• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テーマカスタマイズ API」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(ページの作成:「==はじめに== [WordPress 3.4](http://wpdocs.sourceforge.jp/Version_3.4) で追加されたテーマカスタマイズ API で、テーマカスタマイズ管理画面...」)
(相違点なし)

2013年1月14日 (月) 22:53時点における版

はじめに

[WordPress 3.4](http://wpdocs.sourceforge.jp/Version_3.4) で追加されたテーマカスタマイズ API で、テーマカスタマイズ管理画面をカスタマイズすることができます。 テーマカスタマイズ画面(つまり "テーマカスタマイザー")ではサイト管理者がテーマ設定を変更し、それをリアルタイムでプレビューすることができます。

ここではテーマカスタマイズ API と、テーマ内での利用の仕方を説明します。

この記事は、あなたが WordPress のテーマやプラグイン作成について説明している [テーマの作成](http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90)、[プラグインの作成](http://wpdocs.sourceforge.jp/Writing_a_Plugin) を読んでいることを前提としています。また、オブジェクト指向プログラミングについての理解も必要です。WordPress の [セッティング API](http://wpdocs.sourceforge.jp/Settings_API) に精通しているなら、より理解しやすいでしょう。

テーマカスタマイザーの作成

あなたがテーマ開発者なら、よりパワフルでインタラクティブなカスタマイズ設定を加えることができます。

カスタマイズ設定を加えるには少なくとも2つのフックを使います。

[`customize_register`](http://codex.wordpress.org/Plugin_API/Action_Reference/customize_register) テーマカスタマイザー用のセクション、テーマ設定、コントロールを定義します。

[`wp_head`](http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3_API/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%83%E3%82%AF%E4%B8%80%E8%A6%A7/wp_head) テーマ設定の変更をライブプレビューするためのCSS を出力します。

    • 注意**: テーマカスタマイザー画面で JavaScript をエンキューするために `customize_preview_init` フックを使うこと_も_可能です。JavaScript でテーマカスタマイザーをよりレンスポンスよくパワフルにできますが、このステップは必須ではありません。

パート1: テーマ設定、コントロールの定義

テーマ設定、セクション、コントロールはすべて [`customize_register`](http://codex.wordpress.org/Plugin_API/Action_Reference/customize_register) アクションで追加します。このアクションは [`WP_Customize_Manager`](http://codex.wordpress.org/Class_Reference/WP_Customize_Manager) クラスのインスタンスである `$wp_customize` オブジェクトが引数になります。

まず以下のようにアクションを定義します:

   function mytheme_customize_register( $wp_customize )
   {
       // セクション、テーマ設定、コントロールを追加します。
   }
   add_action( 'customize_register', 'mytheme_customize_register' );

`$wp_customize` オブジェクトが関数の引数として渡されます。テーマカスタマイズ画面に作成したテーマ設定はすべてこの `$wp_customize` オブジェクトのメソッドで実行されます。

次にテーマ設定、セクション、コントロールを追加します。コントロールが機能するにはセクションとセッティングが1つずつ必要です。

テーマ設定の追加

テーマ設定は WordPress の theme_mod の仕組みを使って値の取得/設定を行います。

テーマカスタマイザーにテーマ設定を追加するには、[`$wp_customize->add_setting()`](http://codex.wordpress.org/Class_Reference%5CWP_Customize_Manager%5Cadd_setting) メソッドを使います。これにより、他に何もしなくてもテーマ設定の追加、保存、取得が可能になります。

`customize_register` アクションでセッティングを新規追加する例:

   $wp_customize->add_setting( 'header_textcolor' , array(
       'default'     => '#000000',
       'transport'   => 'refresh',
   ) );
    • 注意**: `transport` パラメータは任意でデフォルト値は `'refresh'`です。デフォルトのままなら、テーマ設定が変更された時にプレビューウインドウ自体が表示の更新をして設定を反映します。

煩雑な更新を避けてレスポンスを良くしたい場合は `'postMessage'` を指定します。 これは JavaScript でスタイルの更新を反映します(後述の**ライブプレビュー設定**のセクションを参照)。

セクションの追加

セクションはテーマ設定のグループです。コントロールを追加するときにセクションを追加する必要があります。_新しい_セクションを追加せずに、既存のセクションにコントロールを追加することも_できます_。

テーマカスタマイザーにセクションを追加するには [`$wp_customize->add_section()`](http://codex.wordpress.org/Class_Reference/WP_Customize_Manager/add_section) メソッドを使います。

