• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「データ検証」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
($wpdb->escape非推奨)
(divタグを挿入と、原文リンクの場所を修正。)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans|一部|<br />変更点が入り組んでいて最新の英文に置き換えにくかった節には、その節の英文全てをコメントアウトで入れてあります。できれば通しで見直してみてください。}}
 
 
信頼できないデータが、さまざまな情報源から入ってきます (ユーザー、第三者のサイト、あなた自身のデータベースも!…)。そして、これらすべては、入力時と出力時の両方で検証する必要があります。
 
信頼できないデータが、さまざまな情報源から入ってきます (ユーザー、第三者のサイト、あなた自身のデータベースも!…)。そして、これらすべては、入力時と出力時の両方で検証する必要があります。
  
 +
<div id="Output Sanitation">
 
== 出力の無害化 ==
 
== 出力の無害化 ==
 +
</div>
 
データの無害化 (サニタイズ) する方法は、データの種類およびそれが使われる文脈 (コンテキスト) に依存します。WordPress における共通の処理と、どのように無害化すべきかを以下に示します。
 
データの無害化 (サニタイズ) する方法は、データの種類およびそれが使われる文脈 (コンテキスト) に依存します。WordPress における共通の処理と、どのように無害化すべきかを以下に示します。
  
 
ヒント : 出力の検証は、可能な限り遅く行います。出力から離れた場所で検証するのではなく、出力する時に検証するのが理想です。こうすることで、データが適切に検証/エスケープされていることが確信でき、変数が既に検証されているか覚えておく必要はありません。
 
ヒント : 出力の検証は、可能な限り遅く行います。出力から離れた場所で検証するのではなく、出力する時に検証するのが理想です。こうすることで、データが適切に検証/エスケープされていることが確信でき、変数が既に検証されているか覚えておく必要はありません。
  
 +
<div id="Integers">
 
=== 整数値 ===
 
=== 整数値 ===
 +
</div>
 
; <tt>intval( $int )</tt> または <tt>(int) $int</tt>
 
; <tt>intval( $int )</tt> または <tt>(int) $int</tt>
 
: 整数値を想定するならば、キャストします。
 
: 整数値を想定するならば、キャストします。
13行目: 16行目:
 
: 結果が非負であると保証されます。
 
: 結果が非負であると保証されます。
  
 +
<div id="HTML/XML">
 
=== HTML/XML ===
 
=== HTML/XML ===
 +
</div>
 
<!--
 
<!--
 
Note that many types of XML documents (as opposed to HTML documents) understand only a few named character references: <code>apos, amp, gt, lt, quot</code>.  When outputting text to such an XML document, be sure to filter any text containing illegal named entities through WordPress's <code>ent2ncr( $text )</code> function.
 
Note that many types of XML documents (as opposed to HTML documents) understand only a few named character references: <code>apos, amp, gt, lt, quot</code>.  When outputting text to such an XML document, be sure to filter any text containing illegal named entities through WordPress's <code>ent2ncr( $text )</code> function.
19行目: 24行目:
 
(HTML文書に対して)多くの形式のXML文書が理解する文字実体参照は <code>&amp;apos;</code>、<code>&amp;amp;</code>、<code>&amp;gt;</code>、<code>&amp;lt;</code>、<code>&amp;quot;</code> の5つのみであることに注意してください。テキストを XML 書類として出力するときは、不正な文字実体参照を含むあらゆるテキストを、WordPress の <code>[[関数リファレンス/ent2ncr|ent2ncr]]( $text )</code> 関数を通してフィルターしてください。
 
(HTML文書に対して)多くの形式のXML文書が理解する文字実体参照は <code>&amp;apos;</code>、<code>&amp;amp;</code>、<code>&amp;gt;</code>、<code>&amp;lt;</code>、<code>&amp;quot;</code> の5つのみであることに注意してください。テキストを XML 書類として出力するときは、不正な文字実体参照を含むあらゆるテキストを、WordPress の <code>[[関数リファレンス/ent2ncr|ent2ncr]]( $text )</code> 関数を通してフィルターしてください。
  
