当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/get the date」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(翻訳済み div無し)
(パラメータ)
10行目: 10行目:
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
  
 +
{{Parameter|$d|文字列|[[Formatting Date and Time|PHP date format]].|optional|<code>日付フォーマット</code> [[Option Reference#General|オプション]] ([[管理パネル#Settings|設定]] > [[Settings General SubPanel|一般]] 日付フォーマット)}}
 +
 +
<!--
 
{{Parameter|$d|文字列|[[Formatting Date and Time|PHP date format]].|optional|the <code>date_format</code> [[Option Reference#General|option]] ('Date Format' on [[管理パネル#Settings|Settings]] > [[Settings General SubPanel|General]] panel)}}
 
{{Parameter|$d|文字列|[[Formatting Date and Time|PHP date format]].|optional|the <code>date_format</code> [[Option Reference#General|option]] ('Date Format' on [[管理パネル#Settings|Settings]] > [[Settings General SubPanel|General]] panel)}}
 +
-->
  
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==

2010年10月26日 (火) 17:39時点における版

説明

get_the_date テンプレートタグは、現在の $post が書かれた日付を取得します。the_date() とは異なり、このタグは 常に 日付を返します。'get_the_date' フィルターで出力を変更します。

使い方

<?php get_the_date( $d ); ?>

パラメータ

$d
文字列) (optionalPHP date format.
初期値: 日付フォーマット オプション (設定 > 一般 日付フォーマット)


戻り値

(string|null) Null if displaying, string if retrieving.

フィルター

更新履歴

用例

デフォルトの使い方

<span class="entry-date"><?php echo get_the_date(); ?></span>

ソース

get_the_date() は、wp-includes/general-template.php にあります。

このページ「テンプレートタグ/get the date」はまだ書きかけで、情報が不足しています。続きを書いて WordPress を手助けしましょう.


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/get_the_date最新版との差分

Related

日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。