• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレート:Source」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(ページ Template:BrowseSourceTemplate:Source へ移動: 短縮)
(コア Trac ディレクトリの変更に伴いパスに /src/ を追加。)
 
1行目: 1行目:
<onlyinclude><code>[http://core.trac.wordpress.org/browser/{{#ifexpr: {{CurrentVersion}} >= {{{2|{{CurrentVersion}}}}} | tags/{{CurrentVersion}} | trunk }}/{{{1|}}} {{{1|}}}]</code></onlyinclude>
+
<onlyinclude><code>[http://core.trac.wordpress.org/browser/{{#ifexpr: {{CurrentVersion}} >= {{{2|{{CurrentVersion}}}}} | tags/{{CurrentVersion}} | trunk }}/src/{{{1|}}} {{{1|}}}]</code></onlyinclude>
  
 
<div class="template-description">
 
<div class="template-description">

2013年10月28日 (月) 21:26時点における最新版

[1]

このテンプレートの説明

WordPress のソースコードブラウザ http://core.trac.wordpress.org/browser/ へのリンクを表示します。

(注) 英語版とは書き方が異なります。(英語版では条件文が使えないため)

引数

  1. ファイル名のパス。「~/tags/x.x.x/」「~/trunk/」よりの部分を記入する。
  2. (オプション) 開発中のコードにリンクしたい場合は、そのコードが実装される予定のバージョン番号を記入する。
    次のとおり自動的にリンク先が切り替わります。新規関数や、大幅に改変されるコードを参照させたいときなどに使えます。
    • そのバージョンがリリースされるまでは、開発版である trunk/en のコードへリンク
    • リリース後/バージョン未記入時は、最新安定版のコードへリンク

使用例

最新安定版のコードへリンク:

{{BrowseSource|ファイル名のパス}}

WordPress x.x の新規関数のコードを参照するため、バージョン x.x リリースまでは trunk のコードにリンク:

{{BrowseSource|ファイル名のパス|x.x}}