 
+
<div id="HTML/XML Fragments">
 
==== HTML/XML の断片 ====
 
==== HTML/XML の断片 ====
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/wp_kses|wp_kses]]( (string) $fragment, (array) $allowed_html, (array) $protocols = null )</code>
 
; <code>[[関数リファレンス/wp_kses|wp_kses]]( (string) $fragment, (array) $allowed_html, (array) $protocols = null )</code>
 
: KSES は悪意あるスクリプトを除去します。すべての信頼できない HTML (投稿文、コメント文など) は <code>wp_kses()</code> を通すべきです。使い方やデフォルト値などは <code>wp-includes/kses.php</code> を見てください。
 
: KSES は悪意あるスクリプトを除去します。すべての信頼できない HTML (投稿文、コメント文など) は <code>wp_kses()</code> を通すべきです。使い方やデフォルト値などは <code>wp-includes/kses.php</code> を見てください。
34行目: 40行目:
 
: 所定のコンテキストで許可される HTML タグの配列を提供します。post | strip | data | entities あるいはpre_user_description のようなフィールドフィルター
 
: 所定のコンテキストで許可される HTML タグの配列を提供します。post | strip | data | entities あるいはpre_user_description のようなフィールドフィルター
  
 +
<div id="Text Nodes">
 
==== テキスト節 ====
 
==== テキスト節 ====
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_html|esc_html]]( $text )</code> (since 2.8)
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_html|esc_html]]( $text )</code> (since 2.8)
 
: <tt>< > & " '</tt> (小ナリ、大ナリ、アンド、ダブルクォート、シングルクォート)をエンコードします。<code>esc_attr</code> に良く似ています。
 
: <tt>< > & " '</tt> (小ナリ、大ナリ、アンド、ダブルクォート、シングルクォート)をエンコードします。<code>esc_attr</code> に良く似ています。
46行目: 54行目:
 
: ユーザーからの入力又はデータベースからの入力を無害化します。
 
: ユーザーからの入力又はデータベースからの入力を無害化します。
  
 +
<div id="Attribute Nodes">
 
==== 属性値 ====
 
==== 属性値 ====
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_attr|esc_attr]]( $text )</code> (since 2.8)
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_attr|esc_attr]]( $text )</code> (since 2.8)
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_attr_2|esc_attr__]]()</code>
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_attr_2|esc_attr__]]()</code>
53行目: 63行目:
 
: 翻訳、エンコード、出力します。
 
: 翻訳、エンコード、出力します。
  
 +
<div id="JavaScript">
 
==== JavaScript ====
 
==== JavaScript ====
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_js|esc_js]]( $text )</code> (since 2.8)
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_js|esc_js]]( $text )</code> (since 2.8)
  
 +
<div id="URLs">
 
=== URL ===
 
=== URL ===
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_url|esc_url]]( $url, (array) $protocols = null )</code> (since 2.8)
 
; <code>[[関数リファレンス/esc_url|esc_url]]( $url, (array) $protocols = null )</code> (since 2.8)
 
: URL を無害化するときは、常に <code>esc_url</code> を使ってください (テキスト中、属性値、その他あらゆる場所で)。ホワイトリストで提供されたプロトコル(デフォルトは <tt>http</tt> ならびに <tt>https</tt>、<tt>ftp</tt>、<tt>ftps</tt>、<tt>mailto</tt>、<tt>news</tt>、<tt>irc</tt>、<tt>gopher</tt>、<tt>nntp</tt>、<tt>feed</tt>、<tt>telnet</tt>)を持たない URL は拒否し、不正な文字を排除し、危険な文字を除去します。3.0 で非推奨とされた <code>clean_url()</code> の代わりに使います。
 
