当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/wp logout url」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(最新版に更新。リンク付きテキストじゃなくて URL を取得するタグなのでコードを修正。)
(原文のリンク先を翻訳時点の最新版に変更)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
{{CheckTrans}}
  
 
<div id="Description">
 
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
Introduced with [[Version 2.7]], this Template Tag returns a [http://en.wikipedia.org/wiki/Cryptographic_nonce nonce-protected URL] that can be echoed as part of an <tt><nowiki><a></nowiki></tt> tag allowing a user to logout of a site.  Because [[テンプレートタグ/wp_logout_url|wp_logout_url]] is protected by a nonce, this tag should be used in place of code such as <tt>/wp-login.php?action=logout</tt>.  The WordPress Default and Classic themes both use this tag in the <tt>comments.php</tt> and <tt>comments-popup.php</tt> [[テンプレート|Templates]].
+
[[Version 2.7]] で導入されたこのテンプレートタグは、<tt><nowiki><a></nowiki></tt> タグの一部として [http://en.wikipedia.org/wiki/Cryptographic_nonce nonce-protected URL] を返し、ユーザーをログアウトさせます。[[テンプレートタグ/wp_logout_url|wp_logout_url]] nonce で保護されているので、<tt>/wp-login.php?action=logout</tt> のようなコードの代わりにこのタグを使用すべきです。Default と Classic テーマはどちらも、<tt>comments.php</tt> <tt>comments-popup.php</tt> [[テンプレート|Templates]] でこのタグを使用しています。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
14行目: 14行目:
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
 
</div>
 
</div>
=== Default Usage ===
+
=== デフォルトでの使い方 ===
The following example returns a URL that can be used to compose a link that allows the user to logout and be returned to the login screen.
+
下の例では、ユーザーがログアウトしてログイン画面へ戻るリンクの URL を返します。
  
 
  <a href="<?php echo wp_logout_url(); ?>">Logout</a>
 
  <a href="<?php echo wp_logout_url(); ?>">Logout</a>
  
=== Logout link in a comment popup template===
+
=== コメントポップアップテンプレートでのログアウトリンク ===
Presents a link that when clicked logs the user out and redirects the user to the post/page from where the link was activated. 
+
クリックすると、ログアウトしてリンクを生成した投稿記事/ページへリダイレクトするリンクを作成します。
  
 
  <a href="<?php echo wp_logout_url(get_permalink()); ?>" title="Log out of this account">Log out &raquo;</a>
 
  <a href="<?php echo wp_logout_url(get_permalink()); ?>" title="Log out of this account">Log out &raquo;</a>
27行目: 27行目:
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
 
</div>
 
</div>
; '''redirect''' (''string''): Text to append to after the <tt>wp-login.php?action=logout</tt>. Default is <tt>' '</tt>.
+
; '''redirect''' (''文字列''): <tt>wp-login.php?action=logout</tt> の後に付加するテキストです。初期値は <tt>' '</tt>
  
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
39行目: 39行目:
 
{{PHP Function Tag Footer}}
 
{{PHP Function Tag Footer}}
  
{{原文|Template Tags/wp_logout_url|63025}}<!-- 14:52, November 2, 2008 MichaelH 版 -->
+
{{原文|Template Tags/wp_logout_url}}<!-- 14:52, November 2, 2008 MichaelH 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:Wp_logout_url}}
 
{{DEFAULTSORT:Wp_logout_url}}

2009年1月21日 (水) 10:53時点における版

この項目「テンプレートタグ/wp logout url」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

Version 2.7 で導入されたこのテンプレートタグは、<a> タグの一部として nonce-protected URL を返し、ユーザーをログアウトさせます。wp_logout_url は nonce で保護されているので、/wp-login.php?action=logout のようなコードの代わりにこのタグを使用すべきです。Default と Classic テーマはどちらも、comments.phpcomments-popup.php Templates でこのタグを使用しています。

使い方

<?php echo wp_logout_url($redirect); ?>

用例

デフォルトでの使い方

下の例では、ユーザーがログアウトしてログイン画面へ戻るリンクの URL を返します。

<a href="<?php echo wp_logout_url(); ?>">Logout</a>

コメントポップアップテンプレートでのログアウトリンク

クリックすると、ログアウトしてリンクを生成した投稿記事/ページへリダイレクトするリンクを作成します。

<a href="<?php echo wp_logout_url(get_permalink()); ?>" title="Log out of this account">Log out »</a>

パラメータ

redirect (文字列)
wp-login.php?action=logout の後に付加するテキストです。初期値は ' '

変更履歴

  • 2.7 : 新規テンプレートタグ

記事

コードドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クエリの詳細概要
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方概要
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加カスタムクエリの作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を使ってその投稿のレコードをデータベースから取得する
  • 関数: get_posts() - 項目の配列を返す特別な関数。
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返す特別な関数。
  • 関数: have posts() - クエリが記事を返すかどうか判断する条件分岐。
  • 関数: the_post() - クエリの後に自動的にループを設定するのに使われる。
  • 関数: rewind_posts() - 現在のループをクリアする。
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で単一クエリ結果のデータを設定する。
  • 関数: wp_reset_postdata() - 以前のクエリを復元する(通常、ループ内のもう一つのループで使われる)。
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更するのがメインクエリであるよう保証する。
  • アクションフック: pre_get_posts - 実行される前に WordPress クエリを変更する。
  • アクションフック: the_post - 投稿オブジェクトをクエリの後に変更する。
  • フィルターフック: found_posts - found_posts WP_Query オブジェクトの値を変更する


関連

固定ページ: get_all_page_ids(), get_ancestors(), get_page_link(), get_page_by_path(), get_page_by_title(), get_page_children(), get_page_hierarchy(), get_page_uri() /en, get_pages(), is_page(), page_uri_index() /en, wp_list_pages(), wp_page_menu()


リスト・ドロップダウン関数: wp_list_authors(), wp_list_categories(), wp_list_pages(), wp_list_bookmarks(), wp_list_comments(), wp_get_archives(), wp_page_menu(), wp_dropdown_pages(), wp_dropdown_categories(), wp_dropdown_users()


テンプレートタグへの PHP 関数型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/wp_logout_url