当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/wp link pages」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
({{原文|Function Reference/wp link pages|95722}} <!-- 22:58, 2 December 2010 Sahaskatta 版 -->)
(日本語の元記事が古いので、全面的に書き換え)
1行目: 1行目:
{{Old||
+
== 説明 ==
* [[:Category:wp2.7|バージョン 2.7]] でパラメータ 'link_before', 'link_after' が追加されています。}}
+
  
* 書式: <?php wp_link_pages('引数'); ?>
+
(<code>&lt;!--nextpage--&gt;</code> [[Write_Post_SubPanel#Quicktags | Quicktag]] を1つ以上含む)分割された投稿でページリンクを表示します。[[テンプレートタグ/link_pages|link_pages()]] (廃止予定) とほぼ同様に動作しますが、引数がクエリストリングフォーマットである点が異なります。このタグは、[[The_Loop]]内で使用する必要があります。
* 説明: 記事内を<!--nextpage-->で分割した場合の他セクション(記事内のページ)へのリンク。
+
* 位置: ループ内
+
* 引数:
+
** before (文字列)- リンクの直前に出力するコードやテキスト。デフォルト値は「<nowiki><br /></nowiki>」。
+
** after (文字列)- リンクの直後に出力するコードやテキスト。デフォルト値は「<nowiki><br /></nowiki>」。
+
** next_or_number (next/number)- リンクラベルのタイプ。
+
*** number(デフォルト。ページ数リンク。指定すると「nextpagelink」「previouspagelink」は無視される)
+
*** next(テキストリンク。指定すると「pagelink」は無視される)
+
** nextpagelink (文字列)- 次ページへのリンクのラベルとして使うテキスト。デフォルト値は「next page」。
+
** previouspagelink (規定値)- 前ページへのリンクのラベルとして使うテキスト。デフォルト値は「previous page」。
+
** pagelink (文字列)- ページ番号の出力形式。「%」記号を含めるとその部分が実際のページ番号の数字として出力される。デフォルト値は「%」。
+
** more_file (文字列)- リンク先として使うファイル名。現時点のバージョンではこの引数を指定してもデフォルト値が採用される。
+
* コード記述例: <code><nowiki><?php wp_link_pages('before=<p>&after=</p>&next_or_number=number&pagelink=page %'); ?></nowiki></code>
+
* 出力例:<code><nowiki><p> Page 1 <a href="http://example.com/?p=3&amp;page=2">Page 2 </a> <a href="http://example.com/?p=3&amp;page=3">Page 3</a></p></nowiki></code>
+
  
== 変更履歴 ==
+
== 使い方 ==
* [[Version 2.7|2.7]] : パラメータに <code>link_before</code>、<code>link_after</code> が追加されました。
+
 
+
{{Tag Link Tags}}
+
 
+
{{Query String Tag Footer}}
+
 
+
{{DEFAULTSORT:Wp_link_pages}}
+
[[Category:wp2.7]]
+
 
+
[[en:Template Tags/wp_link_pages]]
+
{{Languages|
+
{{en|Template Tags/wp_link_pages}}
+
{{ja|テンプレートタグ/wp_link_pages}}
+
}}
+
 
+
== Description ==
+
 
+
Displays page-links for paginated posts (i.e. includes the <code>&lt;!--nextpage--&gt;</code> [[Write_Post_SubPanel#Quicktags | Quicktag]] one or more times). This works in much the same way as [[Template_Tags/link_pages|link_pages()]] (deprecated), the difference being that arguments are given in query string format. This tag must be within [[The_Loop]].
+
 
+
== Usage ==
+
  
%%% <?php wp_link_pages( $args ); ?> %%%
+
<?php wp_link_pages( $args ); ?>  
  
=== Default Usage ===
+
=== デフォルトの使い方 ===
  
%%% <?php $args = array(
+
<pre><?php $args = array(
 
'before'          => '<p>' . __('Pages:'),
 
'before'          => '<p>' . __('Pages:'),
 
'after'            => '</p>',
 
'after'            => '</p>',
54行目: 19行目:
 
'pagelink'        => '%',
 
'pagelink'        => '%',
 
'more_file'        => '',
 
'more_file'        => '',
'echo'            => 1 ); ?> %%%
+
'echo'            => 1 ); ?>  
 +
</pre>
 +
== パラメータ ==
  
== Parameters ==
+
; before : (''文字列'') リンクの前のテキスト。デフォルトは <tt>&lt;p&gt;Pages:</tt>。
  