: URL を無害化するときは、常に <code>esc_url</code> を使ってください (テキスト中、属性値、その他あらゆる場所で)。ホワイトリストで提供されたプロトコル(デフォルトは <tt>http</tt> ならびに <tt>https</tt>、<tt>ftp</tt>、<tt>ftps</tt>、<tt>mailto</tt>、<tt>news</tt>、<tt>irc</tt>、<tt>gopher</tt>、<tt>nntp</tt>、<tt>feed</tt>、<tt>telnet</tt>)を持たない URL は拒否し、不正な文字を排除し、危険な文字を除去します。3.0 で非推奨とされた <code>clean_url()</code> の代わりに使います。
67行目: 81行目:
 
: 配列の全要素を URL エンコードします。
 
: 配列の全要素を URL エンコードします。
  
 +
<div id="Database">
 
=== データベース ===
 
=== データベース ===
 +
</div>
 
; <code>[[Class Reference/wpdb#INSERT rows|$wpdb->insert]]( $table, (array) $data )</code>
 
; <code>[[Class Reference/wpdb#INSERT rows|$wpdb->insert]]( $table, (array) $data )</code>
 
: <code>$data</code> は未エスケープとしてください (この関数がエスケープしてくれます)。配列キーがカラム、配列値がデータベース値になります。
 
: <code>$data</code> は未エスケープとしてください (この関数がエスケープしてくれます)。配列キーがカラム、配列値がデータベース値になります。
93行目: 109行目:
 
: SQL クエリの LIKE 式用に <code>$string</code> を無害化します。さらに SQL エスケープする必要があります (上記のいずれかの関数を使う)。
 
: SQL クエリの LIKE 式用に <code>$string</code> を無害化します。さらに SQL エスケープする必要があります (上記のいずれかの関数を使う)。
  
 +
<div id="Filesystem">
 
=== ファイルシステム ===
 
=== ファイルシステム ===
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/validate_file|validate_file]]( (string) $filename, (array) $allowed_files = "" )</code>
 
; <code>[[関数リファレンス/validate_file|validate_file]]( (string) $filename, (array) $allowed_files = "" )</code>
 
: ディレクトリートラバーサル攻撃を防止する、あるいはファイル名がホワイトリストにあるか確認します。<code>$filename</code> が正答な相対パスならば <tt>0</tt> を返します。検証後、<code>$filename</code> を相対パスとして'''扱わなければなりません (MUST)''' (例えば、ABSPATH の後に繋げる等)。なぜなら、<code>/etc/hosts</code> はこの関数で正当と判定されるからです。返り値が正の整数の場合は、<tt>..</tt>, <tt>./</tt>, あるいは <tt>:</tt> がパスに含まれているか、または <code>$allowed_files</code> ホワイトリストに含まれていません。この結果を真偽判定する場合は注意してください。<tt>false</tt> (0) はファイル名が検証を通過したことを示し、<tt>true</tt> (> 0) は検証されなかったことを示します。
 
: ディレクトリートラバーサル攻撃を防止する、あるいはファイル名がホワイトリストにあるか確認します。<code>$filename</code> が正答な相対パスならば <tt>0</tt> を返します。検証後、<code>$filename</code> を相対パスとして'''扱わなければなりません (MUST)''' (例えば、ABSPATH の後に繋げる等)。なぜなら、<code>/etc/hosts</code> はこの関数で正当と判定されるからです。返り値が正の整数の場合は、<tt>..</tt>, <tt>./</tt>, あるいは <tt>:</tt> がパスに含まれているか、または <code>$allowed_files</code> ホワイトリストに含まれていません。この結果を真偽判定する場合は注意してください。<tt>false</tt> (0) はファイル名が検証を通過したことを示し、<tt>true</tt> (> 0) は検証されなかったことを示します。
  
 +
<div id="HTTP Headers">
 
=== HTTP ヘッダ ===
 
=== HTTP ヘッダ ===
 +
</div>
 
ヘッダ分割攻撃は、HTTP クライアントに依存するため、やっかいなものです。
 
ヘッダ分割攻撃は、HTTP クライアントに依存するため、やっかいなものです。
 
WordPress は、HTTP ヘッダにユーザーが生成した内容を含む必要はほとんどありませんが、それを行うならば、WordPress は HTTP ヘッダの多くに[[#ホワイトリスト|ホワイトリスト]]を用います。
 