`customize_register` アクションでセクションを追加する例:

   $wp_customize->add_section( 'mytheme_new_section_name' , array(
       'title'      => __('Visible Section Name','mytheme'),
       'priority'   => 30,
   ) );

WordPress にはビルトインセクションがあります。これらを使う場合は `add_section()` せずに、セクション名を指定します。ビルトインセクションには以下のものがあります。

  • **title_tagline** - サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • **colors** - 色
  • **header_image** - ヘッダー画像
  • **background_image** - 背景画像
  • **nav** - ナビゲーション(訳注:無いかも?)
  • **static\_front\_page** - 固定フロントページ

コントロールの追加

コントロールはテーマカスタマイザー画面に表示されるフォームの入力要素です。 これでテーマ設定を変更し、リアルタイムに変更をプレビューします。各コントロールは1つのセッティングと1つのセクションに紐づけられます。

コントロールを追加するには [`$wp_customize->add_control()`](http://codex.wordpress.org/Class_Reference%5CWP_Customize_Manager%5Cadd_control) メソッドを使います。

`customize_register` アクションでコントロールをセクションに追加する例:

   $wp_customize->add_control( new WP_Customize_Color_Control( $wp_customize,    'link_color', array(
       'label'        => __( 'Header Color', 'mytheme' ),
       'section'    => 'your_section_id',
       'settings'   => 'your_setting_id',
   ) ) );

コントロールは他のクラス(例では [`WP_Customize_Color_Control()`](http://codex.wordpress.org/Class_Reference%5CWP_Customize_Color_Control) クラス)に渡すためのオプションを持ちます。他の例は [`add_control()`](http://codex.wordpress.org/Class_Reference%5CWP_Customize_Manager%5Cadd_control) を参照してください。

パート2: ライブCSSの生成

テーマ設定を取得し、ヘッダーにCSSを出力します。 上記のように `customize_register` アクションでテーマ設定を追加したなら、`wp_head` アクションで CSS を出力したり、[`get_theme_mod()`](http://codex.wordpress.org/get_theme_mod) で設定値を取得するだけです。

コード例:

   function mytheme_customize_css()
   {
       ?>
           <style type="text/css">
               h1 { color:<?php echo get_theme_mod('header_color'); ?>; }
           </style>
       <?php
   }
   add_action( 'wp_head', 'mytheme_customize_css');

テーマ設定でパート1 の `'transport'=>'postMessage'` を明示的に指定していない限りテーマカスタマイズ設定は自動で更新されます。


    • ヒント**:このチュートリアルの最後に_サンプルテーマカスタマイズ_クラスがあります。このクラスの `generate_css()` という便利な関数(WordPress の関数ではありません)で簡単に CSS を出力することができます。
  1. パート3: ライブプレビュー設定(任意)

このステップは必須ではありませんが、ユーザー体験を劇的に改善できます。 通常はプレビューウインドウの再読み込みにより設定を反映しますが、JavaScript を使うことでより速い、インタラクティブなテーマカスタマイザーを実現できます。

JavaScript のハンドラを作るためには以下が必要です:

1. テーマ設定をすべて `'transport'=>'postMessage'` と指定します。 2. ライブな変更を反映するための JavaScript ファイル(例 theme-customize.js)を作ります。 3. 2の js ファイルをエンキューするために [`customize_preview_init`](http://codex.wordpress.org/Plugin_API/Action_Reference/customize_preview_init) をフックします。

各ステップを説明します。

ステップ 1: テーマ設定の更新

まず、テーマ設定で `'transport'=>'postMessage'` と指定します(上記 **テーマ設定の追加** 参照)。これでテーマ設定の変更時にプレビューの自動更新が行われなくなり、JavaScript での反映が可能になります。

WordPress のテーマカスタマイザー設定はすべてデフォルトで `'transport'=>'refresh'` です。これを変更するには `'customize_register'` フックで以下のように記述します:

   $wp_customize->get_setting( 'blogname' )->transport = 'postMessage';
   $wp_customize->get_setting( 'blogdescription' )->transport = 'postMessage';
   $wp_customize->get_setting( 'header_textcolor' )->transport = 'postMessage';
   $wp_customize->get_setting( 'background_color' )->transport = 'postMessage';

ステップ 2: JavaScript ファイルの作成

次にプレビューを制御するための新しい JavaScript ファイルを作成します。通常はファイル名を theme-customizer.js としテーマフォルダ内の js フォルダに置きますが、制限はありません。

theme-customizer.js ファイルには以下のように書きます:


