• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/wp count posts」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
({{原文|Template Tags/wp_count_posts|141368}}<!-- 23:35, 18 February 2014‎ Vanjwilson -->)
(残りを和訳。戻り値セクションを追加。クリーンアップ。)
 
3行目: 3行目:
 
</div>
 
</div>
  
WordPress [[Version 2.5|2.5]] で初めて使用できるようになった、このテンプレートタグは プロパティが投稿タイプの各投稿ステータスのカウントするオブジェクトを返します。
+
WordPress [[Version 2.5|2.5]] で新規導入されたこの関数は、指定した投稿タイプの各投稿ステータスの投稿数をプロパティとして持つオブジェクトを返します。また第 2 パラメータを入れて <code>wp_count_posts()</code> を使うと、非公開(プライベート)の投稿数も含めることができます。デフォルトの場合や、ユーザーがログインしていなかったりゲストユーザーだったりした場合は、非公開の投稿数は含まれません。
  
You can also use <code>wp_count_posts()</code> as a template_tag with the second parameter and include the private post status. By default, or if the user isn't logged in or is a guest of your site, then private post status post count will not be included.
+
この関数は投稿ステータスをプロパティとするオブジェクトを返すので、もし非公開の投稿数が必要なら PHP 関数 <code>isset()</code> を使ってプロパティの有無をチェックしましょう。すべての投稿ステータスがオブジェクトに含まれるのではないからです。
 
+
This function will return an object with the post statuses as the properties. You should check for the property using <code>isset()</code> PHP function, if you are wanting the value for the private post status. Not all post statuses will be part of the object.
+
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==
 
</div>
 
</div>
 +
 
  <?php wp_count_posts( $type, $perm ); ?>
 
  <?php wp_count_posts( $type, $perm ); ?>
 
  
 
<div id="Parameters">
 
<div id="Parameters">
19行目: 17行目:
 
</div>
 
</div>
  
{{Parameter|$type|文字列|Post type to count|オプション|'post'}}
+
{{Parameter|$type|文字列|カウント対象の投稿タイプ。|オプション|'post'(ふつうの「投稿」)}}
{{Parameter|$perm|文字列|To include private posts readable by the current user, set to 'readable'|オプション|''empty string''}}
+
{{Parameter|$perm|文字列|現在のユーザーが読める非公開の投稿を含めるには 'readable' をセット。|オプション|''空の文字列''}}
  
<!--旧
+
<div id="Return_Values">
; type : (''文字列'') 数えたい ''wp_posts'' の型。型の値は ''post_type'' と同じです。デフォルトは '''post''' です
+
== 戻り値 ==
; status : (''文字列'') 数えたい ''wp_posts'' のステータス。ステータスの値は ''post_status'' と同じです。デフォルトは '''publish''' です
+
</div>
-->
+
 
 +
{{Return||オブジェクト|各投稿ステータスの投稿数をプロパティとして持つオブジェクト。指定した投稿タイプが存在しなければプロパティを何も持たないオブジェクトを返す。}}
  
 
<div id="Examples">
 
<div id="Examples">
34行目: 33行目:
 
=== 初期設定での使用 ===
 
=== 初期設定での使用 ===
 
</div>
 
</div>
デフォルトでは公開された記事の数を返します。
+
デフォルトでは公開された投稿の数を返します。オブジェクトを返すので、出力をデバッグするには var_dump() が使えます。
  
 
<pre><?php
 
<pre><?php
40行目: 39行目:
 
?></pre>
 
?></pre>
  
<div id="Get the Publish Status Post Count">
+
<div id="Get_the_Publish_Status_Post_Count">
===Get the Publish Status Post Count===
+
=== 公開済みの投稿数を取得 ===
 
</div>
 
</div>
  
To get the published status type, you would call the <code>wp_count_posts()</code> function and then access the ''''publish'''' property.
+
投稿ステータスが「公開済」の投稿数を取得するには、<code>wp_count_posts()</code> 関数を呼び出してから ''''publish'''' プロパティをアクセスします。
  
 
<pre><?php
 
<pre><?php
52行目: 51行目:
 
?></pre>
 
?></pre>
  
If you are developing for PHP5 only, then you can use shorthand, if you only want to get one status. This will not work in PHP4 and if you want to maintain backwards compatibility, then you must use the above code.
+
もし PHP5 のみで動作すればよく、ひとつのステータスだけが欲しいなら、次のような省略表記が使えます。ただしこれは PHP4 では動作しないので、後方互換性を維持したければ上記のコードを使わなければなりません。
  
 
<pre><?php
 
<pre><?php
58行目: 57行目:
 
?></pre>
 
?></pre>
  
<div id="Count drafts">
+
<div id="Count_drafts">
 
=== 下書きを数える ===
 
=== 下書きを数える ===
 
</div>
 
</div>
下書きの数を返します。
+
「下書き」の数も「公開済」と同様に取得できます。
  
 
<pre><?php
 
<pre><?php
70行目: 69行目:
  
 
<div id="Count_pages">
 
<div id="Count_pages">
=== ページを数える ===
+
=== 固定ページを数える ===
 
</div>
 
</div>
公開されたページの数を返します。
+
固定ページのステータスについて数えるにはふつうの投稿と同じ方法を使いますが、第 1 パラメータを使用します。
  
 
<pre><?php
 
<pre><?php
$count_pages = wp_count_posts('page');
+
$count_pages = wp_count_posts( 'page' );
 