WordPress は、HTTP ヘッダにユーザーが生成した内容を含む必要はほとんどありませんが、それを行うならば、WordPress は HTTP ヘッダの多くに[[#ホワイトリスト|ホワイトリスト]]を用います。
108行目: 128行目:
 
: さらに安全です。ホワイトリストにあるドメインしかリダイレクトしません。
 
: さらに安全です。ホワイトリストにあるドメインしかリダイレクトしません。
  
 +
<div id="Input Validation">
 
== 入力の検証 ==
 
== 入力の検証 ==
 
+
</div>
 
[[#出力の無害化|出力の無害化]]に挙げられた多くの関数は、入力の検証にも使えます。
 
[[#出力の無害化|出力の無害化]]に挙げられた多くの関数は、入力の検証にも使えます。
 
さらに、WordPress は以下の関数を使っています。
 
さらに、WordPress は以下の関数を使っています。
  
 +
<div id="Slugs">
 
=== スラッグ ===
 
=== スラッグ ===
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/sanitize_title|sanitize_title]]( $title )</code>
 
; <code>[[関数リファレンス/sanitize_title|sanitize_title]]( $title )</code>
 
: 投稿スラッグなどに使われています。
 
: 投稿スラッグなどに使われています。
119行目: 142行目:
 
: 新規ユーザーを作成するときは <code>$strict</code> を使ってください (API でユーザー追加するとき)。
 
: 新規ユーザーを作成するときは <code>$strict</code> を使ってください (API でユーザー追加するとき)。
  
 +
<div id="HTML">
 
=== HTML ===
 
=== HTML ===
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/balanceTags|balanceTags]]( $html )</code> or <code>[[関数リファレンス/force_balance_tags|force_balance_tags]]( $html )</code>
 
; <code>[[関数リファレンス/balanceTags|balanceTags]]( $html )</code> or <code>[[関数リファレンス/force_balance_tags|force_balance_tags]]( $html )</code>
 
: 正当な XML 出力になるよう、HTML タグの開き/閉じの釣り合いを取ります。
 
: 正当な XML 出力になるよう、HTML タグの開き/閉じの釣り合いを取ります。
127行目: 152行目:
 
: HTML クラス名を無害化し、妥当な文字列のみを含むことを保証します。A-Z,a-z,0-9,'-' に限定します。結果が空文字列になる場合は、第二引数で与えられた代替文字列を返します。
 
: HTML クラス名を無害化し、妥当な文字列のみを含むことを保証します。A-Z,a-z,0-9,'-' に限定します。結果が空文字列になる場合は、第二引数で与えられた代替文字列を返します。
  
 +
<div id="Email">
 
=== Email ===
 
=== Email ===
 +
</div>
 
; <code>[[関数リファレンス/is_email|is_email]]( $email_address )</code>
 
; <code>[[関数リファレンス/is_email|is_email]]( $email_address )</code>
 
: 妥当でない場合は false を返し、妥当な場合は $email_address を返します。
 
: 妥当でない場合は false を返し、妥当な場合は $email_address を返します。
  
 +
<div id="Arrays">
 
=== 配列 ===
 
=== 配列 ===
 +
</div>
 
; <code>array_map( 'absint', $array )</code>
 
; <code>array_map( 'absint', $array )</code>
 
: 配列要素がすべて非負であることを保証します。あなたのデータに合うようにコールバック関数 <tt>'absint'</tt> を入れ替えてください。<tt>array_map()</tt> は PHP コアの関数で、配列の要素に任意のコールバック関数を実行します。この例ではコールバック関数は <tt>absint()</tt> です。
 
