• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/bloginfo」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(和訳完了。13:37, September 23, 2013 Djkaz 版)
(関連)
 
(2人の利用者による、間の3版が非表示)
70行目: 70行目:
 
Version 2.7 以降、<tt>example.com</tt> の場合、[[Settings_General_SubPanel|サイトアドレス (URL)]] は <tt>http://www.example.com/home</tt> と表示され、[[Settings_General_SubPanel|WordPress アドレス (URL)]] は <tt>http://www.example.com/home/wp</tt> にインストールされます。
 
Version 2.7 以降、<tt>example.com</tt> の場合、[[Settings_General_SubPanel|サイトアドレス (URL)]] は <tt>http://www.example.com/home</tt> と表示され、[[Settings_General_SubPanel|WordPress アドレス (URL)]] は <tt>http://www.example.com/home/wp</tt> にインストールされます。
  
ディレクトリーの URL は最期のスラッシュがないことに注意してください。
+
ディレクトリーの URL は最後のスラッシュがないことに注意してください。
  
 
<pre>
 
<pre>
99行目: 99行目:
  
 
<div id="Notes">
 
<div id="Notes">
 +
 
== 注 ==
 
== 注 ==
 
* [[テンプレートタグ/get_bloginfo|<tt>get_bloginfo()</tt>]] を使用。
 
* [[テンプレートタグ/get_bloginfo|<tt>get_bloginfo()</tt>]] を使用。
115行目: 116行目:
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==
* [[テンプレートタグ/get_bloginfo|<tt>get_bloginfo()</tt>]]
 
 
</div>
 
</div>
  
{{原文|Function Reference/bloginfo|136100}}<!-- 13:37, September 23, 2013 Djkaz 版 -->
+
* [[Function_Reference/get_template_directory_uri|get_template_directory_uri]]
 +
* [[Function_Reference/get_stylesheet_directory_uri|get_stylesheet_directory_uri]]
 +
 
 +
* [[テンプレートタグ/get_bloginfo|get_bloginfo()]]
 +
 
  
<div id="Directory URL Tags">
 
=== Directory URL Tags ===
 
</div>
 
 
{{Directory URL Tags}}
 
{{Directory URL Tags}}
  
128行目: 129行目:
  
 
[[Category:テンプレートタグ]]
 
[[Category:テンプレートタグ]]
 +
 +
{{原文|Function Reference/bloginfo|136100}}<!-- 13:37, September 23, 2013 Djkaz 版 -->

2015年6月6日 (土) 09:13時点における最新版

説明

サイトの情報を表示させる関数です。情報の殆どは、プロフィール一般設定などの、WordPress 管理画面で入力されたものです。この関数はテンプレートファイルの至るところで使うことができ、その結果は常にブラウザーに表示されます。PHP の中でこれらの値を使う必要がある場合は、get_bloginfo() を用いてください。

使い方

<?php bloginfo( $show ); ?>

パラメータ

$show
string) (Optional) 所望する情報のキーワード名
初期値: name
  • 'name' - 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「サイトのタイトル」を表示するものです。このデータは wp_options テーブルの "blogname" レコードから取得されるものです。
  • 'description' - 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「キャッチフレーズ」を表示するものです。このデータは wp_options テーブルの "blogdescription" レコードから取得されるものです。
  • 'wpurl' - 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「WordPress アドレス (URL)」を表示するものです。このデータは wp_options テーブルの "siteurl" レコードから取得されるものです。この関数はサブサイトではなく WordPress がインストールされているルートサイトの URL を返すため、マルチサイト構成で、サブドメインの代わりにパスを用いている場合等は特に site_url() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • 'url' - 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「サイトアドレス (URL)」を表示するものです。このデータは wp_options テーブルの "home" レコードから取得されるものです。 home_url() 関数の出力を用いることをお奨めします。
  • 'admin_email' - 管理画面の「設定 > 一般」で設定された「メールアドレス」を表示するものです。このデータは wp_options テーブルの "admin_email" レコードから取得されるものです。
  • 'charset' - Version 3.5.0 以降は "UTF-8"を常に返します。その前のバージョンでは、管理画面の「設定 > 表示設定」で設定された「ページとフィードのエンコーディング」を表示するものです。このデータは wp_options テーブルの "blog_charset" レコードから取得されるものです。
  • 'version' - 使用中の WordPress バージョンを表示します。このデータは wp-includes/version.php$wp_version 変数から取得されるものです。
  • 'html_type' - HTML ページの Content-Type (デフォルトは "text/html") を表示します。このデータは、wp_options テーブルの "html_type" レコードから取得されるものです。テーマとプラグインは pre_option_html_type フィルターを用いることで、初期値を上書きすることができます。
  • 'text_direction' - HTML ページの文字の向きを表示します。 is_rtl() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • 'language' - WordPress の言語を表示します。
  • 'stylesheet_url' - プライマリーな CSS (usually style.css) ファイルの URL を表示します。 get_stylesheet_uri() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • 'stylesheet_directory' - アクティブなテーマディレクトリーの URL を表示します。 get_stylesheet_directory_uri() 関数の出力を用いることを推奨します。
  • 'template_url' / 'template_directory' - アクティブなテーマのディレクトリー URL を表示します。 ('template_directory' は Version 2.6 以前ではローカルパスを表示していました。ハック的な代替策は get_theme_root()get_template() を参照してください)。 子テーマの中では、 get_bloginfo('template_url') と get_template() はどちらもテーマのディレクトリーを返します。そのため、親テーマでは get_template_directory_uri() を、子テーマでは get_stylesheet_directory_uri() を使うよう考慮してください。
  • 'pingback_url' - Pingback XML-RPC ファイルの URL (xmlrpc.php) を表示します。
  • 'atom_url' - Atom feed URL (/feed/atom) を表示します。
  • 'rdf_url' - RDF/RSS 1.0 feed URL (/feed/rfd) を表示します。
  • 'rss_url' - RSS 0.92 feed URL (/feed/rss) を表示します。
  • 'rss2_url' - RSS 2.0 feed URL (/feed) を表示します。
  • 'comments_atom_url' - Atom feed URL (/comments/feed) を表示します。
  • 'comments_rss2_url' - RSS 2.0 feed URL (/comments/feed) を表示します。
  • 'siteurl' - Version 2.2 にて廃止されました。 home_url() あるいは bloginfo('url') を使ってください。
  • 'home' - Version 2.2 にて廃止されました。 home_url() あるいは use bloginfo('url') を使ってください。

