• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/site url」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(ページ編集状態表示を「翻訳チェック待ち」に変更。)
(最新版に更新、和訳。)
 
1行目: 1行目:
{{CheckTrans}}
 
 
{{テンプレートタグガイド|PHP}}
 
{{テンプレートタグガイド|PHP}}
 
== 説明<!-- Description --> ==
 
== 説明<!-- Description --> ==
  
'''site_url()''' テンプレートタグは、現在のブログのサイトURLを取得するために使います。戻り値には 'site_url' [[Option Reference|オプション]]と適切なプロトコルが含まれます。[[Function Reference/is_ssl|is_ssl()]]/[[:en:Function Reference/is_ssl|en]] が有効の場合は 'https'、それ以外の場合は 'http' です。[[#Parameters|$scheme]] で 'http' か 'https' を指定すると、is_ssl()は無効になります。
+
'''site_url()''' テンプレートタグは、現在のブログのサイト URL (WordPress コアファイルが置かれている位置) を取得するために使います。取得する URL には [[関数リファレンス/is_ssl|is_ssl()]]/[[:en:Function Reference/is_ssl|en]] が有効の場合は 'https'、それ以外の場合は 'http' といった適切なプロトコルが含まれます。[[#Parameters|$scheme]] で 'http' か 'https' を指定すると、is_ssl()は無効になります。このテンプレートタグは、一般設定で指定した「WordPress アドレス」を取得するために使います。「サイトアドレス」を取得するには、[[関数リファレンス/home_url|home_url()]] を使ってください。
<!-- The '''site_url()''' template tag retrieve the site url for the current site. Returns the 'site_url' [[Option Reference|option]] with the appropriate protocol,  'https' if [[Function Reference/is_ssl|is_ssl()]]/[[:en:Function Reference/is_ssl|en]] and 'http' otherwise. If [[#Parameters|$scheme]] is 'http' or 'https', is_ssl() is overridden. -->
+
  
任意のブログのサイトURLを取得するには [[テンプレートタグ/get_site_url|get_site_url()]] を使います。
+
WordPress ネットワークサイトを設定している場合は [[関数リファレンス/network_site_url|network_site_url()]] を使います。
<!-- Use [[テンプレートタグ/get_site_url|get_site_url()]] to get the url of the site specified. -->
+
  
== 使い方<!-- Usage --> ==
+
== 使い方 ==
  
  <?php site_url('path', 'scheme'); ?>
+
  <?php site_url( $path, $scheme ); ?>
  
=== デフォルトの使い方<!-- Default Usage --> ===
+
=== デフォルトの使い方 ===
  
  <?php site_url(); ?>
+
  <?php echo site_url(); ?>
  
== 引数<!-- Parameters --> ==
+
== パラメータ ==
  
{{Parameter|path|string|サイトURLに追加する相対パス。|省略可}}
+
{{Parameter|$path|string|サイト URL に追加する相対パス。|省略可}}
<!-- {{Parameter|path|string|Path relative to the site url.|optional}} -->
+
{{Parameter|$scheme|string|返される URL 用プロトコルのコンテクスト。$scheme を設定するとデフォルトのコンテクストが上書きされる。利用できる値は 'http'、'https'、'login'、'login_post'、'admin'
{{Parameter|scheme|string|URLスキーム。現時点で利用できるのは 'http'、'https'、'login'、'login_post'、'admin'。|省略可|null}}
+
'relative'|省略可|null}}
<!-- {{Parameter|scheme|string|Scheme to give the site url context. Currently 'http','https', 'login', 'login_post', or 'admin'.|optional|null}} -->
+
  
== 戻り値<!-- Return --> ==
+
== 戻り値 ==
  
指定したパスを含む現在のサイトURL。(''string'')
+
; (string) : パスをオプションとして含む現在のサイト URL。
<!-- Site url link with optional path appended. (''string'') -->
+
  
== 用例<!-- Examples --> ==
+
== 用例 ==
  
== 変更履歴<!-- Changelog --> ==
+
<pre>
 +
$url = site_url();
 +
echo $url;
 +
</pre>
  
* [[Version 2.6|2.6.0]] : テンプレートタグとして新規追加。
+
出力: <code><nowiki>http://www.example.com</nowiki></code> または <code><nowiki>http://www.example.com/wordpress</nowiki></code>
<!-- * [[Version 2.6|2.6.0]] : New template tag. -->
+
  
== ソースファイル<!-- Source Code --> ==
+
(最後にスラッシュが含まれないことに注意)
  
<code>site_url()</code> は {{Source|wp-includes/link-template.php}} にあります。
+
<pre>
<!-- <code>site_url()</code> is located in {{Source|wp-includes/link-template.php}}. -->
+
$url = site_url('/secrets/', 'https');
 +
echo $url;
 +
</pre>
  
{{原文|Template Tags/site_url|85937}}<!-- 14:42, 13 April 2010 Bono 版 -->
+
出力: <code><nowiki>https://www.example.com/secrets/</nowiki></code> または <code><nowiki>https://www.example.com/wordpress/secrets/</nowiki></code>
  
== 関連<!-- Related --> ==
 
  
{{Tag Link Tags}}
+
== 変更履歴 ==
 +
 
 +
* [[Version 2.6|2.6.0]] 以降。
 +
 
 +
== ソースファイル ==
 +
 
 +
<code>site_url()</code> は {{Source|wp-includes/link-template.php}} にあります。
 +
 
 +
== 関連 ==
  
 +
{{Directory URL Tags}}
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
 +
{{原文|Template Tags/site_url|140478}}<!-- 2014-01-14T18:25:43 Netweb 版 -->
 
{{DEFAULTSORT:Site_url}}
 
{{DEFAULTSORT:Site_url}}
 
[[Category:wp2.6]]
 
[[Category:wp2.6]]
  
 
[[en:Template Tags/site_url]]
 
[[en:Template Tags/site_url]]

2014年8月28日 (木) 10:17時点における最新版

説明

site_url() テンプレートタグは、現在のブログのサイト URL (WordPress コアファイルが置かれている位置) を取得するために使います。取得する URL には is_ssl()/en が有効の場合は 'https'、それ以外の場合は 'http' といった適切なプロトコルが含まれます。$scheme で 'http' か 'https' を指定すると、is_ssl()は無効になります。このテンプレートタグは、一般設定で指定した「WordPress アドレス」を取得するために使います。「サイトアドレス」を取得するには、home_url() を使ってください。

WordPress ネットワークサイトを設定している場合は network_site_url() を使います。

使い方

<?php site_url( $path, $scheme ); ?>

デフォルトの使い方

<?php echo site_url(); ?>

パラメータ

$path
string) (省略可) サイト URL に追加する相対パス。
初期値: なし
$scheme
string) (省略可) 返される URL 用プロトコルのコンテクスト。$scheme を設定するとデフォルトのコンテクストが上書きされる。利用できる値は 'http'、'https'、'login'、'login_post'、'admin'、

'relative'。

初期値: null

戻り値

(string) 
パスをオプションとして含む現在のサイト URL。

用例

$url = site_url();
echo $url;

出力: http://www.example.com または http://www.example.com/wordpress

(最後にスラッシュが含まれないことに注意)

$url = site_url('/secrets/', 'https');
echo $url;

出力: https://www.example.com/secrets/ または https://www.example.com/wordpress/secrets/


変更履歴

ソースファイル

site_url()wp-includes/link-template.php にあります。

関連

WordPress ディレクトリ:
home_url() ホーム URL http://www.example.com
site_url() サイトディレクトリ URL http://www.example.com または http://www.example.com/wordpress
admin_url() 管理画面ディレクトリ URL http://www.example.com/wp-admin
includes_url() /en インクルードディレクトリ URL http://www.example.com/wp-includes
content_url() /en コンテンツディレクトリ URL http://www.example.com/wp-content
plugins_url() /en プラグインディレクトリ URL http://www.example.com/wp-content/plugins
wp_upload_dir() /en アップロードディレクトリ URL (配列を返す) http://www.example.com/wp-content/uploads


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/site_url最新版との差分