   /**
    * このファイルはテーマカスタマイザーライブプレビューをライブにします。
    * テーマ設定で 'postMessage' を指定し、ここで制御します。
    * JavaScript はコントロールからテーマ設定を取得し、 
    * jQuery を使ってページに変更を反映します。
    */
   ( function( $ ) {
       // リアルタイムにサイトタイトルを変更
       wp.customize( 'blogname', function( value ) {
           value.bind( function( newval ) {
               $( '#site-title a' ).html( newval );
           } );
       } );
       // リアルタイムにキャッチフレーズを変更
       wp.customize( 'blogdescription', function( value ) {
           value.bind( function( newval ) {
               $( '.site-description' ).html( newval );
           } );
       } );
       
       // リアルタイムにサイトタイトルの色を変更
       wp.customize( 'header_textcolor', function( value ) {
           value.bind( function( newval ) {
               $('#site-title a').css('color', newval );
           } );
       } );
       
       // リアルタイムに背景色を変更
       wp.customize( 'background_color', function( value ) {
           value.bind( function( newval ) {
               $('body').css('background-color', newval );
           } );
       } );
       
       // リアルタイムにリンク色を変更
       wp.customize( 'mytheme_options[link_textcolor]', function( value ) {
           value.bind( function( newval ) {
               $('a').css('color', newval );
           } );
       } );
   
   } )( jQuery );

このコードからわかるように、一つのテーマ設定に対して以下のように書きます。

   wp.customize( 'YOUR_SETTING_ID', function( value ) {
       value.bind( function( newval ) {
           // なんかする(newval 変数が新しい設定値を持っています)
       } );
   } );

ステップ3: JavaScript のエンキュー

JavaScript をエンキューします。

(公開画面側ではなく)テーマカスタマイザー管理画面で_のみ_ファイルを読み込むには [`customize_preview_init`](http://codex.wordpress.org/Plugin_API/Action_Reference/customize_preview_init) フックを使います。

   /**
    * 実行されるフック: 'customize_preview_init'
    * 
    * @see add_action('customize_preview_init',$func)
    */
   public static function mytheme_customizer_live_preview()
   {
       wp_enqueue_script( 
           'mytheme-themecustomizer',  //このスクリプトの ID 名
           get_template_directory_uri().'/assets/js/theme-customizer.js', // このファイルの URL
           array( 'jquery','customize-preview' ),  // 必須の依存ファイル
           ,  // このスクリプトのバージョン(任意)
           true // フッターに出力する場合 true にします
       );
   }
   add_action( 'customize_preview_init', 'mytheme_customizer_live_preview' );

サンプルテーマカスタマイズクラス

既存テーマに簡単に組み込めるテーマカスタマイズクラスの例です。 このクラスは前述の theme-customize.js ファイル内で使用します。

   <?php
   /**
    * テーマカスタマイズ画面のカスタマイズ
    * 
    * @link http://codex.wordpress.org/Theme_Customization_API
    * @since MyTheme 1.0
    */
   class MyTheme_Customize
   {
      
      /**
       * このフックは WP3.4から利用可能な 'customize_register' をフックし、
       * テーマカスタマイズ画面に新しいセクションとコントロールを追加します。
       * 
       * 注意:即時反映するには JavaScript を書く必要があります。
       *    詳しくは live_preview() を参照。
       *  
       * @see add_action('customize_register',$func)
       * @param \WP_Customize_Manager $wp_customize
       * @link http://ottopress.com/2012/how-to-leverage-the-theme-customizer-in-your-own-themes/
       * @since MyTheme 1.0
       */
      public static function register ( $wp_customize )
      {
         
         //1. (必要なら)テーマカスタマイザー上に新しいセクションを追加します。
         $wp_customize->add_section( 'mytheme_options', 
            array(
               'title' => __( 'MyTheme Options', 'mytheme' ), //セクションのタイトル
               'priority' => 35, //セクションの表示順序
               'capability' => 'edit_theme_options', //権限
               'description' => __('Allows you to customize some example settings for MyTheme.', 'mytheme'), //ツールチップ表示内容
            ) 
         );
         
         //2. WPデータベースに新しいテーマ設定を追加します。
         $wp_customize->add_setting( 'mytheme_options[link_textcolor]', //シリアライズしたテーマ設定名 (すべての設定はDBの1レコードに格納されます)
            array(
               'default' => '#2BA6CB', //デフォルト値
               'type' => 'option', //'option' または 'theme_mod'
               'capability' => 'edit_theme_options', //(任意)アクセス権限
               'transport' => 'postMessage', //テーマ設定値更新のトリガー。'refresh' または 'postMessage'(即時反映) 
            ) 
         );      
         