: 配列要素がすべて非負であることを保証します。あなたのデータに合うようにコールバック関数 <tt>'absint'</tt> を入れ替えてください。<tt>array_map()</tt> は PHP コアの関数で、配列の要素に任意のコールバック関数を実行します。この例ではコールバック関数は <tt>absint()</tt> です。
  
 +
<div id="Other">
 
=== その他 ===
 
=== その他 ===
 +
</div>
 
その他の、データの無害化に役立つ関数です。
 
その他の、データの無害化に役立つ関数です。
  
153行目: 184行目:
 
* [[関数リファレンス/sanitize_term_field|sanitize_term_field()]]
 
* [[関数リファレンス/sanitize_term_field|sanitize_term_field()]]
  
 +
<div id="Validation Philosophies">
 
== 検証の哲学 ==
 
== 検証の哲学 ==
 +
</div>
 
検証をどのように行うか、いくつか異なった哲学があります。どれが正しいかは筋書によって異なります。
 
検証をどのように行うか、いくつか異なった哲学があります。どれが正しいかは筋書によって異なります。
  
 +
<div id="Whitelist">
 
=== ホワイトリスト ===
 
=== ホワイトリスト ===
 +
</div>
 
既知および信頼された値の一覧にあるデータのみ受理します。
 
既知および信頼された値の一覧にあるデータのみ受理します。
  
173行目: 208行目:
 
  }
 
  }
  
 +
<div id="Blacklist">
 
=== ブラックリスト ===
 
=== ブラックリスト ===
 +
</div>
 
既知の信頼できない値の一覧にあるデータを拒否します。これがよい方法であることは、めったにありません。
 
既知の信頼できない値の一覧にあるデータを拒否します。これがよい方法であることは、めったにありません。
  
=== 書式で検出 ===
+
<div id="Format Detection">
 +
=== 書式の検出 ===
 +
</div>
 
データが正しい書式であるかテストします。正しい場合のみ受理します。
 
データが正しい書式であるかテストします。正しい場合のみ受理します。
 
  if ( !ctype_alnum( $data ) )
 
  if ( !ctype_alnum( $data ) )
183行目: 222行目:
 
   die( "浮動小数じゃない? おバカ!" );
 
   die( "浮動小数じゃない? おバカ!" );
  
=== 書式で訂正 ===
+
<div id="Format Correction">
 +
=== 書式の訂正 ===
 +
</div>
 
ほとんどのデータを受理し、危険な部分を除去または変更します。
 
ほとんどのデータを受理し、危険な部分を除去または変更します。
 
  $trusted_integer = (int) $untrusted_integer;
 
  $trusted_integer = (int) $untrusted_integer;
189行目: 230行目:
 
  $trusted_slug = sanitize_title( $untrusted_slug );
 
  $trusted_slug = sanitize_title( $untrusted_slug );
  
{{原文|Data Validation|129255}}<!-- 15:06, 24 March 2013 N4nn331355 版 -->
+
<div id="Changelog">
 
+
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
 +
</div>
 
* [[Version 3.6|3.6]]: Deprecated <code>$wpdb->escape()</code> in favor of <code>esc_sql()</code> and <code>$wpdb->preapre()</code>.
 
* [[Version 3.6|3.6]]: Deprecated <code>$wpdb->escape()</code> in favor of <code>esc_sql()</code> and <code>$wpdb->preapre()</code>.
 
* [[Version 3.1|3.1]]: Introduced <code>[[Function_Reference/esc_textarea|esc_textarea]]</code>. ([http://core.trac.wordpress.org/ticket/15454 #15454])
 
* [[Version 3.1|3.1]]: Introduced <code>[[Function_Reference/esc_textarea|esc_textarea]]</code>. ([http://core.trac.wordpress.org/ticket/15454 #15454])
200行目: 241行目:
 
** <code>attribute_escape()</code> -> <code>esc_attr()</code> (also: <code>esc_attr__()</code> and <code>esc_attr_e()</code>)
 
** <code>attribute_escape()</code> -> <code>esc_attr()</code> (also: <code>esc_attr__()</code> and <code>esc_attr_e()</code>)
  
