当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

テンプレートタグ/wp page menu

提供: WordPress Codex 日本語版
< テンプレートタグ
2009年1月14日 (水) 19:52時点におけるMizuno (トーク | 投稿記録)による版 (サイドバーのカスタマイズ、ヘッダの設計、日本語ページ無(ページ名は「WordPress サイトデザイン リファレンス」から): アルファベット順でソートは、日本語はあいうえお順?)

移動先: 案内検索

この項目「テンプレートタグ/wp page menu」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

テンプレートタグ wp_page_menu() は、WordPress ページ をリンクとしてリスト表示します。そして表示されるページに ホーム を自動的に追加することができます。このタグは、サイドバーのカスタマイズ/en あるいは ヘッダの設計/en をカスタマイズするのに便利ですし、他の テンプレート でも使用されているかもしれません。

この テンプレートタグ は、 WordPress バージョン 2.7 以降で利用可能です。

使い方

<?php wp_page_menu('arguments'); ?>

用例

デフォルトでの使い方

$defaults = array(
    'sort_column' => 'post_title',
    'menu_class'  => 'menu',
    'echo'        => true,
    'link_before' => '',
    'link_after'  => '');

デフォルトの設定は以下の通りです。

  • タイトルでソート
  • div class は 'menu'
  • 出力を返す(表示)
  • リンク前後のテキストなし
  • ページリストに "ホーム" を追加しない(上のデフォルト設定では表記されていません)
  • 注意:出力は <ul></ul> タグで囲まれます。
 wp_page_menu();

ページリストにホームを表示する

次の例は、表示されるページリストに "ホーム" を追加します。さらに、ページは div 要素で括られ、Page ID 5, 9, および 23 は表示されず、ページ順に表示されます。このリストには、 "Page Menu" というタイトルが付けられます。

<h2>Page Menu</h2>
<?php wp_page_menu('show_home=1&exclude=5,9,23&menu_class=page-navi&sort_column=menu_order'); ?>

ホームのみを表示する

次の例は、"ホーム" だけを表示します。include=99999' が存在しない Page ID を示すので、ホームへのリンクのみが表示されます。

<?php wp_page_menu('show_home=1&include=9999); ?>

パラメータ

sort_column (文字列)
ページタイトルのアルファベット順でソートします。初期値は ページタイトルのアルファベット順でソートsort_column パラメータは、WordPress データベースの wp_post table にある任意のフィールドのディスクリプタを用いることができます。以下に便利な例を示します。
  • 'post_title' - (タイトルの) アルファベット順でソート。初期値
  • 'menu_order' - ページ順でソート。Page OrderPage ID とは異なることに注意してください。Page ID は、WordPress がすべての投稿とページに割り当てる一意の番号です。Page Order は管理パネルでユーザーが設定することができます。(管理パネル > ページ > 編集/en)
  • 'post_date' - 投稿日時でソート。
  • 'post_modified' - 最終更新日時でソート。
  • 'ID' - Page ID でソート。
  • 'post_author' - 著者の ID 番号でソート.
  • 'post_name' - 投稿 slug のアルファベット順でソート。
menu_class (文字列)
リストを表示をする div class。初期値はmenu
echo (真偽値)
リストを表示する(True)か、PHP 文字列として使えるようにリストの値を返す(False)か。初期値は0 (リストの値を返す)。有効な値:
  • 0 (false) - 初期値
  • 1 (true)
show_home (真偽値)
ページリストの先頭に"ホーム"を追加するか。"ホーム"の URL は、管理パネル > 設定 > 一般設定ブログのアドレス(URL) が用いられます。初期値は 0 ("ホーム"をリストに表示しなt)。有効な値:
  • 0 (false) - 初期値
  • 1 (true)
link_before (文字列)
<a> タグ内のリンクテキストの前につける文字列を設定。
link_after (文字列)
<a> タグ内のリンクテキストの後につける文字列を設定。

変更履歴

  • 2.7 : 新規テンプレートタグ


記事

コードドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クエリの詳細概要
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方概要
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加カスタムクエリの作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を使ってその投稿のレコードをデータベースから取得する
  • 関数: get_posts() - 項目の配列を返す特別な関数。
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返す特別な関数。
  • 関数: have posts() - クエリが記事を返すかどうか判断する条件分岐。
  • 関数: the_post() - クエリの後に自動的にループを設定するのに使われる。
  • 関数: rewind_posts() - 現在のループをクリアする。
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で単一クエリ結果のデータを設定する。
  • 関数: wp_reset_postdata() - 以前のクエリを復元する(通常、ループ内のもう一つのループで使われる)。
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更するのがメインクエリであるよう保証する。
  • アクションフック: pre_get_posts - 実行される前に WordPress クエリを変更する。
  • アクションフック: the_post - 投稿オブジェクトをクエリの後に変更する。
  • フィルターフック: found_posts - found_posts WP_Query オブジェクトの値を変更する


関連

固定ページ: get_all_page_ids(), get_ancestors(), get_page_link(), get_page_by_path(), get_page_by_title(), get_page_children(), get_page_hierarchy(), get_page_uri() /en, get_pages(), is_page(), page_uri_index() /en, wp_list_pages(), wp_page_menu()


リスト・ドロップダウン関数: wp_list_authors(), wp_list_categories(), wp_list_pages(), wp_list_bookmarks(), wp_list_comments(), wp_get_archives(), wp_page_menu(), wp_dropdown_pages(), wp_dropdown_categories(), wp_dropdown_users()


テンプレートタグへのクエリ文字列型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


この記事は翻訳時に編集が必要であるとマークされていました。その為Codex原文が大きく編集されている可能性があります。内容を確認される際は原文を参照していただき、可能であれば本項目へ反映させてください。よりよいCodexを作成するためのお手伝いをお願いします。

最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/wp page menu