• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/language attributes」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(テンプレートタグガイド等挿入、リンク調整/翻訳者・追加情報募集中)
(途中まで訳)
16行目: 16行目:
 
{{Parameter|$doctype|string|The type of [[wikipedia:ja:HTML|html]] document '<tt>xhtml</tt>' or '<tt>html</tt>'.|optional|'html'}}
 
{{Parameter|$doctype|string|The type of [[wikipedia:ja:HTML|html]] document '<tt>xhtml</tt>' or '<tt>html</tt>'.|optional|'html'}}
  
== Return Values ==
+
== 戻り値 ==
 
; (void) : This function does not return a value.
 
; (void) : This function does not return a value.
  
30行目: 30行目:
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
  
== Notes ==
+
== ==
  
 
* Uses: [[テンプレートタグ/get_bloginfo|<tt>get_bloginfo()</tt>]] May call to get '<tt>text_direction</tt>' or '<tt>language</tt>'.
 
* Uses: [[テンプレートタグ/get_bloginfo|<tt>get_bloginfo()</tt>]] May call to get '<tt>text_direction</tt>' or '<tt>language</tt>'.
 
* Uses: [[関数リファレンス/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] Calls '<tt>language_attributes</tt>' on output just before sending it to browser.
 
* Uses: [[関数リファレンス/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] Calls '<tt>language_attributes</tt>' on output just before sending it to browser.
  
== Changelog ==
+
== 更新履歴 ==
  
Since: [[Version 2.1|2.1.0]]
+
導入: [[Version 2.1|2.1.0]]
  
== Source File ==
+
== ソースファイル ==
  
<tt>language_attributes()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/general-template.php}}.
+
<tt>language_attributes()</tt> {{Trac|wp-includes/general-template.php}}に含まれています。
  
 
== 関連ページ ==
 
== 関連ページ ==

2015年5月14日 (木) 12:04時点における版

このページ「テンプレートタグ/language attributes」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

説明

Display the language attributes for the <html> tag.

Builds up a set of html attributes containing the text direction and language information for the page.

書き方

<?php language_attributes( $doctype ) ?>

パラメータ

$doctype
string) (optional) The type of html document 'xhtml' or 'html'.
初期値: 'html'

戻り値

(void) 
This function does not return a value.

用例

<!DOCTYPE html>
<html <?php language_attributes(); ?>>
<head>
...

(from wp-content/themes/twentyten/header.php)


  • Uses: get_bloginfo() May call to get 'text_direction' or 'language'.
  • Uses: apply_filters() Calls 'language_attributes' on output just before sending it to browser.

更新履歴

導入: 2.1.0

ソースファイル

language_attributes()wp-includes/general-template.phpに含まれています。

関連ページ

外部資料

関連

記事

コードドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クエリの詳細概要
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方概要
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加カスタムクエリの作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を使ってその投稿のレコードをデータベースから取得する
  • 関数: get_posts() - 項目の配列を返す特別な関数。
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返す特別な関数。
  • 関数: have posts() - クエリが記事を返すかどうか判断する条件分岐。
  • 関数: the_post() - クエリの後に自動的にループを設定するのに使われる。
  • 関数: rewind_posts() - 現在のループをクリアする。
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で単一クエリ結果のデータを設定する。
  • 関数: wp_reset_postdata() - 以前のクエリを復元する(通常、ループ内のもう一つのループで使われる)。
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更するのがメインクエリであるよう保証する。
  • アクションフック: pre_get_posts - 実行される前に WordPress クエリを変更する。
  • アクションフック: the_post - 投稿オブジェクトをクエリの後に変更する。
  • フィルターフック: found_posts - found_posts WP_Query オブジェクトの値を変更する


関連

固定ページ: get_all_page_ids(), get_ancestors(), get_page_link(), get_page_by_path(), get_page_by_title(), get_page_children(), get_page_hierarchy(), get_page_uri() /en, get_pages(), is_page(), page_uri_index() /en, wp_list_pages(), wp_page_menu()


リスト・ドロップダウン関数: wp_list_authors(), wp_list_categories(), wp_list_pages(), wp_list_bookmarks(), wp_list_comments(), wp_get_archives(), wp_page_menu(), wp_dropdown_pages(), wp_dropdown_categories(), wp_dropdown_users()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/language attributes最新版との差分