 +
<div id="External Resources">
 
== 外部資料 ==
 
== 外部資料 ==
 +
</div>
 
* [http://wp.tutsplus.com/tutorials/creative-coding/data-sanitization-and-validation-with-wordpress/ Data Sanitization and Validation With WordPress] by Stephen Harris
 
* [http://wp.tutsplus.com/tutorials/creative-coding/data-sanitization-and-validation-with-wordpress/ Data Sanitization and Validation With WordPress] by Stephen Harris
 
* [http://wordpress.tv/2011/01/29/mark-jaquith-theme-plugin-security/ Theme and Plugin Security] by Mark Jaquith
 
* [http://wordpress.tv/2011/01/29/mark-jaquith-theme-plugin-security/ Theme and Plugin Security] by Mark Jaquith
 
* [http://groups.google.com/group/wp-hackers/browse_thread/thread/8f1466febb168935?pli=1 wp_specialchars() vs attribute_escape() ( now esc_attr() ) and quote entity-encoding].
 
* [http://groups.google.com/group/wp-hackers/browse_thread/thread/8f1466febb168935?pli=1 wp_specialchars() vs attribute_escape() ( now esc_attr() ) and quote entity-encoding].
 +
 +
 +
 +
{{原文|Data Validation|129255}}<!-- 15:06, 24 March 2013 N4nn331355 版 -->
  
  
 
[[Category:セキュリティ]]
 
[[Category:セキュリティ]]
 
[[Category:WordPress の開発]]
 
[[Category:WordPress の開発]]

2013年8月19日 (月) 19:10時点における版

信頼できないデータが、さまざまな情報源から入ってきます (ユーザー、第三者のサイト、あなた自身のデータベースも!…)。そして、これらすべては、入力時と出力時の両方で検証する必要があります。

データの無害化 (サニタイズ) する方法は、データの種類およびそれが使われる文脈 (コンテキスト) に依存します。WordPress における共通の処理と、どのように無害化すべきかを以下に示します。

ヒント : 出力の検証は、可能な限り遅く行います。出力から離れた場所で検証するのではなく、出力する時に検証するのが理想です。こうすることで、データが適切に検証/エスケープされていることが確信でき、変数が既に検証されているか覚えておく必要はありません。

整数値

intval( $int ) または (int) $int
整数値を想定するならば、キャストします。
absint( $int )
結果が非負であると保証されます。

HTML/XML

(HTML文書に対して)多くの形式のXML文書が理解する文字実体参照は &apos;&amp;&gt;&lt;&quot; の5つのみであることに注意してください。テキストを XML 書類として出力するときは、不正な文字実体参照を含むあらゆるテキストを、WordPress の ent2ncr( $text ) 関数を通してフィルターしてください。

HTML/XML の断片

wp_kses( (string) $fragment, (array) $allowed_html, (array) $protocols = null )
KSES は悪意あるスクリプトを除去します。すべての信頼できない HTML (投稿文、コメント文など) は wp_kses() を通すべきです。使い方やデフォルト値などは wp-includes/kses.php を見てください。
許可する HTML タグの配列を wp_kses() に渡す代わりに、投稿やページで許可されるタグを許可する wp_kses_post( (string) $fragment ) を用いたり、コメントで許可されるタグを許可する wp_kses_data( (string) $fragment ) を使用できます。
wp_rel_nofollow( (string) $html )
あらゆる <a> リンクに "rel='nofollow'" 属性をつけます。
wp_kses_allowed_html( (string) $context )
所定のコンテキストで許可される HTML タグの配列を提供します。post | strip | data | entities あるいはpre_user_description のようなフィールドフィルター

テキスト節

esc_html( $text ) (since 2.8)
< > & " ' (小ナリ、大ナリ、アンド、ダブルクォート、シングルクォート)をエンコードします。esc_attr に良く似ています。
esc_html__ (since 2.8)
翻訳、エンコードします。
esc_html_e (since 2.8)
翻訳、エンコード、出力します。
esc_textarea (since 3.1)
テキストエリアの要素をエンコードします。
sanitize_text_field (since 2.9.0)
ユーザーからの入力又はデータベースからの入力を無害化します。

属性値

esc_attr( $text ) (since 2.8)
esc_attr__()
翻訳、エンコードします。
esc_attr_e()
翻訳、エンコード、出力します。

JavaScript

esc_js( $text ) (since 2.8)

URL

esc_url( $url, (array) $protocols = null ) (since 2.8)
URL を無害化するときは、常に esc_url を使ってください (テキスト中、属性値、その他あらゆる場所で)。ホワイトリストで提供されたプロトコル(デフォルトは http ならびに httpsftpftpsmailtonewsircgophernntpfeedtelnet)を持たない URL は拒否し、不正な文字を排除し、危険な文字を除去します。3.0 で非推奨とされた clean_url() の代わりに使います。
この関数は文字を HTML 実体にエンコードします。(X)HTML あるいは XML 書類を生成するときはこの関数を使ってください。アンド (&) とシングルクォートは (') 数値実体参照 (&#038, &#039) にエンコードします。
esc_url_raw( $url, (array) $protocols = null ) (since 2.8)
URL をデータベースに格納するための関数です。この関数は文字を HTML 実体にエンコードしません。URL をエンコードしない形で保存したいときはこの関数を使ってください。 この機能は古い関数 clean_url 関数の $contextdb に設定するのと同等です。
urlencode( $scalar )
URL をエンコードします。(例えば、クエリパラメータで使用する、など)
urlencode_deep( $array )
配列の全要素を URL エンコードします。

データベース

$wpdb->insert( $table, (array) $data )
$data は未エスケープとしてください (この関数がエスケープしてくれます)。配列キーがカラム、配列値がデータベース値になります。
$wpdb->update( $table, (array) $data, (array) $where )
$data は未エスケープとしてください。配列キーがカラム、配列値がデータベース値になります。$where は未エスケープとしてください。複数の WHERE 節は AND で連結されます。
$wpdb->update(
  'my_table',
  array( 'status' => $untrusted_status, 'title' => $untrusted_title ),
  array( 'id' => 123 )
);
$wpdb->prepare( $format, (scalar) $value1, (scalar) $value2, ... )
$formatsprintf() 形式に似た文字列です。%s%d のみ理解します。どちらもクォート文字で囲む必要はありません。
$wpdb->get_var( $wpdb->prepare(
  "SELECT something FROM table WHERE foo = %s and status = %d",
  $name, // 未エスケープの文字列 (関数が無害化します)
  $status // 信頼できない整数値 (関数が無害化します)
) );
esc_sql( $sql )
$wpdb->escape() のエイリアス。
$wpdb->escape( $text )
3.6から非推奨になりました。esc_sql() または $wpdb->prepare() を代わりに使ってください。
$wpdb->escape_by_ref( &$text )
返り値はありません。パラメータが参照で渡されるので、テキストが直接変更され、返り値を割り当てる必要がありません。
like_escape( $string )
SQL クエリの LIKE 式用に $string を無害化します。さらに SQL エスケープする必要があります (上記のいずれかの関数を使う)。

ファイルシステム

validate_file( (string) $filename, (array) $allowed_files = "" )
ディレクトリートラバーサル攻撃を防止する、あるいはファイル名がホワイトリストにあるか確認します。$filename が正答な相対パスならば 0 を返します。検証後、$filename を相対パスとして扱わなければなりません (MUST) (例えば、ABSPATH の後に繋げる等)。なぜなら、/etc/hosts はこの関数で正当と判定されるからです。返り値が正の整数の場合は、.., ./, あるいは : がパスに含まれているか、または $allowed_files ホワイトリストに含まれていません。この結果を真偽判定する場合は注意してください。false (0) はファイル名が検証を通過したことを示し、true (> 0) は検証されなかったことを示します。

