• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

セーフモードによる制限と対処方法

提供: WordPress Codex 日本語版
2007年7月20日 (金) 00:01時点におけるBono (トーク | 投稿記録)による版 (超ラフドラフト)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

テンプレート:stub

PHP がセーフモードで動作するサーバの場合、WordPress の一部の機能に制限が生じます。このページでは、セーフモードにより問題が生じる機能とその対処方法をまとめていきます。

セーフモードとは

問題が生じる機能と対処

キャッシュ

Wordpress Japan » キャッシュ機能の利用

ファイルアップロード

記事投稿画面に、ローカル上の画像をサーバへアップロード・サムネイル作成できる機能がある。通常は、アップロードディレクトリが自動作成されるが、セーフモードの場合、ディレクトリを自動作成できないため、アップロードできない。

Wordpress Japan » ファイルアップロード機能の利用

方法 1: 事前にディレクトリ作成

事前にアップロードディレクトリを作成し、パーミッションの書き込み権限を与えておく。ディレクトリ名はオプションパネルでの設定による。

年月ディレクトリに整理する設定の場合:

  • wp-content/uploads
  • wp-content/uploads/2007/07
  • wp-content/uploads/2007/08 (使う分が出来ていれば OK)

年月ディレクトリを使わない場合:

  • wp-content/uploads/

方法 2: PHP を CGI モードで動かす

アップロード処理を行なうスクリプトを CGI モードで動かす。

一般的なサーバ?の場合:

XREA の場合: