• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/wp title」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Template Tags/wp_title 2.3 時点の原文 (2007年9月7日 (金) 03:53 Christophe 版))
 
(WP2.3時点の和訳)
1行目: 1行目:
== Description ==
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
  
Displays or returns the title of the page, preceded by a separator string.
+
このテンプレートタグ '''<code>wp_title()</code>''' は、区切り文字を前につけて、現在のページタイトルを表示、または取得します。
  
This tag can be used anywhere within a template as long as it's outside [[The Loop]] on the main page, though is typically used in the <tt>&lt;title&gt;</tt> element for the head of a page.
+
このタグは、メインページの[[:ja:The Loop|ループ]]の外側であれば、テンプレートのどこででも使えますが、主に、ウェブページ <code><nowiki><head></nowiki></code> 内の <code><nowiki><title></nowiki></code> 要素で使われます。
  
The title text depends on the query:
+
クエリに基づいたタイトル文字列:
 +
; 単体記事/[[:ja:Pages|WordPressページ]] : 記事/ページタイトル
 +
; 日付ベースのアーカイブ : 日付 (例: "2006", "2006 - January")
 +
; カテゴリ : カテゴリ名
  
; Single post or a [[Pages|Page]]: the title of the post (or Page)
+
<div id="Usage">
; Date-based archive : the date (e.g., "2006", "2006 - January")
+
== 使い方 ==
; Category : the name of the category
+
</div>
  
== Usage ==
+
<?php wp_title('sep', display); ?>
  
%%% <?php wp_title('sep', display); ?> %%%
+
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
  
== Examples ==
+
<div id="Default_Usage">
 +
=== 初期設定での使用 ===
 +
</div>
  
=== Default Usage ===
+
デフォルトのまま用いてページタイトルを表示。
  
Displays page title using defaults.
+
<pre><p>You are now at <?php wp_title(); ?>.<p></pre>
  
&lt;p&gt;You are now at <?php wp_title(); ?>.&lt;/p&gt;
+
<div id="Using_Separator">
 +
=== 区切り文字の使用 ===
 +
</div>
  
=== Using Separator ===
+
区切り文字として "--" を用いて、ブログ名([[テンプレートタグ/bloginfo|<code>bloginfo()</code>]] 使用)とページタイトルをウェブページの <code><nowiki><title></nowiki></code> タグに表示。表示結果は、単体記事ページであれば '''ブログ名--記事タイトル''' となります。
  
Displays blog name (through [[Template Tags/bloginfo|<tt>bloginfo()</tt>]]) along with page title in the document's title tag, using "--" as the separator. This results in (when on a single post page) '''My Blog--Title of Post'''.
+
<title><?php bloginfo('name'); ?><?php wp_title('--'); ?></title>
  
&lt;title&gt;<?php bloginfo('name'); ?><?php wp_title('--'); ?>&lt;/title&gt;
+
<div id="Separator_with_Blog_Name_and_Title_Reversed">
 +
=== ブログ名とタイトルを反転して区切る ===
 +
</div>
  
=== Separator with Blog Name and Title Reversed ===
+
<code><nowiki><title></nowiki></code> タグのページタイトルとブログ名を、上の例とは逆さにする例です('''記事タイトル--ブログ名''')。<code>wp_title()</code> からは区切り文字を除き、<code>wp_title()</code> に値があるか判定、値があれば <code>bloginfo()</code> との間に区切り文字を表示します。
  
This lets you reverse page title and blog name in the title tag from example above ('''Title of Post--My Blog''') by removing the separator from wp_title(), then tests if wp_title() holds a value, and displays the separator between it and bloginfo() if it does.
+
  <title>
 
+
  &lt;title&gt;
+
 
  <?php wp_title(' '); ?>
 
  <?php wp_title(' '); ?>
 
  <?php if(wp_title(' ', false)) { echo '--'; } ?>  
 
  <?php if(wp_title(' ', false)) { echo '--'; } ?>  
 
  <?php bloginfo('name'); ?>
 
  <?php bloginfo('name'); ?>
  &lt;/title&gt;
+
  </title>
  
== Parameters ==
+
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
  
; sep : (''string'') Text to display between portions of the title (i.e. the separator), such as the archive elements of year and month. The separator text is placed before each title element, so when used in conjunction with the [[Template Tags/bloginfo#Parameters|<tt>bloginfo('name')</tt>]] tag, it should come after it. Defaults to <tt>'&amp;raquo;'</tt> (&raquo;).
+
; sep  
; display : <tt>true</tt> (default): function will display (print) the page title using PHP echo
+
: ''文字列'') アーカイブの年・月要素といった、タイトルの各部位の間に表示するテキスト、すなわち、区切り文字(セパレータ)。区切り文字はタイトルの各要素の前に置かれるため、[[テンプレートタグ/bloginfo#Parameters|<code>bloginfo('name')</code>]] タグと繋げて用いる際には、<code>wp_title</code> を後ろに置きます。初期値は <code>'&amp;raquo;'</code>&raquo;)。
: <tt>false</tt>: function will return the page title as a string.
+
; display  
 +
: (''真偽値'') 値を表示するか?
 +
:* <code>true</code> (初期値) - <!-- PHP echo を用いて -->ページタイトルを表示
 +
:* <code>false</code> - PHP の処理に使えるように、文字列としてページタイトルの値を返す
  