?></pre>
 
?></pre>
  
<div id="Other Uses">
+
<div id="Other_Uses">
===その他の使い方===
+
=== その他の使い方 ===
 
</div>
 
</div>
  
The <code>wp_count_posts()</code> can be used to find the number for post statuses of any post type. This includes attachments or any post type added in the future, either by a plugin or part of the WordPress Core.
+
<code>wp_count_posts()</code> は任意の投稿タイプの投稿ステータスを数えるのに使うことができます。これには添付ファイルや、プラグインまたは WordPress コアの一部として将来追加される任意の投稿タイプも含まれます。
  
 
== ソースファイル ==
 
== ソースファイル ==
  
<tt>wp_count_posts()</tt> は {{Trac|wp-includes/post.php}}にあります。
+
<tt>wp_count_posts()</tt> は {{Trac|wp-includes/post.php}} にあります。
 
+
  
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
94行目: 92行目:
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
== 関連 ==
+
== 関連項目 ==
 
</div>
 
</div>
 +
 
{{Count Tags}}
 
{{Count Tags}}
  
 
{{Tag Post Tags}}
 
{{Tag Post Tags}}
{{PHP Function Tag Footer}}
 
 
{{NeedTrans|一部}}
 
  
{{原文|Template Tags/wp_count_posts|141368}}<!-- 23:35, 18 February 2014‎ Vanjwilson -->
+
{{原文|Template Tags/wp_count_posts|141368}} <!-- 23:35, 18 February 2014 Vanjwilson -->
  
{{DEFAULTSORT:wp_count_posts}}
+
{{DEFAULTSORT:Wp_count_posts}}
 
[[Category:wp2.5]]
 
[[Category:wp2.5]]
  
 
[[en:Template Tags/wp_count_posts]]
 
[[en:Template Tags/wp_count_posts]]
 +
[[it:Riferimento funzioni/wp_count_posts]]

2015年9月5日 (土) 21:51時点における最新版

WordPress 2.5 で新規導入されたこの関数は、指定した投稿タイプの各投稿ステータスの投稿数をプロパティとして持つオブジェクトを返します。また第 2 パラメータを入れて wp_count_posts() を使うと、非公開(プライベート)の投稿数も含めることができます。デフォルトの場合や、ユーザーがログインしていなかったりゲストユーザーだったりした場合は、非公開の投稿数は含まれません。

この関数は投稿ステータスをプロパティとするオブジェクトを返すので、もし非公開の投稿数が必要なら PHP 関数 isset() を使ってプロパティの有無をチェックしましょう。すべての投稿ステータスがオブジェクトに含まれるのではないからです。

使い方

<?php wp_count_posts( $type, $perm ); ?>

パラメータ

$type
文字列) (オプション) カウント対象の投稿タイプ。
初期値: 'post'(ふつうの「投稿」)
$perm
文字列) (オプション) 現在のユーザーが読める非公開の投稿を含めるには 'readable' をセット。
初期値: 空の文字列

戻り値

(オブジェクト) 
各投稿ステータスの投稿数をプロパティとして持つオブジェクト。指定した投稿タイプが存在しなければプロパティを何も持たないオブジェクトを返す。

用例

初期設定での使用

デフォルトでは公開された投稿の数を返します。オブジェクトを返すので、出力をデバッグするには var_dump() が使えます。

<?php
$count_posts = wp_count_posts();
?>

公開済みの投稿数を取得

投稿ステータスが「公開済」の投稿数を取得するには、wp_count_posts() 関数を呼び出してから 'publish' プロパティをアクセスします。

<?php
$count_posts = wp_count_posts();

$published_posts = $count_posts->publish;
?>

もし PHP5 のみで動作すればよく、ひとつのステータスだけが欲しいなら、次のような省略表記が使えます。ただしこれは PHP4 では動作しないので、後方互換性を維持したければ上記のコードを使わなければなりません。

<?php
$published_posts = wp_count_posts()->publish;
?>

下書きを数える

「下書き」の数も「公開済」と同様に取得できます。

<?php
$count_posts = wp_count_posts();

$draft_posts = $count_posts->draft;
?>

固定ページを数える

固定ページのステータスについて数えるにはふつうの投稿と同じ方法を使いますが、第 1 パラメータを使用します。

<?php
$count_pages = wp_count_posts( 'page' );
?>

その他の使い方

wp_count_posts() は任意の投稿タイプの投稿ステータスを数えるのに使うことができます。これには添付ファイルや、プラグインまたは WordPress コアの一部として将来追加される任意の投稿タイプも含まれます。

ソースファイル

wp_count_posts()wp-includes/post.php にあります。

変更履歴

  • 2.5 : 新規テンプレートタグ

カウントタグ: wp_count_posts(), wp_count_terms() /en, wp_count_comments() /en, count_users() /en


投稿タグ: body_class(), next_image_link(), next_post_link(), next_posts_link(), post_class(), post_password_required(), posts_nav_link(), previous_image_link(), previous_post_link(), previous_posts_link(), single_post_title(), sticky_class(), the_category(), the_category_rss(), the_content(), the_content_rss(), the_excerpt(), the_excerpt_rss(), the_ID(), the_meta(), the_shortlink(), the_tags(), the_title(), the_title_attribute(), the_title_rss(), wp_link_pages(),


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/wp_count_posts最新版との差分