; before : (''string'') Text to put before all the links. Defaults to <tt>&lt;p&gt;Pages:</tt>.
+
; after : (''文字列'') リンクの後のテキスト。デフォルトは<tt>&lt;/p&gt;</tt>
  
; after : (''string'') Text to put after all the links. Defaults to <tt>&lt;/p&gt;</tt>.
+
; link_before : (''文字列'') リンクテキストの前のテキスト。デフォルト<tt>(blank)</tt>。 バージョン 2.7 以降。
  
; link_before : (''string'') Text that goes before the text of the link. Defaults to <tt>(blank)</tt>. Version 2.7 or later required.
+
; link_after : (''文字列'') リンクテキストの後のテキスト。デフォルト<tt>(blank)</tt>。 バージョン 2.7 以降。
  
; link_after : (''string'') Text that goes after the text of the link. Defaults to <tt>(blank)</tt>. Version 2.7 or later required.
+
; next_or_number : (''文字列'') ページ番号を使用するかどうかを指定する。有効な値は、
 +
:* <tt>number</tt> (デフォルト)  
 +
:* <tt>next</tt> (1.5 以降で有効)
  
; next_or_number : (''string'') Indicates whether page numbers should be used. Valid values are:
+
; nextpagelink : (''文字列'') 次のページへのリンクのテキスト。デフォルトは<tt>Next page</tt>(WordPress 1.5 以降で有効)
:* <tt>number</tt> (Default)
+
:* <tt>next</tt> (Valid in WordPress 1.5 or after)
+
  
; nextpagelink : (''string'') Text for link to next page. Defaults to <tt>Next page</tt>. (Valid in WordPress 1.5 or after)
+
; previouspagelink: (''文字列'') 前のページへのリンクのテキスト。デフォルト<tt>Previous page</tt>(WordPress 1.5 以降で有効)
  
; previouspagelink: (''string'') Text for link to previous page. Defaults to <tt>Previous page</tt>. (Valid in WordPress 1.5 or after)
+
; pagelink : (''文字列'') ページ番号のフォーマット。文字列内の <tt> % </tt> が番号に置き換えられる。例えば<tt>Page %</tt> は"Page 1", "Page 2", 等を生成する。デフォルトは<tt>%</tt>。
  
; pagelink : (''string'') Format string for page numbers. <tt> % </tt> in the string will be replaced with the number, so <tt>Page %</tt> would generate "Page 1", "Page 2", etc. Defaults to <tt>%</tt>.
+
; more_file : (''文字列'') リンクが指すページ。デフォルトは現在のページ。
  
; more_file : (''string'') Page the links should point to. Defaults to the current page.
+
; echo : (''真偽値'') HTML 出力する(true)か、変数として返す(false)か。デフォルトは ''true''。有効な値は、
 
+
:* <tt>1 (True)</tt> - デフォルト
; echo : (''boolean'') Toggles whether to echo or return the result. The default is ''true''. Valid values:
+
:* <tt>1 (True)</tt> - Default
+
 
:* <tt>0 (False)</tt>
 
:* <tt>0 (False)</tt>
  
== Examples ==
+
== 用例 ==
  
=== Default Usage ===
+
=== デフォルトの使い方 ===
  
Displays page-links by default with paragraph tags before and after, using ''Next page'' and ''Previous page'', listing them with page numbers as ''Page 1, Page 2'' and so on.
+
デフォルトでは、ページリンクを段落(p)タグで囲い、''Next page'' ''Previous page'' を仕様し、ページ番号を ''Page 1, Page 2'' のように表示します。
  
 
  <?php wp_link_pages(); ?>
 
  <?php wp_link_pages(); ?>
  
=== Page-links in Paragraph Tags ===
+
=== 段落(p)タグで囲って表示 ===
  
Displays page-links wrapped in paragraph tags.
+
ページリンクを段落(p)タグで囲って表示します。
  
 
  <?php wp_link_pages('before=&lt;p&gt;&after=&lt;/p&gt;&next_or_number=number&pagelink=page %'); ?>
 
  <?php wp_link_pages('before=&lt;p&gt;&after=&lt;/p&gt;&next_or_number=number&pagelink=page %'); ?>
  
=== Page-links in DIV ===
+
=== DIV タグで囲って表示 ===
  
Displays page-links in DIV for CSS reference as <tt>&lt;div id="page-links"&gt;</tt>.
+
ページリンクを DIV タグで囲い、CSS 参照用に <tt>&lt;div id="page-links"&gt;</tt> として表示します。
  