HTTP ヘッダ

ヘッダ分割攻撃は、HTTP クライアントに依存するため、やっかいなものです。 WordPress は、HTTP ヘッダにユーザーが生成した内容を含む必要はほとんどありませんが、それを行うならば、WordPress は HTTP ヘッダの多くにホワイトリストを用います。

WordPress は、HTTP のロケーションヘッダにユーザーが生成した内容を使えますが、以下のように無害化できます。

wp_redirect($location, $status = 302)
あらゆる URL に対する安全なリダイレクト方法です。結果の HTTP ロケーションヘッダが妥当であることを保証します。
wp_safe_redirect($location, $status = 302)
さらに安全です。ホワイトリストにあるドメインしかリダイレクトしません。

入力の検証

出力の無害化に挙げられた多くの関数は、入力の検証にも使えます。 さらに、WordPress は以下の関数を使っています。

スラッグ

sanitize_title( $title )
投稿スラッグなどに使われています。
sanitize_user( $username, $strict = false )
新規ユーザーを作成するときは $strict を使ってください (API でユーザー追加するとき)。

HTML

balanceTags( $html ) or force_balance_tags( $html )
正当な XML 出力になるよう、HTML タグの開き/閉じの釣り合いを取ります。
tag_escape( $html_tag_name )
HTML タグ名を無害化します (関数名と違って、エスケープは何もしません)。
sanitize_html_class( $class, $fallback )
HTML クラス名を無害化し、妥当な文字列のみを含むことを保証します。A-Z,a-z,0-9,'-' に限定します。結果が空文字列になる場合は、第二引数で与えられた代替文字列を返します。

Email

is_email( $email_address )
妥当でない場合は false を返し、妥当な場合は $email_address を返します。

配列

array_map( 'absint', $array )
配列要素がすべて非負であることを保証します。あなたのデータに合うようにコールバック関数 'absint' を入れ替えてください。array_map() は PHP コアの関数で、配列の要素に任意のコールバック関数を実行します。この例ではコールバック関数は absint() です。

その他

その他の、データの無害化に役立つ関数です。

検証の哲学

検証をどのように行うか、いくつか異なった哲学があります。どれが正しいかは筋書によって異なります。

ホワイトリスト

既知および信頼された値の一覧にあるデータのみ受理します。

$possible_values = array( 'a', 1, 'good' );
if ( !in_array( $untrusted, $possible_values ) )
  die( "やっちゃダメ!" );
// Be careful here with fancy breaks and default actions.
switch ( $untrusted ) {
case 'a' :
  ...
  break;
...
default :
  die( "ろくでなし!" );
}

ブラックリスト

既知の信頼できない値の一覧にあるデータを拒否します。これがよい方法であることは、めったにありません。

書式の検出

データが正しい書式であるかテストします。正しい場合のみ受理します。

if ( !ctype_alnum( $data ) )
  die( "あなたのデータは※△□%&〒☆" );
if ( preg_match( "/[^0-9.-]/", $data ) )
  die( "浮動小数じゃない? おバカ!" );

書式の訂正

ほとんどのデータを受理し、危険な部分を除去または変更します。

$trusted_integer = (int) $untrusted_integer;
$trusted_alpha = preg_replace( '/[^a-z]/i', "", $untrusted_alpha );
$trusted_slug = sanitize_title( $untrusted_slug );

変更履歴

  • 3.6: Deprecated $wpdb->escape() in favor of esc_sql() and $wpdb->preapre().
  • 3.1: Introduced esc_textarea. (#15454)
  • 3.0: Deprecated clean_url() in favor of esc_url() and esc_url_raw(). (#12309)
  • 2.8: Deprecated the following functions. (via WordPress Development Updates)
    • sanitize_url() -> esc_url_raw()
    • wp_specialchars() -> esc_html() (also: esc_html__() and esc_html_e())
    • attribute_escape() -> esc_attr() (also: esc_attr__() and esc_attr_e())

外部資料


最新英語版: WordPress Codex » Data Validation最新版との差分