめんマルチサイト」を上書きしています。