 
  <?php wp_link_pages('before=&lt;div id="page-links"&gt;&after=&lt;/div&gt;'); ?>
 
  <?php wp_link_pages('before=&lt;div id="page-links"&gt;&after=&lt;/div&gt;'); ?>
  
== Changelog ==
+
== 変更履歴 ==
 +
* version 0.71から
 +
* [[Version 2.7|2.7]] : パラメータに <code>link_before</code>、<code>link_after</code> が追加されました。
  
Since: 0.71
+
== ソースファイル ==
  
== Source File ==
+
<tt>wp_link_pages()</tt> {{Trac|wp-includes/post-template.php}} にあります。
 
+
<tt>wp_link_pages()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/post-template.php}}.
+
 
+
== Related ==
+
  
 
{{Tag Post Tags}}
 
{{Tag Post Tags}}
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
 +
 
{{原文|Function Reference/wp link pages|95722}} <!-- 22:58, 2 December 2010 Sahaskatta 版 -->
 
{{原文|Function Reference/wp link pages|95722}} <!-- 22:58, 2 December 2010 Sahaskatta 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:Wp_link_pages}}
 
{{DEFAULTSORT:Wp_link_pages}}
[[Category:Template Tags]]
+
[[Category:テンプレートタグ]]

2010年12月21日 (火) 13:07時点における版

説明

(<!--nextpage--> Quicktag を1つ以上含む)分割された投稿でページリンクを表示します。link_pages() (廃止予定) とほぼ同様に動作しますが、引数がクエリストリングフォーマットである点が異なります。このタグは、The_Loop内で使用する必要があります。

使い方

<?php wp_link_pages( $args ); ?> 

デフォルトの使い方

<?php $args = array(
	'before'           => '<p>' . __('Pages:'),
	'after'            => '</p>',
	'link_before'      => '',
	'link_after'       => '',
	'next_or_number'   => 'number',
	'nextpagelink'     => __('Next page'),
	'previouspagelink' => __('Previous page'),
	'pagelink'         => '%',
	'more_file'        => '',
	'echo'             => 1 ); ?> 

パラメータ

before 
(文字列) リンクの前のテキスト。デフォルトは <p>Pages:
after 
(文字列) リンクの後のテキスト。デフォルトは</p>
link_before 
(文字列) リンクテキストの前のテキスト。デフォルト(blank)。 バージョン 2.7 以降。
link_after 
(文字列) リンクテキストの後のテキスト。デフォルト(blank)。 バージョン 2.7 以降。
next_or_number 
(文字列) ページ番号を使用するかどうかを指定する。有効な値は、
  • number (デフォルト)
  • next (1.5 以降で有効)
nextpagelink 
(文字列) 次のページへのリンクのテキスト。デフォルトはNext page。 (WordPress 1.5 以降で有効)
previouspagelink
(文字列) 前のページへのリンクのテキスト。デフォルトPrevious page。 (WordPress 1.5 以降で有効)
pagelink 
(文字列) ページ番号のフォーマット。文字列内の  % が番号に置き換えられる。例えばPage % は"Page 1", "Page 2", 等を生成する。デフォルトは%
more_file 
(文字列) リンクが指すページ。デフォルトは現在のページ。
echo 
(真偽値) HTML 出力する(true)か、変数として返す(false)か。デフォルトは true。有効な値は、
  • 1 (True) - デフォルト
  • 0 (False)

用例

デフォルトの使い方

デフォルトでは、ページリンクを段落(p)タグで囲い、Next pagePrevious page を仕様し、ページ番号を Page 1, Page 2 のように表示します。

<?php wp_link_pages(); ?>

段落(p)タグで囲って表示

ページリンクを段落(p)タグで囲って表示します。

<?php wp_link_pages('before=<p>&after=</p>&next_or_number=number&pagelink=page %'); ?>

DIV タグで囲って表示

ページリンクを DIV タグで囲い、CSS 参照用に <div id="page-links"> として表示します。

<?php wp_link_pages('before=<div id="page-links">&after=</div>'); ?>

変更履歴

  • version 0.71から
  • 2.7 : パラメータに link_beforelink_after が追加されました。

ソースファイル

wp_link_pages()wp-includes/post-template.php にあります。


投稿タグ: body_class(), next_image_link(), next_post_link(), next_posts_link(), post_class(), post_password_required(), posts_nav_link(), previous_image_link(), previous_post_link(), previous_posts_link(), single_post_title(), sticky_class(), the_category(), the_category_rss(), the_content(), the_content_rss(), the_excerpt(), the_excerpt_rss(), the_ID(), the_meta(), the_shortlink(), the_tags(), the_title(), the_title_attribute(), the_title_rss(), wp_link_pages(),


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp link pages最新版との差分