当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

テンプレートタグ/the permalink

提供: WordPress Codex 日本語版
< テンプレートタグ
2015年5月16日 (土) 00:03時点におけるGblsm (トーク | 投稿記録)による版 ({{Trac}} タグのエラーを修正。他に訳のクリーンアップ。)

移動先: 案内検索

説明

ループ の中で処理されている投稿の パーマリンクURL を表示します。このタグは ループ 内で使用されなければならず、一般的に各投稿のパーマリンクを表示するときに利用します。このテンプレートタグは処理されている投稿のパーマリンクを表示するだけです。そのため、あなたのブログにある任意の投稿のパーマリンクを表示するために使用することは出来ません。もしもユニークな投稿 ID を与えて投稿のパーマリンクを取得したいのなら、get_permalink() を参照してください。

使い方

<?php the_permalink(); ?>

引数

なし

用例

テキストとして投稿のURLを表示

リンクせずに投稿の URL を表示。

This address for this post is: <?php the_permalink(); ?>

テキストを使ったリンク

リンクテキストとしてあなたの好きな文字列を使用することができます。この例では "permalink" です。

<a href="<?php the_permalink(); ?>">permalink</a>

タイトルタグを使ったリンク

投稿のタイトルをリンクテキストとしてパーマリンクを作成します。投稿のタイトルに使う一般的な方法です。

<a href="<?php the_permalink(); ?>" title="<?php the_title_attribute(); ?>"><?php the_title(); ?></a>

変更履歴

ソースコード

the_permalink()wp-includes/link-template.php にあります。

関連項目

get_permalink(), the_permalink(), post_permalink(), permalink_anchor(), permalink_single_rss()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/the permalink最新版との差分