== Related ==
+
<div id="Related">
 +
== 関連 ==
 +
</div>
  
 
{{Tag General Tags}}
 
{{Tag General Tags}}
  
 
{{PHP Function Tag Footer}}
 
{{PHP Function Tag Footer}}
 +
 +
{{原文|Template Tags/wp_title}}
 +
 +
{{DEFAULTSORT:wp_title}}
  
 
[[en:Template Tags/wp_title]]
 
[[en:Template Tags/wp_title]]

2008年3月19日 (水) 20:52時点における版

このテンプレートタグ wp_title() は、区切り文字を前につけて、現在のページタイトルを表示、または取得します。

このタグは、メインページのループの外側であれば、テンプレートのどこででも使えますが、主に、ウェブページ <head> 内の <title> 要素で使われます。

クエリに基づいたタイトル文字列:

単体記事/WordPressページ 
記事/ページタイトル
日付ベースのアーカイブ 
日付 (例: "2006", "2006 - January")
カテゴリ 
カテゴリ名

使い方

<?php wp_title('sep', display); ?>

用例

初期設定での使用

デフォルトのまま用いてページタイトルを表示。

<p>You are now at <?php wp_title(); ?>.<p>

区切り文字の使用

区切り文字として "--" を用いて、ブログ名(bloginfo() 使用)とページタイトルをウェブページの <title> タグに表示。表示結果は、単体記事ページであれば ブログ名--記事タイトル となります。

<title><?php bloginfo('name'); ?><?php wp_title('--'); ?></title>

ブログ名とタイトルを反転して区切る

<title> タグのページタイトルとブログ名を、上の例とは逆さにする例です(記事タイトル--ブログ名)。wp_title() からは区切り文字を除き、wp_title() に値があるか判定、値があれば bloginfo() との間に区切り文字を表示します。

<title>
<?php wp_title(' '); ?>
<?php if(wp_title(' ', false)) { echo '--'; } ?> 
<?php bloginfo('name'); ?>
</title>

パラメータ

sep
文字列) アーカイブの年・月要素といった、タイトルの各部位の間に表示するテキスト、すなわち、区切り文字(セパレータ)。区切り文字はタイトルの各要素の前に置かれるため、bloginfo('name') タグと繋げて用いる際には、wp_title を後ろに置きます。初期値は '&raquo;'(»)。
display
真偽値) 値を表示するか?
  • true (初期値) - ページタイトルを表示
  • false - PHP の処理に使えるように、文字列としてページタイトルの値を返す


記事

コードドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クエリの詳細概要
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方概要
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加カスタムクエリの作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を使ってその投稿のレコードをデータベースから取得する
  • 関数: get_posts() - 項目の配列を返す特別な関数。
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返す特別な関数。
  • 関数: have posts() - クエリが記事を返すかどうか判断する条件分岐。
  • 関数: the_post() - クエリの後に自動的にループを設定するのに使われる。
  • 関数: rewind_posts() - 現在のループをクリアする。
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で単一クエリ結果のデータを設定する。
  • 関数: wp_reset_postdata() - 以前のクエリを復元する(通常、ループ内のもう一つのループで使われる)。
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更するのがメインクエリであるよう保証する。
  • アクションフック: pre_get_posts - 実行される前に WordPress クエリを変更する。
  • アクションフック: the_post - 投稿オブジェクトをクエリの後に変更する。
  • フィルターフック: found_posts - found_posts WP_Query オブジェクトの値を変更する


関連

固定ページ: get_all_page_ids(), get_ancestors(), get_page_link(), get_page_by_path(), get_page_by_title(), get_page_children(), get_page_hierarchy(), get_page_uri() /en, get_pages(), is_page(), page_uri_index() /en, wp_list_pages(), wp_page_menu()


リスト・ドロップダウン関数: wp_list_authors(), wp_list_categories(), wp_list_pages(), wp_list_bookmarks(), wp_list_comments(), wp_get_archives(), wp_page_menu(), wp_dropdown_pages(), wp_dropdown_categories(), wp_dropdown_users()


テンプレートタグへの PHP 関数型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/wp_title