当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/get the date」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(翻訳済み div無し)
(関連項目: Category:wp3.0)
 
(3人の利用者による、間の3版が非表示)
1行目: 1行目:
{{テンプレートタグガイド|PHP}}
+
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 +
</div>
  
'''get_the_date''' テンプレートタグは、現在の <code>$post</code> が書かれた日付を取得します。[[テンプレートタグ/the_date|the_date()]] とは異なり、このタグは '''常に''' 日付を返します。'get_the_date' フィルターで出力を変更します。
+
'''get_the_date''' テンプレートタグは、現在の投稿(または指定された投稿)が書かれた日付を取得します。<code>[[テンプレートタグ/the_date|the_date()]]</code> とは異なり、このタグは'''常に'''日付を返します。<code>[[プラグイン_API/フィルターフック一覧/get_the_date|'get_the_date']]</code>/[[:en:Plugin_API/Filter_Reference/get_the_date|en]] フィルターで出力を変更します。
  
 +
<div id="Usage">
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==
 +
</div>
  
  <?php get_the_date( $d ); ?>
+
  <?php $pfx_date = get_the_date( $format, $post_id ); ?>
  
 +
<div id="Parameters">
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
 +
</div>
  
{{Parameter|$d|文字列|[[Formatting Date and Time|PHP date format]].|optional|the <code>date_format</code> [[Option Reference#General|option]] ('Date Format' on [[管理パネル#Settings|Settings]] > [[Settings General SubPanel|General]] panel)}}
+
{{Parameter|$format|文字列|[[Formatting Date and Time|日付の書式]]|オプション|<code>date_format</code> [[Option Reference#General|オプション]] の設定値([[管理パネル#Settings|設定]] &raquo; [[Settings General SubPanel|一般]] &raquo; 日付フォーマット)}}
  
 +
{{Parameter|$post|整数|日付を取得したい投稿の ID。省略すると現在の投稿から取得される。|オプション|null(現在の投稿)}}
 +
 +
<div id="Return">
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
 +
</div>
  
(''string|null'') Null if displaying, string if retrieving.
+
(''文字列'') フォーマットされた日付の文字列
  
 +
<div id="Filter">
 
== フィルター ==
 
== フィルター ==
 +
</div>
  
* <code>[[関数リファレンス/apply_filters|apply_filters]]('get_the_date', $the_date, $d)</code>
+
* <code>[[関数リファレンス/apply_filters|apply_filters]]</code> を使って <code>'get_the_date'</code> を呼び出します。パラメータは、返される文字列と <code>$format</code> です。
  
 +
<div id="Changelog">
 
== 更新履歴 ==
 
== 更新履歴 ==
 +
</div>
  
* [[Version 3.0|3.0.0]] 新規導入
+
* [[Version 3.0|3.0.0]] : 新規導入
  
 +
<div id="Examples">
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
 +
</div>
  
 
=== デフォルトの使い方 ===
 
=== デフォルトの使い方 ===
30行目: 45行目:
 
<pre><span class="entry-date"><?php echo get_the_date(); ?></span></pre>
 
<pre><span class="entry-date"><?php echo get_the_date(); ?></span></pre>
  
== ソース ==
+
<div id="Source">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
  
<code>get_the_date()</code> は、{{Trac|wp-includes/general-template.php}} にあります。
+
<code>get_the_date()</code> {{Trac|wp-includes/general-template.php}} にあります。
  
{{Stub}}
+
<div id="Related">
 
+
== 関連項目 ==
{{原文|Template Tags/get_the_date|92045}}<!-- 22:35, 16 August 2010 Ramiy 版 -->
+
</div>
 
+
== Related ==
+
  
 
{{Tag Date Tags}}
 
{{Tag Date Tags}}
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
 +
 +
{{原文|Function Reference/get_the_date|149028}} <!-- 10:39, 14 January 2015 Olarmarius 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:Get_the_date}}
 
{{DEFAULTSORT:Get_the_date}}
 
[[Category:テンプレートタグ]]
 
[[Category:テンプレートタグ]]
 
+
[[Category:wp3.0]]
 
[[en:Template Tags/get_the_date]]
 
[[en:Template Tags/get_the_date]]

2015年5月12日 (火) 15:37時点における最新版

get_the_date テンプレートタグは、現在の投稿(または指定された投稿)が書かれた日付を取得します。the_date() とは異なり、このタグは常に日付を返します。'get_the_date'/en フィルターで出力を変更します。

使い方

<?php $pfx_date = get_the_date( $format, $post_id ); ?>

パラメータ

$format
文字列) (オプション日付の書式
初期値: date_format オプション の設定値(設定 » 一般 » 日付フォーマット)
$post
整数) (オプション) 日付を取得したい投稿の ID。省略すると現在の投稿から取得される。
初期値: null(現在の投稿)

戻り値

(文字列) フォーマットされた日付の文字列

フィルター

  • apply_filters を使って 'get_the_date' を呼び出します。パラメータは、返される文字列と $format です。

更新履歴

用例

デフォルトの使い方

<span class="entry-date"><?php echo get_the_date(); ?></span>

ソースファイル

get_the_date()wp-includes/general-template.php にあります。


日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_the_date最新版との差分