               
         //3. コントロール(テーマ設定をセクションに紐づけてフォームコントロールを出力します)を追加します。
         $wp_customize->add_control( new WP_Customize_Color_Control( //カラーコントロールクラスを生成します
            $wp_customize, // (必須)$wp_customize オブジェクト
            'mytheme_link_textcolor', //コントロールの ID属性値
            array(
               'label' => __( 'Link Color', 'mytheme' ), //管理画面に表示するコントロール名
               'section' => 'colors', //このコントロールを出力するセクションのID名(追加したものか、ビルトインセクション)
               'settings' => 'mytheme_options[link_textcolor]', //シリアライズしたテーマ設定名
               'priority' => 10, //セクション内での表示順序
            ) 
         ) );
         
         //4. JavaScript で即時反映するために、ビルトインテーマ設定の transport 指定を変更することもできます。
         $wp_customize->get_setting( 'blogname' )->transport = 'postMessage';
         $wp_customize->get_setting( 'blogdescription' )->transport = 'postMessage';
         $wp_customize->get_setting( 'header_textcolor' )->transport = 'postMessage';
         $wp_customize->get_setting( 'background_color' )->transport = 'postMessage';
      }
   
      
      /**
       * ライブプレビュー中の <head> 内に CSS を出力します。
       * 
       * 実行されるフック: 'wp_head'
       * 
       * @see add_action('wp_head',$func)
       * @since MyTheme 1.0
       */
      public static function header_output()
      {
         ?>
         <style type="text/css">
              <?php self::generate_css('#site-title a', 'color', 'header_textcolor', '#'); ?> 
              <?php self::generate_css('body', 'background-color', 'background_color', '#'); ?> 
              <?php self::generate_css('a', 'color', 'mytheme_options[link_textcolor]'); ?>
         </style> 
         <?php
      }
      
      /**
       * 即時反映のための JavaScript をエンキューします。
       * この関数はテーマ設定で 'transport'=>'postMessage' を指定した場合のみ必要です。
       * 
       * 実行されるフック: 'customize_preview_init'
       * 
       * @see add_action('customize_preview_init',$func)
       * @since MyTheme 1.0
       */
      public static function live_preview()
      {
         wp_enqueue_script( 
              'mytheme-themecustomizer', //Give the script an ID
              get_template_directory_uri().'assets/js/theme-customizer.js', //Define it's JS file
              array( 'jquery','customize-preview' ), //Define dependencies
              , //Define a version (optional) 
              true //Specify whether to put in footer (leave this true)
         );
      }
   
       /**
        * <head> 内に出力する CSS を作成します。
        * $mod_name 設定が未定義の場合は、何も出力しません。
        * 
        * @uses get_theme_mod()
        * @param string $selector CSSセレクタ。
        * @param string $style 変更する CSS *プロパティ* 名。
        * @param string $mod_name 'theme_mod' 設定の名前。
        * @param string $prefix (任意)CSS プロパティの前に出力する内容。
        * @param string $postfix (任意)CSS プロパティの後に出力する内容。
        * @param bool $echo (任意)出力するか否か (デフォルト:true)。
        * @return string セレクタとプロパティからなる1行の CSS を返します。
        * @since MyTheme 1.0
        */
       public static function generate_css( $selector, $style, $mod_name, $prefix=, $postfix=, $echo=true)
       {
         $return = ;
         $mod = get_theme_mod($mod_name);
         if ( ! empty( $mod ) )
         {
            $return = sprintf('%s { %s:%s; }',
               $selector,
               $style,
               $prefix.$mod.$postfix
            );
            if ( $echo )
            {
               echo $return;
            }
         }
         return $return;
       }
       
   }
   
   //テーマ設定やコントロールをセットアップします。
   add_action( 'customize_register' , array( 'MyTheme_Customize' , 'register' ) );
   
   //ライブプレビュー中のサイトに CSS を出力します。
   add_action( 'wp_head' , array( 'MyTheme_Customize' , 'header_output' ) );
   
   //即時反映用の JavaScript をエンキューします。
   add_action( 'customize_preview_init' , array( 'MyTheme_Customize' , 'live_preview' ) );
  1. 関連
  1. 外部資料