用例

ブログのタイトルを表示

ブログのタイトルを<h1>タグで囲んで表示。

<h1><?php bloginfo('name'); ?></h1>

リンク内でブログのタイトルを表示

ブログのタイトルをリンク内で表示。

<a href="<?php bloginfo('url'); ?>" title="<?php bloginfo('name'); ?>"><?php bloginfo('name'); ?></a>

文字コードの表示

ブログで使われている文字コードの表示 (例: utf-8)

: Version 3.5 以降では UTF-8 がデフォルトとなっており、管理画面での設定ができなくなっています。

<p>Character set: <?php bloginfo('charset'); ?> </p>

ブログの概要(キャッチフレーズ)を表示

ダッシュボードの「設定」>「一般設定」で入力したキャッチフレーズを表示。

<p><?php bloginfo('description'); ?> </p>

出力例

Version 2.7 以降、example.com の場合、サイトアドレス (URL)http://www.example.com/home と表示され、WordPress アドレス (URL)http://www.example.com/home/wp にインストールされます。

ディレクトリーの URL は最後のスラッシュがないことに注意してください。

admin_email          = admin@example.com
atom_url             = http://www.example.com/home/feed/atom
charset              = UTF-8
comments_atom_url    = http://www.example.com/home/comments/feed/atom
comments_rss2_url    = http://www.example.com/home/comments/feed
description          = Just another WordPress blog
home                 = http://www.example.com/home (DEPRECATED! use url option instead)
html_type            = text/html
language             = en-US
name                 = Testpilot
pingback_url         = http://www.example.com/home/wp/xmlrpc.php
rdf_url              = http://www.example.com/home/feed/rdf
rss2_url             = http://www.example.com/home/feed
rss_url              = http://www.example.com/home/feed/rss
siteurl              = http://www.example.com/home (DEPRECATED! use url option instead)
stylesheet_directory = http://www.example.com/home/wp/wp-content/themes/largo
stylesheet_url       = http://www.example.com/home/wp/wp-content/themes/largo/style.css
template_directory   = http://www.example.com/home/wp/wp-content/themes/largo
template_url         = http://www.example.com/home/wp/wp-content/themes/largo
text_direction       = ltr
url                  = http://www.example.com/home
version              = 3.5
wpurl                = http://www.example.com/home/wp

変更履歴

  • Since: 0.71

ソースファイル

bloginfo()wp-includes/general-template.php にあります。


WordPress ディレクトリ:
home_url() ホーム URL http://www.example.com
site_url() サイトディレクトリ URL http://www.example.com または http://www.example.com/wordpress
admin_url() 管理画面ディレクトリ URL http://www.example.com/wp-admin
includes_url() /en インクルードディレクトリ URL http://www.example.com/wp-includes
content_url() /en コンテンツディレクトリ URL http://www.example.com/wp-content
plugins_url() /en プラグインディレクトリ URL http://www.example.com/wp-content/plugins
wp_upload_dir() /en アップロードディレクトリ URL (配列を返す) http://www.example.com/wp-content/uploads



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/bloginfo最新版との差分